1. トップページ
  2. くらし
  3. ワクチン接種スケジュール 弘前保健所管内 64歳以下

ワクチン接種スケジュール 弘前保健所管内 64歳以下

執筆者編集部
2021年10月07日 (木)

ワクチン接種スケジュール 弘前保健所管内 64歳以下

新型コロナウイルスワクチンの接種スケジュールについて、弘前保健所管内(弘前市・黒石市・平川市・藤崎町・大鰐町・板柳町・田舎館村・西目屋村)8市町村の情報をお伝えします。

弘前市

弘前070602.png

まず弘前市です。

▽接種券は12歳から64歳までのすべての市民に6月29日に発送されました。

▽個別接種の予約については、ワクチンの供給量が想定を下回ったため接種する日を定めない仮予約で受け付けています。仮予約をもとに医療機関で名簿を作り、接種日については供給のめどがたち次第、個別に連絡されます。

▽仮予約の受け付けは
▼55歳から64歳の人については7月7日から
▼45歳から54歳の人については7月14日から
▼35歳から44歳の人については7月21日から
▼25歳から34歳の人については7月28日から
▼12歳から24歳の人については8月4日からです。

接種は9月中旬から始まっています。

▽また、医療機関の予約受付業務の負担を軽減するためなどとして、同じ職場の人や家族などで作ったグループで一括して予約する場合についても、仮予約の形で受け付けます。

hirosakisasikae100703.png

▽仮予約は9月27日現在、78の医療機関で約1万4000人分が受け付けられていて、順次、接種日が決められています。

市は、これから予約する人などは、県が実施している接種なども検討してほしいということです。また、弘前市立病院や鳴海病院の予約枠に余裕があるとして、予約をこの2つの病院に申し込むよう呼びかけています。

弘前市 妊婦優先接種

▽個別接種を実施している鳴海病院では、市内に住む妊婦や、“里帰り出産”で市内に滞在している妊婦で、担当の医療機関ではワクチン接種を受けられない人などからの予約を優先的に受け付けています。

▽市は担当の医療機関でワクチンを接種しても健康上の問題がないか確認した上で、病院に電話で予約してほしいとしています。
(鳴海病院 電話:0172-32-5211)
▽予約はいったん受け付けられたあと、10月中旬以降の接種日が優先的に決められます。
▽妊婦の配偶者やパートナーも優先接種の対象で、接種を希望する場合は鳴海病院に相談してください。

▽また、鳴海病院では、大学や高校を目指す受験生を対象に300人分優先的に予約を受け付けています。接種を受けることができるのは平日で、予約の際に生年月日と受験生であることを伝える必要があります。

黒石市

黒石市 64歳以下

次に黒石市です。

▽一般の人の接種券発送は▼60歳から64歳は7月14日▼60歳未満は7月19日です。

▽予約の受け付けは個別接種・集団接種ともに年齢などを区切って段階的に始まり、
▼基礎疾患のある人は6月28日から
▼60歳から64歳は7月19日から
▼50歳から59歳は7月28日から
▼40歳から49歳は8月4日から
▼25歳から39歳は8月18日から
▼12歳から24歳は8月25日からとなっています。

▽接種は7月から始まっています。

平川市

平川市見込み抜き.png

続いて平川市です。

▽接種券の発送は▼基礎疾患のある対象者には7月7日▼それ以外の50歳から64歳の対象者には7月14日▼12歳から49歳の対象者には8月11日です。

▽予約は個別接種・集団接種ともに年齢などを区切って段階的に受け付けます。

具体的に見ていくと
▼基礎疾患のある人は7月12日から
▼50歳から64歳の人は7月19日から
▼12歳から49歳の人は8月16日から予約を受け付けます。

▽接種は
▼基礎疾患のある人は7月19日
▼50歳から64歳の人は7月26日
▼12歳から49歳の人は8月23日から始まっています。

また、急なキャンセルが出た場合に余るワクチンの廃棄を防ぐため、キャンセルが出た際に接種を受ける市民の募集も行われます。

対象は
▽市が発行した接種券を持っていて
▽接種を1回も受けておらず
▽連絡を受けてから1時間以内に集団接種の会場や個別接種を実施している医療機関に来ることができる市民で、8月5日から市のホームページで登録を受け付けます。

平川市 妊婦 ワクチン接種

市は9月11日にひらかわドリームアリーナで実施する集団接種で、市内に住む妊娠中の女性と配偶者などを優先して接種します。

市内に住んでいて妊娠を届け出ている女性約80人には通知を発送していて、市は前日10日の正午まで電話かメールで予約を受け付けています。

2回目の接種は10月2日を予定していて、市は「里帰り出産」で市内の実家に滞在している人なども優先接種の対象になるとして、希望する人は相談してほしいと呼びかけています。

大鰐町

大鰐町 64歳以下

大鰐町です。

▽接種券は7月上旬以降順次発送しています。

▽予約の開始は7月下旬▽接種は8月上旬から始まっています。

藤崎町

藤崎町 64歳以下

次に藤崎町です。

▽接種券は予約した基礎疾患のある人に配布しています。

▽予約は▼基礎疾患のある人は6月21日から始まっています。
▼一般の人は、基礎疾患のある人の予約のめどが立ち次第、受け付けを始めるということです。

▽接種はすでに実施されています。

板柳町

板柳町 64歳以下

板柳町です。

▽接種券は▼基礎疾患のある人と高齢者施設などで働く人には6月28日から発送し、▼12歳から64歳の人には7月下旬以降、年齢の高い人から順次発送していく予定です。

▽予約は接種券の発送と同じ順で受け付けます。

▽接種は8月上旬から始まっています。

田舎館村

田舎館村 64歳以下

田舎館村です。

▽接種券の発送は▼60歳から64歳までは5月から▼50歳から59歳までは6月22日から始まっています。

▽予約は接種券が届けばできるということです。

▽接種は予約を完了した人を対象にすでに始まっています。

西目屋村

西目屋村 64歳以下

最後に西目屋村です。

▽接種券は6月24日、対象者全員に発送されています。

▽予約は接種券と一緒に送られるはがきに、希望する日程などを書いて返信すればできるということです。

▽個別接種は7月から始まっています。

この記事に関連するタグ

おすすめの記事