ページの本文へ

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 新型コロナワクチン 2回接種したほうがいいの?

新型コロナワクチン 2回接種したほうがいいの?

執筆者梅本一成(記者)
2021年06月15日 (火)

新型コロナワクチン 2回接種したほうがいいの?

八戸市の「令和のかんくん」さんから「新型コロナワクチンの2回目の接種は副反応が起きる可能性が高いと聞きますが、2回接種したほうがいいのでしょうか」という質問がありました。

厚生労働省の研究班は、ファイザー社のワクチンの先行接種を受けた医療従事者およそ2万人について、1回目と2回目の接種後に起きた副反応について調べました。

厚生労働省の研究班の調査

37度5分以上の発熱があった人は、1回目の3点3%に対して、2回目は38点5%と確かに、2回目のほうが副反応が起きる割合が高くなっています。

接種した翌日に発熱するケースが多く、ほとんどの場合、次の日には熱は下がるということです。

厚生労働省は、高齢者への接種が進められているファイザー社のワクチンの場合、3週間の間隔を空けて2回目の接種を受けるよう推奨しています。

厚生労働省 3週間空けて2回接種を推奨

感染症に詳しい国際医療福祉大学の松本哲哉教授は

「海外のデータでは1回目の接種で70%ほど感染が抑えられ、2回接種すると95%感染を防ぐことができると言われている。1回でも効果はあるが、2回接種でより高い効果が期待できる」

と指摘しています。

そのうえで、「2回目の接種後は副反応の起きる割合は高くなるが、数日で収まるので、多くの人に接種してほしい」と呼びかけています。

 

投稿はこちらから
ナノコエ投稿ボタン

おすすめの記事