1. トップページ
  2. 社会
  3. AI開発で障害者の新たな働き方を

AI開発で障害者の新たな働き方を

執筆者土田翼(アナウンサー)
2021年06月08日 (火)

AI開発で障害者の新たな働き方を

AI (人工知能) という言葉、 最近よく耳にしませんか?

AIは、私たちの身近な様々なものに利用されています。

例えば、スマートフォンなどの顔認証システム。

所有者の顔を記憶したAIが、カメラに映った顔が本人かどうかを自動で判断しています。

そもそも、なぜAIは自分自身で物事を判断できるのか?

それは、開発の際に大量のデータを学習させているからなんです。

八戸市では、AI開発に必要なデータの作成が行われている場所があります。

作っているのは、「心や身体に障害がある人たち」。

彼らが作ったデータは、大学や企業など、最先端のAI開発に利用されているんです。

その現場を取材しました。

おすすめの記事