ページの本文へ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 12月のおすすめ番組

12月のおすすめ番組

執筆者編集部
2021年11月29日 (月)

12月のおすすめ番組

NHK青森放送局がおすすめする12月の青森関連の番組です。

発見!あおもり深世界
 「出張!ナノコエ #04」

12月10日(金)総合 後7:30~8:13【青森県内向け放送】
〈再〉12月12日(日)総合 後1:05~1:48【青森県内向け放送】

「出張!ナノコエ」の第4弾。今回、「大きな耳」が出張するのは、下北の玄関口、野辺地町と津軽の奥座敷としても名高い温泉地の大鰐町。歴史ある二つの町で、聞こえてきたのは、町が栄えていたころの文化を知りたいという声。温泉街の伝統や、名物のお茶の復活をテーマに視聴者の疑問に答えます。また、8月の大雨で大きな被害があった風間浦村にも出張。災害から立ち直ろうとする町の人々の本音を聞かせてもらいます。
出演:高市佳明アナ、RINGOMUSUME 彩香さん

 

発見!あおもり深世界
 「津軽三味線 ふるさとの響き」

〈再〉12月5日(日)総合 後1:05~1:32【青森県内向け放送】

「津軽三味線」を4Kカメラで撮影したこの番組。津軽の人々が、厳しい自然の中で生み出し、つないできた音色を二人の演奏家の思いとともに伝えます。
駒田早代さんは、流行のポップスをカバーしYouTubeで配信するなど、自由な発想で三味線界を盛り上げる新進気鋭の奏者です。三重県出身の駒田さんが、津軽を訪れ、三味線のルーツを感じながら、桜舞う弘前公園で「津軽じょんから節」を奏でます。津軽出身の葛西頼之さんは3本の弦を巧みに操り、津軽の吹雪や川の流れなどを表現、超絶技巧で聴衆を魅了してきました。「厳しい自然を耐え抜き、芸術に発展させた津軽三味線には、困難をプラスに変える力がある」と考える葛西さん。新型コロナで苦しい思いをするふるさと津軽に、元気を届けたいと、オリジナル曲「疾風陣」「HANABI」を奏でます。

 

あっぷるラジオスペシャル
 ナノコエで振り返る2021年!!

12月25日(土)ラジオ第1 後2:05~4:00【青森県内向け放送】

日常生活の中で、困っていることや、日頃抱えている疑問について、NHK青森の記者やディレクター、アナウンサーやカメラマンがあなたの声に耳を傾け、あなたの知りたいに答える企画「ナノコエ」。県民の皆さんからたくさんの声が寄せられました。その中から、今年の青森を象徴するようなテーマを取り上げてもう一度振り返るとともに、地元の人でも意外に知らなかった“青森トリビア”や、青森に対する「不満」や「要望」…の声に向き合います。そして“NEO青森人”ともいうべき、県外から青森に来て活躍している皆さんからの声にも耳を傾けることで、青森の良さにもう一度、目を向けてみようというラジオスペシャルです。ゲストは「シブ5時」相撲部でお馴染みの能町みね子さんと、ご当地アイドル ライスボールのメンバー3人が全員集合します!twitter「#あっぷるラジオ」でのつぶやきや番組ホームページから参加をお待ちしています!

 

あっぷるラジオ 毎週金曜

12月24日(金)ラジオ第1 後5:05~6:00【青森県内向け放送】

金曜の夕方、午後5時05分からのお楽しみ『あっぷるラジオ~金5 GO!GO!~』!ご当地アイドル「ライスボール」がレギュラーに加わり、太陽(ひかり)、実土里(みどり)、水愛(あくあ)のメンバーから、毎回一人がスタジオで大活躍します。パーソナリティーの宮川香織さんやゲストとどんなトークを繰り広げるのか?!12月24日のクリスマスは「絵本大好き!ハッピーチルドレン♪」です。朗読を通して絵本の世界を満喫してください!絵本の会の大友栄子さんがクリスマスをテーマにした絵本を紹介してくれます!お楽しみに!番組の情報や画像をtwitter「#あっぷるラジオ」でつぶやいています。フォローとつぶやきをお願いします!番組ホームページからの投稿もお待ちしています!

投稿はこちらから!

 

ロコだけが知っている

12月15日(水)総合 後8:15~8:42【全国放送】
〈再〉12月19日(日)総合 後1:05~1:32【全国放送】

東北を愛するサンドウィッチマンでさえ知らないような「東北人の意外なソウルフード」を特集!青森・津軽のリンゴ農家のソウルフード、それが「ホルモン」。りんごの収穫時期に畑でホルモンを焼いて食べるのが農家のたしなみです。戦後、りんごが青森の名産となる過程で、農家を支えたのがホルモンだったといいます。弘前市の大通りには「ホルモンのテイクアウト店」が20以上軒を連ねています。ホルモン屋の店主、新谷昭寿さんを通してりんご農家を支えるホルモンの魅力を探ります。
【司会】サンドウィッチマン【ゲスト】松岡昌宏【語り】あ~ちゃん

 

ノーナレ
 「お父さんのねぶたがいちばん好き」

12月10日(金)総合 後8:13~8:43【青森県内向け放送】 

4K特集
 「お父さんのねぶたが一番好き 青森ねぶたファミリー」

12月17日(金)BS4K 後10:00~10:59【全国放送】

毎年250万人が訪れ、短い夏のひとときを熱狂に包み込む青森ねぶた祭。しかし、2020年、史上はじめて「中止」となりました。コロナの感染拡大が収まらないまま迎えた今年、ねぶたは開催されるのか、2年連続で中止となるのか。ねぶた制作者やお祭りの関係者、そして、地域の人々は、日々、翻弄されてきました。そんな中、NHKが密着したのは、大型ねぶたの制作者「ねぶた師」の諏訪慎さんと、「おとうさんのねぶたがいちばん好き」と語る4年生の娘の旬ちゃん。雪積もる冬から準備を始めた父。大好きな祭りが「今年はある」と信じてやまない娘。感染拡大で揺れる青森の片隅で暮らす”ねぶた家族“の半年の日々に、カメラを向けました。

 

※11月29日時点の情報です。 
※放送日時・内容は変更になる場合があります。

この記事に関連するタグ

おすすめの記事

【募集】けっぱれ!部活動

新型コロナウイルスの影響で、2021年9月は県の緊急対策の一環で、部活動が全面的に禁止になり、大会への直接の出場ができなくなるなど大きな影響がでました。そこで、NHK青森放送局では、活動の場がなくなった生徒の皆さんに、その活動を「あっぷるワイド」などで披露してもらうコーナー「けっぱれ!部活動」を始めました。 県内の学校関係者のみなさん、ぜひ、披露したい部活動についての情報をNHK青森にお寄せ下さい。すべてをご紹介できるわけではないですが、相談させていただいたうえで、NHKのスタッフが部活動の現場にお邪魔して取材しコーナーで紹介させていただきます。 応募は、こちらのフォームからお寄せいただければと思います。 「けっぱれ!部活動」に応募する! このコーナーの題字は、青森第一高等養護学校書道部の皆さんに、活動ができるようなった初日書いてもらいました。 #001 青森第一高等養護学校書道部の皆さんにコーナーの題字を書いてもらいました #002 来年春のセンバツ出場をかけて高校野球の東北大会を戦う3校の野球部の主将に意気込みを聞きました。 #003 大分県で開催される全日本合唱コンクールに出場する造道中学校合唱部に歌声を披露してもらいました。 #004 全国高校軽音楽部大会への出場を決めた八戸聖ウルスラ学院高校軽音楽愛好会に曲の演奏を披露してもらいました。 #005 バレーボールの全日本高校選手権に青森県代表として出場した青森西高校女子バレー部です。(2022年1月4日放送) #006 ことし3月に閉校する青森北高校今別校舎茶華道部です。(2022年1月5日放送) #007 本州最北端にある高校・大間高校の「めんちょこ活動部」です。(2022年3月18日放送) #008 県内の高校唯一の部活 柴田学園高校の射撃部です。(2022年7月1日放送) #009 3年ぶりの青森ねぶた祭にかける青森工業高校ねぶた部です。(2022年7月11日放送) ※情報は放送時点のものです。

執筆者 編集部
2022年07月15日 (金)