2018年05月10日 (木)~5月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

<日本海側>

◇ヒラメ・ソイ類

◇深浦沖でサザエが揚がっています。

 皆さんは深浦沖にある。

 “久六島”という無人島をご存知ですか?

皆さんは深浦沖にある“久六島”という無人島をご存知ですか?

今年、2年ぶりに漁が解禁になりました。

この海域では、養分豊かな深層水が沸いているので

エサが豊富で、大きく育つんですって。

久六サザエはとにかく、大きくて美味しい!

久六サザエはとにかく、大きくて美味しい!

と言っていた片岡さん。

 

そして・・・

県外にはあまり出回らないのだそうですよ。

このサザエを食べることが出来るのは

青森県民の特権です!!

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・サクラマス・ヤリイカ

 ウニも揚がり始めました。

◇八戸方面・・・カレイ類

 

<むつ湾内>

◇ワラサ・アンコウ・カレイ類・ヤリイカ

◇トゲクリガニは湾内全域で解禁になり好調!

◇久栗坂を主体に養殖ホヤの水揚げが最盛期

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

ホヤミズが美味しい季節になりました。

ホヤミズが美味しい季節になりました。

今月のおすすめは『湾内のホヤ』。

 

“ホヤのさばき方”と

ホヤのつくだ煮の作り方をご紹介します。

 

ホヤのさばき方とは?

 台所を汚したくない場合は

 大きめの袋を用意して

 その中でさばくことをオススメします!

 

まずはツノが出ている先端を切り落とす

まずはツノが出ている先端を切り落とす

根の方に向かって縦に切る 

根の方に向かって縦に切る

端のほうから身をはがしていく

 

身を開いて肝を取り除いて

黒く透けて見えるウロも指でしぼり出す

水で洗って、食べやすい大きさに切る

水で洗って

食べやすい大きさに切る

 

ホヤのつくだ煮

鍋に酒 50ml/しょうゆ 大さじ2 みりん大さじ1/砂糖大さじ1を入れて煮立てる

鍋に酒 50ml/しょうゆ 大さじ2

みりん大さじ1/砂糖大さじ1を入れて煮立てる

煮立ったら、一口大にカットしたホヤを入れる

煮立ったら、一口大にカットしたホヤを入れる

全体に火が通ったら、火を止める

 

粗熱をとって、一晩冷蔵庫に入れたら

粗熱をとって、一晩冷蔵庫に入れたら こ~んな感じに出来上がり!!

こ~んな感じに出来上がり!!

 

ホヤに熱を通すと

独特の風味が薄れるので

苦手な方でも食べられそうですよ!!

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇天候に恵まれ、全体的に順調な入荷

 価格も落ち着いている

◇今後も入荷は順調で落ち着いた価格になりそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇デコポンなどのかんきつ類が終盤

◇熊本産のスイカやメロンなどが入荷してきているが

 春物の果物が出そろっていないため

 全体的な入荷が少なく、価格はやや高め

◇今後は・・・

 輸入のサクランボ・キウイ・ハウスみかん

 ハウスの桃などなど

 春から初夏に向けた果物が続々入荷してくる

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

長芋です!!

長芋です!!

おや?冬にも紹介していた長芋ですが・・・

冬に紹介したのは“秋掘りの長芋”。

今回おすすめするのは

春掘りの長芋”です。

 

どんな違いがあるのか??

秋堀りの長芋・・・みずみずしくフレッシュな味わい

春掘りの長芋・・・越冬することにより熟成され

旨みや各成分が凝縮されているので濃厚な味

粘り気も強いのが特徴。

 

今岡さんのと~っても簡単♪

おすすめ“春掘り長芋”料理!!

●唐揚げ

 ・片栗粉をまぶした長芋を揚げる

 ・お好みの焼肉のタレにサッとくぐらせて完成

 

●シャキとろ卵かけご飯

・長芋を1cm弱の輪切りにする

袋に入れ、すりこぎで崩れる程度にたたく 

・袋に入れ、すりこぎで崩れる程度にたたく

ある程度崩れたら、手でもむ 

・ある程度崩れたら、手でもむ

 ※これで粘りが出るんですって!

この長芋をご飯にたっぷりかけて生卵をのせる!仕上げにめんつゆをかけたら完成!!

・この長芋をご飯にたっぷりかけて生卵をのせる!

 仕上げにめんつゆをかけたら完成!!

 

 今岡さん、おすすめのシャキとろ卵かけごはん

 とろとろの卵かけごはんに

 長芋のシャキシャキ感が加わって

 おいしいです♪

 ごはんが進む、進む!!

ごはんが進む、進む!!もう、誰にも止められない~!!

もう、誰にも止められない~!!

 

◆◇おすすめの果物◇◆

ちょうど今の時期、5月~6月が旬のびわ!

ちょうど今の時期、5月~6月が旬のびわ!

オレンジ色で小ぶりなびわは

非常に季節感があって

色・形もかわいらしい♪

傷みやすいことから高級フルーツとして

扱われています。

 

思いのほか簡単に皮がむけて

手軽に食べられるんですよ!

 

私宮川、びわは小さい頃に食べたことがあるような

いや、ないような・・・

とにかく!びわ初心者です。

 

今岡さんにむき方を教えて頂きました。

※びわは細かい産毛で覆われているので

 気になる方は、外側を拭いてからむいて下さい。

 

・まずは、びわを四等分にするように

 縦に切り目を入れていく

 真ん中に種があるので、ナイフを種部分まで入れておきましょう。

真ん中に種があるので

ナイフを種部分まで入れておきましょう。

 

・切込みを入れたびわは

 きれいに四等分になります。

 

・中にある種と薄皮をスプーンで取りましょう。

最後にスプーンで実と皮を押さえて少し皮がはがれたら  

・最後にスプーンで実と皮を押さえて

 少し皮がはがれたら

皮を一気に引っ張ります。

皮を一気に引っ張ります。

ツルんと、気持ちよく皮をむくことができますよ!

 

びわの食べ方さえ知らなかった初心者の私も

上手に皮をむくことができました。

びわの味は

さっぱりとした甘さ&程よい酸味が

クセになりそうです。

なぜ、今まで食べたことがなかったのか

意味がわかりません・・・

 

びわを美味しく頂くには

常温で食べた方が、びわ本来の風味を味わえるそうです。

追熟して美味しくなる果物ではないので

食べたいな→購入→すぐ食べる!!が鉄則。

 

冷蔵庫など低温では

傷みが早まるということですので

風通しのよいところで常温保存!

2~3日が目安とのこと。

 

今回の鮮魚のおすすめも、青果のおすすめも

どちらもオレンジ色の食材でしたね!!

色からも元気をもらえそうです。

 

また来月の市場情報も

お楽しみに~!!

 

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:10時32分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲