あっぷるワイド

2021年02月26日 (金)#1 コロナ禍の部活動


2月22日から新型コロナウイルスに関連したテーマで身近な疑問や悩みごとなどの募集を始めた新コーナー、「新型コロナ あなたの声を聞かせてください」
皆さんから寄せられた声をもとに、記者やディレクターが取材し、解決策を探ります。
1回目のテーマは「コロナ禍の部活動」です。

 

【部活動が制限されて困る】

 

最初にインタビューに応じてくれた高校1年生は、弓道部に所属する女子生徒でした。

「練習試合とか、ふだんならやれるはずのことができなくて困っています」。

「練習試合とか、ふだんならやれるはずのことができなくて困っています」。

 

「練習時間が短くなったり、チームメートと距離をあけてトレーニングしたり、今までと同じように練習できなくなっています」。

「練習時間が短くなったり、チームメートと距離をあけてトレーニングしたり、今までと同じように練習できなくなっています」。

 

取材を担当する私は今から20年以上前の高校時代、吹奏楽部で勉強よりも部活動に力を入れていたので、高校生たちの思いに共感を抱きました。コロナ禍とはいえ、なんとか、普段のような部活動はできないものかと考えました。

 

【部活動の現状は?】

 

初めに調べたのは、高校の部活動が今、どうなっているのか?
青森県内では去年の年末からことしにかけて、3つの高校で部活動に関連した感染者の集団・クラスターが発生したため、青森県教育委員会は2月1日に次のような通知を出していました。

青森県教育委員会は2月1日に出した通知①

青森県教育委員会は2月1日に出した通知②

これらの対策は春休みが始まる前の3月下旬まで続けられる予定です。

 

【高校生に真剣勝負の場を】

 

教育委員会の通知が出されてから、およそ2週間後の2月13日、青森市で剣道の東北大会が開かれました。東北6県の予選を勝ち抜いた男女48校、およそ300人が参加して、無観客で行われました。(この大会は教育委員会の通知の対象外です)

 

剣道では、攻撃する時に大声を出すことが通例です。また、つばぜり合いのとき、選手どうしが密着し、感染のリスクが高まります。

 

このため選手には、試合中のマスク着用と、面にマウスシールドを取り付けることが義務づけられました。全日本剣道連盟によりますと、マスクとマウスシールドを着用することで、飛まつの拡散を95%抑制できるということです。

 

全日本剣道連盟によりますと、マスクとマウスシールドを着用することで、飛まつの拡散を95%抑制できるということです。

 

さらに、つばぜり合いを避けることもルールで定められ、つばぜり合いとなった場合には審判が離れるよう注意していました。

 

つばぜり合いを避けることもルールで定められ、つばぜり合いとなった場合には審判が離れるよう注意していました。

 

このほか、次の試合に出場する選手の待機場所となっていた畳は、試合が終わるたびに消毒され、二重三重の感染防止対策がとられていました。

秋田県から参加した女子選手

「練習の機会は少なかったけど、試合ができて、大会関係者とか、先生とか、保護者に感謝の気持ちでいっぱいです」。

大会を主催した青森県剣道連盟の木村秀樹さん

「青森県でも東北でも学校クラスターが起きて、本当にぎりぎりまで開催するか迷いましたが、選手はもちろん、運営を手伝ってくれた補助員の生徒たちも大会の成功に向けて、一生懸命やってくれた」。

 

【対策を徹底できない競技も】

 

しかし、対策を徹底できない競技もあります。

今月6日から秋田県で開かれる予定だったレスリングの東北大会は中止となりました。レスリングは選手が密着しなければ、試合になりません。マスクを着用して試合をすることも難しいため、感染リスクを下げられないと判断されたからです。

コロナ対策は競技ごとにガイドラインが定められていて、剣道のように試合中のマスク着用や、ルールの一部変更まで踏み込んだ対策をしている競技は、あまり例がないようです。

プロ野球やJリーグなどのプロスポーツでは、選手やスタッフを対象に2週間に1回、PCR検査を行うなどの対策をとり、競技も通常どおり行われていますが、高校の部活動では費用や体制の面で現実的ではありません。

コロナ禍で部活動をいかに継続するのか、今回、高校生の悩みに十分な解決策を提示できたとは言えませんが、引き続き取材を続けていきたいと思います。ぜひ、ご意見を寄せて下さい。


記者 梅本一成

1979年生まれ 岐阜県出身 2002年入局
富山局、長野局、札幌局、東京、北見局を経て2019年夏から青森局


 

/q/9XHBRBVB

 投稿はこちら(https://forms.nhk.or.jp/q/9XHBRBVB

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:10時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2021年02月10日 (水)【ヘアドネーションは意味がない?】


「小学2年生 悠月ちゃん“ヘアドネーション”やってみた」1月28日放送

小学2年生 悠月ちゃん“ヘアドネーション”やってみた
2021年1月28日放送

今回悠月ちゃんが挑戦したヘアドネーション。ネット上には「意味がない」とか「髪が余っている」などと批判する声も散見されます。実際のところどうなのか、今回のリポートにも協力いただいたNPO法人「HERO」に聞いてみました。

 

Q.ヘアドネーションは「意味がない」と言われてしまうことがあるのは、なぜですか?

 今は人工毛も人毛と区別がつかないほど自然になり、5万円ほどの安価な値段で人毛のようなウィッグが買えるようになりました。そのため、わざわざ髪を寄付しなくても、当事者が安くて自然なウィッグを購入できるし、提供するなら人工毛でウィッグをつくればいいという考えから、わざわざ髪を寄付する意味がない、とおっしゃっているように思われます。

 

Q.5万円ほどの安いウィッグはどのくらい自然な見た目なんでしょうか?

 5万円ほどのウィッグは、人工毛こそ自然になってきましたが、サイズが既製品で、機械で髪を植えるため、分け目やつむじがお人形さんのように不自然になります。また、最近の人工毛は進化しているとはいえ、光が当たると不自然な光沢が出たり、手触りが人毛とは違っていたり、どうしても髪の自然さとしては人毛のウィッグには劣ります。髪の毛だけではなく、ウィッグになったときの自然さを考えると、髪の悩みを抱えている子どもたちに提供するには十分ではないと考えています。

 

Q.HEROで提供しているウィッグは5万円のウィッグとはどこが違うのですか?

 HEROでは、皆さんから寄付していただいた人毛で製作していることはもちろん、「手植え」であること、「オーダーメイド」であることにこだわっています。

「手植え」とは、職人が髪の毛を一本一本ウィッグのネットの網目に結びつけていくやり方です。手植えすることで分け目も変えられますし、通気性もよく長時間つけることができます。

また、ウィッグを希望する子の自宅や病院に行って、その子の頭の型をとって、オーダーメイドのウィッグを制作しています。既製品だと、子どもの頭の大きさに合うものが少なかったり、合わないウィッグをつけることで頭が痛くなって、学校でも勉強に集中できなかったりします。一人一人の頭の形にあったウィッグを届けることで、日常生活でもストレスなくウィッグをつけることができます。

髪の問題は、一人一人捉え方が違うとても繊細な問題だと感じています。ウィッグがなくても明るく過ごせる子もいれば、髪の毛がないことで自分に自信が持てなかったり、塞ぎ込んで外に出られなくなったりする子もいます。病気は私たちで治すことができませんが、自分の髪が戻ってきたと思えるような自然なウィッグを届けることで、少しでもその心の悲しんでいる部分を癒やせればと思っています。

 

Q自然なウィッグを提供したいという気持ち、よく分かりました。でも、せっかく髪を送っても「余っている」ということはないですか?

 髪が余っている、ということはありません。今も100名以上の子どもたちがウィッグを待っていますので、送っていただいた髪は全て、その子どもたちのウィッグを作るために使用させていただいています。また、長い髪のウィッグを希望する女の子からの申し込みが多いため、慢性的に40センチ以上、50センチ以上の長い髪の寄付が不足しています。

 

Qそれではなぜ「余っている」と言われてしまうことがあるのでしょうか?

 送っていただいた髪を、すぐにウィッグに加工することができず、長期間保管されるため、「余っている」と感じるのだと思います。

 

Qなぜすぐにウィッグにできないのですか?

 資金不足が原因です。お金があればすぐにでもウィッグを作ってお届けすることができるのですが、特に今は、資金源であるヒーローショーがコロナ禍で開催できず、ウィッグを待っている子どもたちをお待たせしてしまっています。

私たちの団体では、頭の型を取りに行く交通費や、ウィッグを作る製作費、髪を工場に送る輸送費など、1台につき約8万円がかかっています。市場価格では数十万円ほどするウィッグですが、皆様からの髪の寄付や協力してくださるメーカーさんのおかげで安価に作ることができています。ただ、それでもお送りいただいた髪をすぐに加工してウィッグにするには、まだまだ資金が不足している状況です。

髪だけではなく、それをウィッグに加工する資金があって初めて子どもたちにウィッグを届けることができます。そのため、髪の寄付だけが多くなると、資金が集まるまで髪を保管する形になり、「余っている」ように見えるのだと思います。

 

Q今保管されている髪は、いずれ、ちゃんとウィッグになるということでしょうか?

もちろん大切に保管して、資金が集まり次第ウィッグに加工しています。スポンサーさまや、募金やグッズを買って支援してくださる方のおかげで、コロナ禍でも少しずつウィッグも製作できるようになってきました。時間はかかりますが、確実に髪の問題をかかえる子どもたちにお届けしますので、引き続きご協力をよろしくおねがいします。

 

髪を寄付するだけでなく、募金などの支援も含めてヘアドネーションなんですね。HEROの皆さん、インタビューのご協力、ありがとうございました!

 

(補足)

取材したNPO法人「HERO」では今も髪を受け付けていますが、団体によっては、今髪を送るのを待ってほしいというところもあります。

コロナ禍で、密にならないように髪の仕分けをする人数を制限している関係で、大量の髪の仕分けが追いつかず、保管する場所の確保が難しくなっているからです。

髪の寄付をする場合は、各団体のHPをよく読んで、髪を受け入れる余裕がある団体に送る、もしくは髪を濡らさないように自宅で保管して、受け入れが再開されてから送るなどするといいかもしれません。

 

ディレクター:平井良江

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時39分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年12月25日 (金)『奥入瀬の魅力を届け続けたい!』菅井 智絵


12月17日(木)放送のあっぷるワイドの

県内のここがすごいというものを紹介するコーナー「スゴいっきゃ!」で、

奥入瀬の魅力を発信し続ける男性を紹介しました。

奥入瀬の魅力を発信し続ける男性を紹介しました。

起田高志さん。

十和田市の出身でなんと元プロレスラーなんです!

10年ほど前に故郷に戻り起業しました。

 

起田さんが奥入瀬の魅力を語る際に欠かせないもの…

起田さんが奥入瀬の魅力を語る際に欠かせないもの…

そう、それは『コケ!!!』

そう、それは『コケ!!!』

コケを見たり触ったりするのはもちろん起田さんは、

においを嗅いでコケを楽しんでいます。

 

ちなみにこのコケ、

ジャゴケと言ってマツタケのような香りがするんです!

 

みなさんも奥入瀬に遊びに行った際には、

このジャゴケを見つけてぜひにおいを嗅いでみて下さい。

みなさんも奥入瀬に遊びに行った際には、このジャゴケを見つけてぜひにおいを嗅いでみて下さい。

冬の奥入瀬。雪の下でもコケはいきいきとしています!

起田さんは、新緑や紅葉といった奥入瀬の雄大な自然はもちろん、

コケという小さな自然にも目を向けてほしいと思っています。

 

そして、そのコケの造形美を何かで表せないかと考え、

生み出したのがこちら!

「ひょうたんランプ」

「ひょうたんランプ」

ひょうたんにコケのデザインを施し、

ランプの灯りで“小さな奥入瀬”を表現しました。

ひょうたんにコケのデザインを施し、ランプの灯りで“小さな奥入瀬”を表現しました。

優しくて温かい光ですよね。

この灯りを眺めていると、とても穏やかな気持ちになります。

 

そして起田さんは、癒しを届けたいと県内にある病院で

このひょうたんランプの巡回展を行いました。

そして起田さんは、癒しを届けたいと県内にある病院でこのひょうたんランプの巡回展を行いました。

患者さんからは「感動しました」「心が落ち着きました」など

多くのメッセージが寄せられ、大反響でした。

さらにこれまで、台湾やニューヨークでも展示販売を行っていて本当にすごい行動力ですよね。

さらにこれまで、台湾やニューヨークでも

展示販売を行っていて本当にすごい行動力ですよね。

 

そんな起田さんのモットーは、『人の心を動かしながら生きる。』

多くの人を喜ばせたい。

楽しんでほしいという気持ちが行動に結びついているのだと感じました。

そして、自ら行動することの大切さを教えていただきました。

これからも奥入瀬の魅力を発信し続ける起田さんの活動に注目です!

壁に映った光までもきれいなこのひょうたんランプ。

壁に映った光までもきれいなこのひょうたんランプ。

来年(2021年)3月いっぱいまで(木曜日~日曜日)

三沢市にある工房で制作体験を行うことができます。

来年(2021年)3月いっぱいまで(木曜日~日曜日)三沢市にある工房で制作体験を行うことができます。

寒い日が続きますが、みなさん風邪などひかないように

お気を付けてお過ごしください。

 

菅井 智絵

投稿者:菅井智絵 | 投稿時間:18時16分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年06月18日 (木)りんご娘(RINGOMUSUME)インタビュー


こんにちは!

最近、日中の気温が30度以上の日があり、

夏が近づいてきたなと感じております。

ことしの夏はお祭りやイベントの開催などは

ほとんど無いですが、

人と人との距離をとって新しい生活様式を取り入れながら、

青森の自然や美味しい食べ物を満喫したいと思います!

 

6月15日(月)のあっぷるワイドで放送した

りんご娘(RINGOMUSUME)のみなさんの

インタビューを放送しました。

 

今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として

RINGOMUSUME ときさん

ときさん

RINGOMUSUME 王林さん

王林さん

RINGOMUSUME ジョナゴールドさん

ジョナゴールドさん

RINGOMUSUME 彩香さん

彩香さん

それぞれ、おひとりずつインタビューをさせていただきました。

 

土田アナウンサー

 

ことし、りんご娘は結成20周年です。

入れ替わりの激しいアイドルの世界で

20年間活動を続けられるって

本当にすごいことですよね!

土田アナとときさん

今でこそ、ローカルアイドルという言葉が浸透していますが、

今ほどインターネットやSNSが発達していなかった20年前に

地方で活動をするのは大変なことだったのではないかなと思います。

 

土田アナと彩香さん

インタビューでは、

新型コロナウイルスの影響で中止になった

20周年を記念した全国ツアーについて、

今後の活動に向けた思いなどを伺いました。

土田アナとジョナゴールドさん

新型コロナウイルスの影響で活動が制限される状況でも、

青森県のためにアイドルとしていま何ができるのかを考え、

前向きに活動をしている姿が印象的でした。

 

土田アナと王林さん

 

先日、2025年に青森県で開催される

「第80回国民スポーツ大会」のイメージソングを

りんご娘のみなさんが担当することが発表されました。

 

スポーツの祭典をどんな曲で

盛り上げてくれるのか

今から楽しみです!

 

青森県に明るい話題を届けてくれる

りんご娘のみなさんの活躍に

今後も期待したいですね。

 

りんご娘(RINGOMUSUME)のメンバー全員

 

放送したインタビューの内容は

NHK青森放送局のHPで公開しています!

https://www.nhk.or.jp/aomori/plus/contents/200617_1.html
※公開は放送日から2カ月程度です。

 

ぜひ、ご覧ください!

土田翼

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時30分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年05月13日 (水)~5月の市場情報~


『マダイのフキみそがけ』の作り方

 

<材料>

マダイ・・・半身

塩・こしょう・・・適量

オリーブオイル・・・大さじ1

ワカメ・・・適量

フキ水煮・・・100g

みそ・・・120g

酒・・・大さじ3

みりん・・・大さじ3

砂糖・・・30g

 

 

●ふきの水煮は、サッと湯がいて、小口切りにする

 

●ワカメは戻して水けを切り、食べやすい大きさに切る

 

●マダイを食べ易い大きさの切り身にし、塩こしょうをする

 ※焼くと縮んでしまうので皮目に切り込みをいれます。

マダイを食べ易い大きさの切り身にし、塩こしょうをする

●オリーブオイルを熱したフライパンに皮目から入れ、弱火で焼く

オリーブオイルを熱したフライパンに皮目から入れ、弱火で焼く

●キツネ色になったら反対面も焼く

キツネ色になったら反対面も焼く

●焼き上がったら、別皿に一端取り出す

 そのままのフライパンにワカメを入れ、強火でササッと焼き、皿にしく

 

●続けてそのままのフライパンにフキを入れ強火でサッと炒める

 

●酒、みりん、みそを加え、弱火にし素早く混ぜる

 さらに砂糖を加え1分程煮詰める

酒、みりん、みそを加え、弱火にし素早く混ぜる

●ワカメの上にマダイをのせ、上からみそを掛け飾りにフキを散らして 完成

ワカメの上にマダイをのせ、上からみそを掛け飾りにフキを散らして 完成

カンタンなのでおうち時間でお試しください!

 

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:17時58分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年03月04日 (水)~3月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

3月 鮮魚情報

<日本海側>

◇ヤリイカ・カレイ類・ホッケ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・ヤリイカ

八戸は先月マスが散見されたので

今月に期待!

 

<陸奥湾内>

◇ヤリイカ・カレイ類

アンコウ・イワシ

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

現在市場に出回っているのは

シナハマグリという種類。

これは日本古来の品種ではないそうです。

 

こちらは茨城産のハマグリ。

こちらは茨城産のハマグリ。

大きいですよね♪

国産のハマグリは地のハマグリ

“地ハマ”という言い方をして

区別しているそうですよ。

 

この立派なハマグリを使って

菜の花と地ハマのお吸い物の作り方を

教えていただきました!

 

『菜の花と地ハマのお吸い物』

《菜の花の下処理》

●菜の花を茎・葉に切り分ける

 

●お湯に塩を少量入れ菜の花を湯がく

※サッと湯がくだけでOK

※目安/茎30秒・葉15秒

 

 

●冷水にとり水けを切っておく

※この時の湯がき汁は捨てない!!

なんとこの湯がき汁飲んでみると

昆布だしのような味がするんです。

コクがあっておいしいから

捨てたらもったいないですよ~。

 

《お吸い物の作り方》

●冷めた湯がき汁・だし昆布

ハマグリを鍋に入れる

冷めた湯がき汁・だし昆布・ハマグリを鍋に入れる

 

●沸騰直前に昆布を取り出し

 アクを丁寧に取る

 

●ハマグリが口を開けたらOKの合図

ハマグリが口を開けたらOKの合図

 酒(大さじ1)/しょうゆ(小さじ1)

 調味料を入れて味をみて

 甘いようなら塩を(小さじ1)入れる

 

●器に菜の花を入れ

 ハマグリと汁を注いで完成!

器に菜の花を入れ、ハマグリと汁を注いで完成!

 

ハマグリは縁起物の食材♪

婚礼や桃の節句などでお吸い物として

出てきます。

 

ハマグリの殻は同じ貝でなければ

両方がピタリときれいに揃わないので

夫婦円満や

ひな祭りに食べると

良縁をもたらすなどと

昔から言われていますよね。

 

おいしいハマグリを食べて

疲れをとりましょう!

 

 

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇おおむね順調な入荷

 価格も落ち着いている

◇今後は天候次第だが順調に入荷する見込み

引き続いて落ち着いた価格になりそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇デコポンなどの中晩(かん)

 いちごを中心に順調な入荷

デコポンなどの中晩(かん)

徐々に露地ものの入荷が増えていて

落ち着いた価格になりそう

 

◇いちごは入荷・価格とも平年並み

 今後も落ち着いた状況になりそう

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

◆◇おすすめの野菜◇◆

今回のおすすめはトマト。

この時期は関東産

特に栃木産がメイン。

 

でも・・・

トマトって夏のイメージが強い

冬なのにトマト??

と思った方もいるのでは?

 

夏場のトマトは熟すのが早いため

赤くなる前に収穫するそうですが

この時期のトマトは

収穫ギリギリまで

太陽の光を浴びて赤くなってから

収穫される。

そうすると・・・

非常に味が良くて栄養もたっぷり!

なんですって。

 

お店に並んでいるトマト

種類もたくさんありますよね。

この時期のトマトを使って

様々な料理に使って堪能しましょう♪

 

◆◇おすすめの果物◇◆

こちらは“せとか”

こちらは“せとか”

かんきつの大トロと言われているそう。

 

なんでも香り・食味の良い柑きつを

掛け合わせて

いいとこどりで生まれた品種。

 

“せとか”の特徴

・皮がやわらかい

・簡単にむける

・中の皮も薄い

・みずみずしいオレンジの香り

・トロリととろける食感

・濃厚でジューシー

 

持ってみてびっくりしたこと

思った以上に

ずっしりと重みがあるんです。

それだけ果汁がパンパンに

詰まっているってことですよね。

 

食べると一粒一粒がやわらかいので

口の中でとろけちゃうわけです。

さすが!かんきつの大トロだ~♪

 

食べ方のおすすめとしては

スマイルカットにすること!

スマイルカットにすること!

 

ナイフを入れると

簡単に切れるのもGOOD!

皆さんも、食べたらスマイルが

止まりませんよ~。

 

 

市場情報で

お得な情報をGETして

旬のものを楽しみましょう!

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時54分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年02月05日 (水)~2月の市場情報~


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

2月の市場情報 今月の水揚げ状況

<日本海側>

◇ヤリイカ

<小泊・下前>

◇マダラ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・ヤリイカ・カレイ・サクラマス

◇八戸方面・・・ヤリイカ

 

<陸奥湾内>

◇アンコウ・ヒラメ・カレイ

 ヤリイカ・トゲクリガニ

      

◆◇今月のおすすめ◇◆

『マダラ子』

『マダラ子』

下処理をきちんとすれば

ネギを入れてごまかさなくても

いいんですって!

臭みをとる下処理の方法をお伝えします。

 

●熱湯をかける

熱湯をかける

※多少煮えても

気にすることはありません。

 

●3%の塩水に入れて

 袋を破いて中身をあける

3%の塩水に入れて、袋を破いて中身をあける

 

●割りばしでぐるぐるかき混ぜて

 血合いを絡めて取り除く

割りばしでぐるぐるかき混ぜて、血合いを絡めて取り除く

 

●ペーパーを敷いたザルに移し

 一晩水けを切れば下処理終了!

 

さあ このマダラ子を使う

料理といったら

にんじんの子あえですよね!!

 

青果でも今月おすすめの

雪にんじんを使って

ちょっとじゃタラん!!

どーんと作っちゃいましょう!!

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇キュウリなどの果菜類の

入荷が少なく価格は高め

◇全体的な入荷はおおむね順調

 価格も落ち着いている

◇今後は・・・

 天候次第だが

順調に入荷する見込み

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇みかんなどのかんきつ類・いちごを中心に入荷

・みかんは順調に入荷 平年並みの価格

・みかん以外のかんきつ類

 徐々に入荷が増え落ち着いた価格

・いちごの入荷少なめ 価格は高め

これから徐々に落ち着く見込み

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜「雪にんじん」

この時期 雪が降り積もった

畑から掘り出される雪にんじん。

秋に収穫する秋にんじんを

雪の下で完熟させてから

収穫する。

 

雪の下で凍らないようにと

自ら糖分を蓄えるため

フルーティーな甘さが特徴。

この時期だけ味わえる

旨味たっぷりなにんじんは

雪の中から1本1本

手作業で掘り出している。

私はスティック状に切ったにんじんに

みそとマヨネーズのディップをつけて

食べると より甘みを感じられるので

好きなんですが

今岡さんは天ぷらがおすすめ。

これもまた揚げることで

甘さが増すのだそうですよ!

 

にんじんが苦手な方も

雪にんじんなら!!

食べることができるかも♪

試してみて下さい。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物「いよかん」

プリップリッの大粒な果肉

果汁たっぷりジューシーないよかん。

 

絶妙な甘さと酸味が

やめられない止まらない状態に

なるんですよね~。

食べると口の中で

おいしさがはじけます♪

 

食べるときに

皮が簡単にむけるのも嬉しいですし

食べるときに、皮が簡単にむけるのも嬉しいですし

 

皮をむくと

いよかんのさわやかな香りが

周りに広がっていきます。

この香りで眠気もシャキッと

覚ましてくれそうです。

 

受験シーズンはいよかんのおいしい時期!

風邪予防の効果も期待できるいよかんを食べて

眠くなったらいよかん食べて

栄養補給・水分補給もいよかんで♪

そうすればだんだん合格するぞ!と

いい予感がしてくるはず(^◇^)

受験生の皆さん、ファイト!

 

2月になって

ようやく青森らしい冬が

やってきた感じがします。

いつもの冬だとだんだんと

寒さに体も慣れてくるんですが

ことしはどうも調子がくるいますね・・・

 

そんな時こそ

旬の魚や野菜・果物を食べて

丈夫な体を作りましょう!

来月もお楽しみに~!(^^)!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時19分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年01月15日 (水)~1月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

~1月の市場情報~

<日本海側>

◇ヤリイカ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・マダラ

◇八戸方面・・・ホッキ貝

 

<陸奥湾内>

◇今月前半スルメイカ

今月後半ヤリイカ・カレイ

      

◆◇今月のおすすめ◇◆

『タラふっくら湯豆腐♪』

臭みもしっかり抜いて 

さらに身崩れしない方法を

教えて頂きましたよ~。

●下処理

・タラの切り身に塩をふって15分~20分置く

・酒で塩を洗い流す

※臭みを抜く

 

●水分を丁寧にふき取ったら

両面にかたくり粉をまぶす

水分を丁寧にふき取ったら両面にかたくり粉をまぶす

 

●90℃くらいのお湯で

 5秒〜10秒湯煎し

 冷水に入れ、身を引きしめる

※表面がうっすら白くなればOK

 

●昆布だしに豆腐とタラ

好みの具材を入れたら完成!

昆布だしに豆腐とタラ、好みの具材を入れたら完成!

 

かたくり粉のコーティングが

身崩れとパサつきを抑えてくれますよ。

 そしてオススメのタレの作り方

・3倍濃縮のめんつゆ→大さじ2

 ごま油→大さじ2、しょうゆ→大さじ1/2

 大根おろし→大さじ2

全部入れて混ぜて出来上がり!

お好みできざみネギを入れるのもgood♪

 

湯豆腐に濃いタレは最高!

ごま油がまた、食欲をそそるのです。

みなさんも作ってみてね!

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷

◇価格も落ち着いている

◇今後は・・・

寒波などの心配もあるが

順調な入荷する見込み

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇みかんなどのかんきつ類・いちごを中心に入荷

・みかんは順調に入荷し、お求めやすい価格

・いちごの入荷はやや少なめ

これから徐々に増えていくので落ち着きそう

・かんきつ類はこれからが本格的な入荷

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜は青森県産の寒じめほうれんそう!!

青森県産の寒じめほうれんそう!!

青森ならではの寒さを活かして

県内各地で栽培されている。

 

寒じめとは・・・

収穫間近にわざと寒さにあてるという

栽培方法。

寒くても凍らないぞ!と自らの水分を

減らして糖分をため込む。

これで肉厚、あま〜いほうれんそうになる!!

 

さらに栄養分もパワーアップしているので

旬の寒じめほうれんそう

食べなきゃ損ですよ~。

保存は乾燥に気をつけましょう。

濡らした新聞紙に包んだら

袋に入れておきましょう。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は八戸地区のいちごです!

八戸地区のいちごです!

スーパーに行くと

いちごの甘い香りにつられて

足が向いてしまいます。

 

いちごは

・風邪予防

・ダイエット効果

・美肌効果

などが期待できるそうですから

この冬、体がなまってるな~

という方にはオススメの果物。

 

いちごはヘタから食べれば

甘い!という状態で食べ終わる事が

出来ますが・・・

八戸のいちごは

どこからどう食べても

甘くておいしいですよ!!

 

保存方法は洗わない

ヘタをとらない、くっつけないが基本。

ヘタを下にして

ラップをかけて野菜室へGO!

 

これから様々な品種のいちごがでてくるので

楽しみですね。

 

ことし最初の市場情報

ご覧いただけましたか?

2020年も楽しく

おいしい情報をたっぷりと

お伝えしていきますよ!

ことしは子年ですから

市場情報にチューもく(※注目)!!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:15時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年12月04日 (水)~12月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

12月の水揚げ状況

<日本海側>

◇カワハギ・ソイ類・ハタハタ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・スルメイカ

◇八戸方面・・・ヤリイカ

 

<陸奥湾内>

◇サバ・タイ・カワハギ・ソイ類

 

◆◇お正月用品の動向◇◆

◇カニ

■ズワイ・タラバは

昨年並みか若干の値上げ予想

■毛ガニの高騰は気になるところ・・・

 

◇ナマコ

■昨年並みの価格を予想

 

◇タラ

■前半は函館産が中心で

 今後は海水温の低下に期待

 価格は昨年並みの見込み

      

◆◇今月のおすすめ◇◆

今の時期は温かい汁ものは最高!魚屋さんのじゃっぱ汁の作り方 教えて頂きました。

今の時期は温かい汁ものは最高!

魚屋さんのじゃっぱ汁の作り方

教えて頂きました。

パック詰めのものを使うと

より簡単に作れます。

 

●下処理

・肝以外に、塩をたっぷり振って30分置く

・30分後、軽く塩を洗い流す

・肝を加えて、熱湯をまわしかける

 

下処理が済んだら・・・

●鍋に湯を沸かして昆布でだしを取る

 

●沸騰したら肝以外のじゃっぱを入れる

 ※野菜を入れる場合はここで一緒に入れる

 

●再沸騰したら火をゆるめ、アクをとる

 

●一口大に切った肝を鍋に入れる

 

●再沸騰したら酒お玉1つ分を入れ

 ネギも加える

 

●仕上げに魚屋の隠し味

 白こしょうを3振りしたら完成!!

仕上げに魚屋の隠し味 白こしょうを3振りしたら完成!!

 

塩気が足りなかったら

お好みで塩を加えて下さいね。

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷

◇価格もお手頃価格の品目が

多くなっている

◇今後は・・・

おおむね順調な入荷が見込めそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇みかん・りんご・いちごを中心に

平年に比べて全体的に入荷は少なめ

◇価格はやや高め

◇今後は・・・

 全体的に入荷量は少なめで

 平年に比べるとやや高めの価格となりそう

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は「みかん」

冬の果物といったら

この、みかんですよね〜。

ことしのみかんも甘くておいしく

出来上がっているそうです♪

 

みかんを食べる時には

白い筋を取って食べるのは×!

この白い筋には毛細血管を強くする

血液サラサラ効果が期待できる他

・風邪予防

・疲労回復

・整腸作用

・美肌効果

なども期待できるそうです。

1日2~3個が

体に効果的な量だそうです。

是非、白い筋は取らずに

召し上がってくださいね!

 

 

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜は「長芋」です。

県南地方を中心に

秋掘りの長芋の収穫が

最盛期を迎えている。

 

〜秋掘りの長芋の特徴〜

みずみずしくて

フレッシュな味わい。

ジャガイモでいうと

『新ジャガ』のようなもの。

この時期ならではの

長芋のおいしさを堪能しましょう。

 

長芋の栄養素は熱に弱いので

生で食べるのがおすすめ!

・疲労回復

・滋養強壮

・風邪予防

長芋には免疫力を高めて

予防する成分やウィルスの侵入を

防いでくれる働きもあるそうですよ。

 

冬の寒さを乗り切るなら

長芋を取り入れましょう!

 

 

市場情報、ことし最後の放送も

ご覧いただきありがとうございました。

来年も、魚・野菜・果物と

青森のおいしい食材を

ご紹介して行きますよ~。

少し早いですが・・・

みなさま、よいお年を〜!!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時14分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年11月06日 (水)~11月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

鮮魚情報 水揚げ状況

<日本海側>
◇ブリ・サバ・マダイ
ヒラメ・アオリイカ
 
<下北から八戸の太平洋側>
◇下北・・・サバ・ワラサ
◇八戸方面・・・イワシ
 
<陸奥湾内>
◇マダイ・ブリ類・カワハギ
 カマス・小アジ

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめ
 
先月はイクラのしょうゆ漬けを紹介して頂きましたが・・・
まだ残っていたら、早めに食べてしまおう!
ということで、今回はイクラのしょうゆ漬けを使って
『はらこ飯』を作りましょ♪

●生の秋サケの切り身の皮を取る。

生の秋サケの切り身の皮を取る

●しょうゆ・酒 各100ml
 みりん大さじ1・おろししょうが少々を鍋に入れ、
 煮立たせたら、サケの身を入れる。

●表面の色が変わる程度にサッと火を通す。

表面の色が変わる程度にサッと火を通す

●身と汁を分けて粗熱をとる。
 ※骨が気になるようであれば、このタイミングで抜く。

●煮汁を使って米を炊く。
 ※今回は米2合で調理してます!
  煮汁を入れて足りない場合は、水を足して調節しましょう。

※※炊いている間に※※
●サケの皮をカリッと焼いて、細切りにする。

※※ごはんが炊けたら※※
●炊飯器の中にサケの身を入れて、ザックリ混ぜて蒸らす。

炊飯器の中にサケの身を入れて、ザックリ混ぜて蒸らす。

●蒸らし終わったら
 ごはん・イクラ・焼いた皮・刻みのり
 きれいに盛り付けたら完成!!

ごはん・イクラ・焼いた皮・刻みのりをきれいに盛り付けたら完成!!

☆ポイント☆
米とサケの身は一緒に炊き込まない!
身はサッと火を通し、炊き上がったごはんの上で蒸らす。
これでフワっとやわらかいサケの身を
楽しめますよ~。

はらこ飯って、宮城県の郷土料理ですよね。
でも、サケとイクラがあるなら
家でも簡単に作ることができるから
青森の人も、もっと作っても良さそう・・・

あなたの家のレシピに
加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷
 果菜・洋菜類が県外の産地に徐々に
 切り替わってきた

◇価格は平年並み

◇今後は・・・
 順調に入荷し落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇柿・みかんを中心に順調な入荷
◇県産のりんご・スチューベンの入荷も本格化
◇価格は平年並み
◇今後は・・・果物全体的に順調な入荷が見込めそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

青森県産の長ネギがこれからどんどんおいしくなります。

青森県産の長ネギが
これからどんどんおいしくなります。

この季節に大活躍する長ネギは
寒くなるにつれて甘みが増して
様々な料理を引き立ててくれます。
熱を加えると
さらに甘みが出てきますよね。
もちろん生でも!
薬味としても欠かせません。

ネギのにおいの素は
血行を良くして
体を温める効果があるそうです。
いろいろな料理に
長ネギをプラスして
積極的に食べていきましょう!

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は、青森県産のスチューベン。

青森県産のスチューベン。
鶴田町が作付面積
生産量とも日本一!!

〜スチューベンの特徴〜
・色が濃い。粒の張りがピッチピチ
・味:とにかく甘〜い♪
・果肉:スッキリとした酸味も
皮と身の部分が一番甘いので
口の中でつるりと皮をむいて
種ごと食べる!
皮に残った果汁を吸い尽くすのが
良い食べ方です。

少し残ってしまったら
ラップなどをかけて
野菜室に保存して乾燥を防ぎましょう。

でもやはり!!おいしいうちに
ぜ~んぶ食べちゃいましょう。

ことしのスチューベンは
いつもに増して甘いそうですよ。
2月頃まで、この甘さを楽しめますから
この冬はスチューベンを食べて
乗り切っていこう!

市場情報もいよいよ
来月がことし最後の放送となります。
年末年始のお買い物の参考に
来月も、テレビもラジオも
是非、見て聞いて楽しんで下さい。

 

 

 

投稿者:髙橋泉 | 投稿時間:16時25分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲