あっぷるワイド

2020年03月04日 (水)~3月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

3月 鮮魚情報

<日本海側>

◇ヤリイカ・カレイ類・ホッケ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・ヤリイカ

八戸は先月マスが散見されたので

今月に期待!

 

<陸奥湾内>

◇ヤリイカ・カレイ類

アンコウ・イワシ

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

現在市場に出回っているのは

シナハマグリという種類。

これは日本古来の品種ではないそうです。

 

こちらは茨城産のハマグリ。

こちらは茨城産のハマグリ。

大きいですよね♪

国産のハマグリは地のハマグリ

“地ハマ”という言い方をして

区別しているそうですよ。

 

この立派なハマグリを使って

菜の花と地ハマのお吸い物の作り方を

教えていただきました!

 

『菜の花と地ハマのお吸い物』

《菜の花の下処理》

●菜の花を茎・葉に切り分ける

 

●お湯に塩を少量入れ菜の花を湯がく

※サッと湯がくだけでOK

※目安/茎30秒・葉15秒

 

 

●冷水にとり水けを切っておく

※この時の湯がき汁は捨てない!!

なんとこの湯がき汁飲んでみると

昆布だしのような味がするんです。

コクがあっておいしいから

捨てたらもったいないですよ~。

 

《お吸い物の作り方》

●冷めた湯がき汁・だし昆布

ハマグリを鍋に入れる

冷めた湯がき汁・だし昆布・ハマグリを鍋に入れる

 

●沸騰直前に昆布を取り出し

 アクを丁寧に取る

 

●ハマグリが口を開けたらOKの合図

ハマグリが口を開けたらOKの合図

 酒(大さじ1)/しょうゆ(小さじ1)

 調味料を入れて味をみて

 甘いようなら塩を(小さじ1)入れる

 

●器に菜の花を入れ

 ハマグリと汁を注いで完成!

器に菜の花を入れ、ハマグリと汁を注いで完成!

 

ハマグリは縁起物の食材♪

婚礼や桃の節句などでお吸い物として

出てきます。

 

ハマグリの殻は同じ貝でなければ

両方がピタリときれいに揃わないので

夫婦円満や

ひな祭りに食べると

良縁をもたらすなどと

昔から言われていますよね。

 

おいしいハマグリを食べて

疲れをとりましょう!

 

 

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇おおむね順調な入荷

 価格も落ち着いている

◇今後は天候次第だが順調に入荷する見込み

引き続いて落ち着いた価格になりそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇デコポンなどの中晩(かん)

 いちごを中心に順調な入荷

デコポンなどの中晩(かん)

徐々に露地ものの入荷が増えていて

落ち着いた価格になりそう

 

◇いちごは入荷・価格とも平年並み

 今後も落ち着いた状況になりそう

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

◆◇おすすめの野菜◇◆

今回のおすすめはトマト。

この時期は関東産

特に栃木産がメイン。

 

でも・・・

トマトって夏のイメージが強い

冬なのにトマト??

と思った方もいるのでは?

 

夏場のトマトは熟すのが早いため

赤くなる前に収穫するそうですが

この時期のトマトは

収穫ギリギリまで

太陽の光を浴びて赤くなってから

収穫される。

そうすると・・・

非常に味が良くて栄養もたっぷり!

なんですって。

 

お店に並んでいるトマト

種類もたくさんありますよね。

この時期のトマトを使って

様々な料理に使って堪能しましょう♪

 

◆◇おすすめの果物◇◆

こちらは“せとか”

こちらは“せとか”

かんきつの大トロと言われているそう。

 

なんでも香り・食味の良い柑きつを

掛け合わせて

いいとこどりで生まれた品種。

 

“せとか”の特徴

・皮がやわらかい

・簡単にむける

・中の皮も薄い

・みずみずしいオレンジの香り

・トロリととろける食感

・濃厚でジューシー

 

持ってみてびっくりしたこと

思った以上に

ずっしりと重みがあるんです。

それだけ果汁がパンパンに

詰まっているってことですよね。

 

食べると一粒一粒がやわらかいので

口の中でとろけちゃうわけです。

さすが!かんきつの大トロだ~♪

 

食べ方のおすすめとしては

スマイルカットにすること!

スマイルカットにすること!

 

ナイフを入れると

簡単に切れるのもGOOD!

皆さんも、食べたらスマイルが

止まりませんよ~。

 

 

市場情報で

お得な情報をGETして

旬のものを楽しみましょう!

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時54分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年02月05日 (水)~2月の市場情報~


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

2月の市場情報 今月の水揚げ状況

<日本海側>

◇ヤリイカ

<小泊・下前>

◇マダラ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・ヤリイカ・カレイ・サクラマス

◇八戸方面・・・ヤリイカ

 

<陸奥湾内>

◇アンコウ・ヒラメ・カレイ

 ヤリイカ・トゲクリガニ

      

◆◇今月のおすすめ◇◆

『マダラ子』

『マダラ子』

下処理をきちんとすれば

ネギを入れてごまかさなくても

いいんですって!

臭みをとる下処理の方法をお伝えします。

 

●熱湯をかける

熱湯をかける

※多少煮えても

気にすることはありません。

 

●3%の塩水に入れて

 袋を破いて中身をあける

3%の塩水に入れて、袋を破いて中身をあける

 

●割りばしでぐるぐるかき混ぜて

 血合いを絡めて取り除く

割りばしでぐるぐるかき混ぜて、血合いを絡めて取り除く

 

●ペーパーを敷いたザルに移し

 一晩水けを切れば下処理終了!

 

さあ このマダラ子を使う

料理といったら

にんじんの子あえですよね!!

 

青果でも今月おすすめの

雪にんじんを使って

ちょっとじゃタラん!!

どーんと作っちゃいましょう!!

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇キュウリなどの果菜類の

入荷が少なく価格は高め

◇全体的な入荷はおおむね順調

 価格も落ち着いている

◇今後は・・・

 天候次第だが

順調に入荷する見込み

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇みかんなどのかんきつ類・いちごを中心に入荷

・みかんは順調に入荷 平年並みの価格

・みかん以外のかんきつ類

 徐々に入荷が増え落ち着いた価格

・いちごの入荷少なめ 価格は高め

これから徐々に落ち着く見込み

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜「雪にんじん」

この時期 雪が降り積もった

畑から掘り出される雪にんじん。

秋に収穫する秋にんじんを

雪の下で完熟させてから

収穫する。

 

雪の下で凍らないようにと

自ら糖分を蓄えるため

フルーティーな甘さが特徴。

この時期だけ味わえる

旨味たっぷりなにんじんは

雪の中から1本1本

手作業で掘り出している。

私はスティック状に切ったにんじんに

みそとマヨネーズのディップをつけて

食べると より甘みを感じられるので

好きなんですが

今岡さんは天ぷらがおすすめ。

これもまた揚げることで

甘さが増すのだそうですよ!

 

にんじんが苦手な方も

雪にんじんなら!!

食べることができるかも♪

試してみて下さい。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物「いよかん」

プリップリッの大粒な果肉

果汁たっぷりジューシーないよかん。

 

絶妙な甘さと酸味が

やめられない止まらない状態に

なるんですよね~。

食べると口の中で

おいしさがはじけます♪

 

食べるときに

皮が簡単にむけるのも嬉しいですし

食べるときに、皮が簡単にむけるのも嬉しいですし

 

皮をむくと

いよかんのさわやかな香りが

周りに広がっていきます。

この香りで眠気もシャキッと

覚ましてくれそうです。

 

受験シーズンはいよかんのおいしい時期!

風邪予防の効果も期待できるいよかんを食べて

眠くなったらいよかん食べて

栄養補給・水分補給もいよかんで♪

そうすればだんだん合格するぞ!と

いい予感がしてくるはず(^◇^)

受験生の皆さん、ファイト!

 

2月になって

ようやく青森らしい冬が

やってきた感じがします。

いつもの冬だとだんだんと

寒さに体も慣れてくるんですが

ことしはどうも調子がくるいますね・・・

 

そんな時こそ

旬の魚や野菜・果物を食べて

丈夫な体を作りましょう!

来月もお楽しみに~!(^^)!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時19分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年01月15日 (水)~1月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

~1月の市場情報~

<日本海側>

◇ヤリイカ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・マダラ

◇八戸方面・・・ホッキ貝

 

<陸奥湾内>

◇今月前半スルメイカ

今月後半ヤリイカ・カレイ

      

◆◇今月のおすすめ◇◆

『タラふっくら湯豆腐♪』

臭みもしっかり抜いて 

さらに身崩れしない方法を

教えて頂きましたよ~。

●下処理

・タラの切り身に塩をふって15分~20分置く

・酒で塩を洗い流す

※臭みを抜く

 

●水分を丁寧にふき取ったら

両面にかたくり粉をまぶす

水分を丁寧にふき取ったら両面にかたくり粉をまぶす

 

●90℃くらいのお湯で

 5秒〜10秒湯煎し

 冷水に入れ、身を引きしめる

※表面がうっすら白くなればOK

 

●昆布だしに豆腐とタラ

好みの具材を入れたら完成!

昆布だしに豆腐とタラ、好みの具材を入れたら完成!

 

かたくり粉のコーティングが

身崩れとパサつきを抑えてくれますよ。

 そしてオススメのタレの作り方

・3倍濃縮のめんつゆ→大さじ2

 ごま油→大さじ2、しょうゆ→大さじ1/2

 大根おろし→大さじ2

全部入れて混ぜて出来上がり!

お好みできざみネギを入れるのもgood♪

 

湯豆腐に濃いタレは最高!

ごま油がまた、食欲をそそるのです。

みなさんも作ってみてね!

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷

◇価格も落ち着いている

◇今後は・・・

寒波などの心配もあるが

順調な入荷する見込み

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇みかんなどのかんきつ類・いちごを中心に入荷

・みかんは順調に入荷し、お求めやすい価格

・いちごの入荷はやや少なめ

これから徐々に増えていくので落ち着きそう

・かんきつ類はこれからが本格的な入荷

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜は青森県産の寒じめほうれんそう!!

青森県産の寒じめほうれんそう!!

青森ならではの寒さを活かして

県内各地で栽培されている。

 

寒じめとは・・・

収穫間近にわざと寒さにあてるという

栽培方法。

寒くても凍らないぞ!と自らの水分を

減らして糖分をため込む。

これで肉厚、あま〜いほうれんそうになる!!

 

さらに栄養分もパワーアップしているので

旬の寒じめほうれんそう

食べなきゃ損ですよ~。

保存は乾燥に気をつけましょう。

濡らした新聞紙に包んだら

袋に入れておきましょう。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は八戸地区のいちごです!

八戸地区のいちごです!

スーパーに行くと

いちごの甘い香りにつられて

足が向いてしまいます。

 

いちごは

・風邪予防

・ダイエット効果

・美肌効果

などが期待できるそうですから

この冬、体がなまってるな~

という方にはオススメの果物。

 

いちごはヘタから食べれば

甘い!という状態で食べ終わる事が

出来ますが・・・

八戸のいちごは

どこからどう食べても

甘くておいしいですよ!!

 

保存方法は洗わない

ヘタをとらない、くっつけないが基本。

ヘタを下にして

ラップをかけて野菜室へGO!

 

これから様々な品種のいちごがでてくるので

楽しみですね。

 

ことし最初の市場情報

ご覧いただけましたか?

2020年も楽しく

おいしい情報をたっぷりと

お伝えしていきますよ!

ことしは子年ですから

市場情報にチューもく(※注目)!!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:15時20分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年12月04日 (水)~12月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

12月の水揚げ状況

<日本海側>

◇カワハギ・ソイ類・ハタハタ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・スルメイカ

◇八戸方面・・・ヤリイカ

 

<陸奥湾内>

◇サバ・タイ・カワハギ・ソイ類

 

◆◇お正月用品の動向◇◆

◇カニ

■ズワイ・タラバは

昨年並みか若干の値上げ予想

■毛ガニの高騰は気になるところ・・・

 

◇ナマコ

■昨年並みの価格を予想

 

◇タラ

■前半は函館産が中心で

 今後は海水温の低下に期待

 価格は昨年並みの見込み

      

◆◇今月のおすすめ◇◆

今の時期は温かい汁ものは最高!魚屋さんのじゃっぱ汁の作り方 教えて頂きました。

今の時期は温かい汁ものは最高!

魚屋さんのじゃっぱ汁の作り方

教えて頂きました。

パック詰めのものを使うと

より簡単に作れます。

 

●下処理

・肝以外に、塩をたっぷり振って30分置く

・30分後、軽く塩を洗い流す

・肝を加えて、熱湯をまわしかける

 

下処理が済んだら・・・

●鍋に湯を沸かして昆布でだしを取る

 

●沸騰したら肝以外のじゃっぱを入れる

 ※野菜を入れる場合はここで一緒に入れる

 

●再沸騰したら火をゆるめ、アクをとる

 

●一口大に切った肝を鍋に入れる

 

●再沸騰したら酒お玉1つ分を入れ

 ネギも加える

 

●仕上げに魚屋の隠し味

 白こしょうを3振りしたら完成!!

仕上げに魚屋の隠し味 白こしょうを3振りしたら完成!!

 

塩気が足りなかったら

お好みで塩を加えて下さいね。

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷

◇価格もお手頃価格の品目が

多くなっている

◇今後は・・・

おおむね順調な入荷が見込めそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇みかん・りんご・いちごを中心に

平年に比べて全体的に入荷は少なめ

◇価格はやや高め

◇今後は・・・

 全体的に入荷量は少なめで

 平年に比べるとやや高めの価格となりそう

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は「みかん」

冬の果物といったら

この、みかんですよね〜。

ことしのみかんも甘くておいしく

出来上がっているそうです♪

 

みかんを食べる時には

白い筋を取って食べるのは×!

この白い筋には毛細血管を強くする

血液サラサラ効果が期待できる他

・風邪予防

・疲労回復

・整腸作用

・美肌効果

なども期待できるそうです。

1日2~3個が

体に効果的な量だそうです。

是非、白い筋は取らずに

召し上がってくださいね!

 

 

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜は「長芋」です。

県南地方を中心に

秋掘りの長芋の収穫が

最盛期を迎えている。

 

〜秋掘りの長芋の特徴〜

みずみずしくて

フレッシュな味わい。

ジャガイモでいうと

『新ジャガ』のようなもの。

この時期ならではの

長芋のおいしさを堪能しましょう。

 

長芋の栄養素は熱に弱いので

生で食べるのがおすすめ!

・疲労回復

・滋養強壮

・風邪予防

長芋には免疫力を高めて

予防する成分やウィルスの侵入を

防いでくれる働きもあるそうですよ。

 

冬の寒さを乗り切るなら

長芋を取り入れましょう!

 

 

市場情報、ことし最後の放送も

ご覧いただきありがとうございました。

来年も、魚・野菜・果物と

青森のおいしい食材を

ご紹介して行きますよ~。

少し早いですが・・・

みなさま、よいお年を〜!!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時14分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年11月06日 (水)~11月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

鮮魚情報 水揚げ状況

<日本海側>
◇ブリ・サバ・マダイ
ヒラメ・アオリイカ
 
<下北から八戸の太平洋側>
◇下北・・・サバ・ワラサ
◇八戸方面・・・イワシ
 
<陸奥湾内>
◇マダイ・ブリ類・カワハギ
 カマス・小アジ

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめ
 
先月はイクラのしょうゆ漬けを紹介して頂きましたが・・・
まだ残っていたら、早めに食べてしまおう!
ということで、今回はイクラのしょうゆ漬けを使って
『はらこ飯』を作りましょ♪

●生の秋サケの切り身の皮を取る。

生の秋サケの切り身の皮を取る

●しょうゆ・酒 各100ml
 みりん大さじ1・おろししょうが少々を鍋に入れ、
 煮立たせたら、サケの身を入れる。

●表面の色が変わる程度にサッと火を通す。

表面の色が変わる程度にサッと火を通す

●身と汁を分けて粗熱をとる。
 ※骨が気になるようであれば、このタイミングで抜く。

●煮汁を使って米を炊く。
 ※今回は米2合で調理してます!
  煮汁を入れて足りない場合は、水を足して調節しましょう。

※※炊いている間に※※
●サケの皮をカリッと焼いて、細切りにする。

※※ごはんが炊けたら※※
●炊飯器の中にサケの身を入れて、ザックリ混ぜて蒸らす。

炊飯器の中にサケの身を入れて、ザックリ混ぜて蒸らす。

●蒸らし終わったら
 ごはん・イクラ・焼いた皮・刻みのり
 きれいに盛り付けたら完成!!

ごはん・イクラ・焼いた皮・刻みのりをきれいに盛り付けたら完成!!

☆ポイント☆
米とサケの身は一緒に炊き込まない!
身はサッと火を通し、炊き上がったごはんの上で蒸らす。
これでフワっとやわらかいサケの身を
楽しめますよ~。

はらこ飯って、宮城県の郷土料理ですよね。
でも、サケとイクラがあるなら
家でも簡単に作ることができるから
青森の人も、もっと作っても良さそう・・・

あなたの家のレシピに
加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷
 果菜・洋菜類が県外の産地に徐々に
 切り替わってきた

◇価格は平年並み

◇今後は・・・
 順調に入荷し落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇柿・みかんを中心に順調な入荷
◇県産のりんご・スチューベンの入荷も本格化
◇価格は平年並み
◇今後は・・・果物全体的に順調な入荷が見込めそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

青森県産の長ネギがこれからどんどんおいしくなります。

青森県産の長ネギが
これからどんどんおいしくなります。

この季節に大活躍する長ネギは
寒くなるにつれて甘みが増して
様々な料理を引き立ててくれます。
熱を加えると
さらに甘みが出てきますよね。
もちろん生でも!
薬味としても欠かせません。

ネギのにおいの素は
血行を良くして
体を温める効果があるそうです。
いろいろな料理に
長ネギをプラスして
積極的に食べていきましょう!

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物は、青森県産のスチューベン。

青森県産のスチューベン。
鶴田町が作付面積
生産量とも日本一!!

〜スチューベンの特徴〜
・色が濃い。粒の張りがピッチピチ
・味:とにかく甘〜い♪
・果肉:スッキリとした酸味も
皮と身の部分が一番甘いので
口の中でつるりと皮をむいて
種ごと食べる!
皮に残った果汁を吸い尽くすのが
良い食べ方です。

少し残ってしまったら
ラップなどをかけて
野菜室に保存して乾燥を防ぎましょう。

でもやはり!!おいしいうちに
ぜ~んぶ食べちゃいましょう。

ことしのスチューベンは
いつもに増して甘いそうですよ。
2月頃まで、この甘さを楽しめますから
この冬はスチューベンを食べて
乗り切っていこう!

市場情報もいよいよ
来月がことし最後の放送となります。
年末年始のお買い物の参考に
来月も、テレビもラジオも
是非、見て聞いて楽しんで下さい。

 

 

 

投稿者:髙橋泉 | 投稿時間:16時25分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年10月02日 (水)~10月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

10月の市場情報 水揚げ状況

<日本海側>

◇ヒラメ・カレイ・ソイ類・ブリ類

<下北から八戸の太平洋側>

◇スルメイカ
◇八戸方面・・・イワシ

イワシは脂があって、しかも栄養価が高い、
値段が安い、食べておいしい!

<陸奥湾内>

◇ヒラメ・マダイ・ブリ類

<養殖ホタテ>

◇成貝の出荷はほぼ終了で、来年に向けて
 分散作業真っただ中
 来年のホタテは、今年以上に期待できるそうですから
 楽しみですね~♬

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月は秋サケがおすすめ!

今月は秋サケがおすすめ!
ここ何年か不漁が続いて、店頭から姿を消していましたが、
今年はまずまずの出足ですって。
自分でイクラを作っちゃいましょう。

《イクラのしょうゆ漬け》

漬けダレはしょうゆ・酒・みりん 各同量

これらを鍋に入れて煮切る。
だし昆布を入れたら、冷蔵庫で冷やす。

生筋子を用意して、
ボールに60℃くらいのお湯を用意し
その中へ筋子を入れる。

生筋子を用意してボールに60℃くらいのお湯を用意しその中へ筋子を入れる

熱いうちに筋子をほぐす
※やけどに注意してください。ゴム手袋を使うといいかも!

お湯の中で粒が白くなるので
煮えたのかな?と思っちゃいますが
ちゃんとピカピカのイクラに戻りますから!大丈夫!
筋子がほぐれたら、2~3回ほど水を取り替える。

きれいになったら、ザルに開けて塩を2振り。
まんべんなく混ぜる。

きれいになったらザルに開けて塩を2振り、まんべんなく混ぜる。

この塩を振って~1・2・3!!
混ぜているうちにあら不思議!!
粒がきれいになっていきます。

サッと水洗いをしたら、10分くらい水けを切る

冷ましておいた漬けダレに10分ほど漬けて
ザルに開けたら完成です!!

冷ましておいた漬けダレに10分ほど漬けてザルに開けたら完成です!!

もう、いくらでも見ていられるし
食べれば食べたで、いくらでもごはんがすすむしで
大満足の味!ですね。

 
~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷
 価格も落ち着いている

◇今後も引き続き順調な入荷で
 落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇柿・梨・ブドウを中心に、おおむね順調な入荷

◇県産のりんごやスチューベンなど
 ブドウの入荷が増えてきた
 価格は平年並み

◇今後は全体的に順調な入荷が見込めそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

今は収穫の最盛期とあっておいしいゴボウがたくさん出回っています。

今は収穫の最盛期とあって、
おいしいゴボウがたくさん出回っています。

青森県はゴボウの生産量が日本一!
夏場に冷たいヤマセの吹く太平洋側が主な産地。

青森のゴボウは肌が白い、香りが強い
身がしまっていて、シャキシャキの食感が
高い評価を受けているんですって。

今岡さんのオススメはカレーにゴボウを入れること!
カレーのスパイシーさの中から
ゴボウからうまいだしが
じわじわと出てきておいしいそうです。

食物繊維が豊富でヘルシーな野菜、ゴボウ。
皆さんはゴボウ料理で好きなメニューは何ですか?

ゴボウを調理するなら
皮の周りにうまみ・香りがあるので
皮は落としすぎないように調理してください。
そして、保存はゴボウを乾燥させないように
日陰の涼しい所や野菜室で保存して下さいね!

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物 今年も順調に生育している柿。

今年も順調に生育している柿。
甘くておいしい柿が食べられるこの時期がやってきました。

まろやかな甘みたまりませんね~。
秋が来たんだな~と柿を食べながらしみじみ・・・

柿は1個で1日分のビタミンCがとれるそうです。
お酒を飲む方は、もうご存じかもしれませんが
二日酔いにもいいそうです。
柿に含まれる成分が、アルコールを分解して
外に出してくれるんだとか。

そういえば・・・居酒屋でお通しに
柿のサラダが出てきたことがあったんです。
旬の果物だから出てきたと思っていましたが
今考えると・・・
二日酔い効果もあってのことかもしれませんね!

全体がオレンジ色ではなく
少し緑色の部分が見られる柿でも
十分甘いそうです。

今夜のデザートは柿で決まり!!

収穫の秋!
たくさん食べたい物がありますね。
来月は何かな~と、私も市場へ行くのが楽しみです。

今週4日(金)のあっぷるラジオでは
『市場のおすすメモ!』のコーナーがあります。

テレビで紹介しきれなかったことなども
ラジオではお話していただいています。
どうぞ合わせてお楽しみください。

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時43分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月04日 (水)~9月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

9月の市場情報 鮮魚情報

<日本海側>

◇マダイ・メバル類・ブリ類・マグロ

<下北から八戸の太平洋側>

◇スルメイカ
◇下北・・・ソイ類
◇八戸方面・・・ブリ・サバ
※小川原湖のシラウオ・ワカサギが今月解禁になった

<陸奥湾内>

◇ヒラメ・マダイ・ソイ類、養殖ホタテ

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめは、「秋イカ、スルメイカ」です

今月は秋イカ、スルメイカです。
まだまだ不漁の域を脱しませんが・・・
これからゴロが肥ってくる秋イカを余すことなく使い切る
郷土料理『イカのゴロ味噌煮』を紹介します。

《スルメイカのさばき方》

・胴の中に人差し指を入れて、軟骨にそって引きはがす

・胴の中に人差し指を入れて、軟骨にそって引きはがす

・しっかりと握って、ゆっくりと足とゴロを引き抜く

・胴から軟骨を抜き取り、身は輪切りにする

・ゴロについている墨袋を取ったら、ゴロと足を切り離す

・ゴロについている墨袋を取ったら、ゴロと足を切り離す

・切り込みを入れて目玉をとる

・足の付け根にあるくちばしを、裏から押し出して取り除く

・足を食べやすい長さに切る

・足を食べやすい長さに切る

『イカのゴロみそ煮』

●適当な大きさに切ったゴロと酒大さじ1を入れて、中火で炒める

※つぶしながら混ぜる

※つぶしながら混ぜる

●みそ大さじ1、ゴロと混ぜ合わせ、酒大さじ1でのばす

●イカを入れ、色が変わってきたら
一味とうがらしを振って、出来上がり!

イカを入れ、色が変わってきたら、一味とうがらしを振って出来上がり!

  ネギなどを散らして、盛り付けてもいいですね!

ネギなどを散らして、盛り付けてもいいですね!

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷、価格も落ち着いている

◇今後もおおむね順調な入荷、落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に入荷は少なめ

◇県産のスイカ・メロンは、終盤を迎えている

◇県外産は高温などの、天候不順の影響で入荷は少なめ
価格も高め

◇今後は高温などの天候不順の影響も心配されるが
おおむね順調な入荷見込み

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜はだいこんです。

県内の野菜生産で一番の作付面積と
出荷量が多いのがだいこん!
これから秋に向けて、おいしい青森のだいこんが
どんどん入荷するとのことです。

だいこんは消化を助け、腸の働きを整えてくれる!
ということですから、たくさん食べたい秋には
もってこいの野菜ですね。

◆◇おすすめの果物◇◆

 今岡さんが好きな果物 第1位は・・・

今月、おすすめの果物は「なし」です。

関東産、東北産の梨が、どんどん入荷しているそうです。
ことしも天候に恵まれ、とても味がいいとのこと

主な品種は「幸水・豊水」

●「幸水」の特徴

・見た目は少し緑がかっている
・果汁たっぷりで甘さが強い
・シャキシャキ食感

●「豊水」の特徴

・見た目は赤みがかっている
・果汁たっぷりで、甘みと酸味のバランスがいい
・幸水よりも果肉はやわらか

梨好きの今岡さんのおすすめは
“冷凍をする”

食べるときは、完全に解凍せずに
冷凍、もしくは半解凍で食べると
シャリシャリ食感が、シャーベットのようで
おいしいんですって♪

今岡さんはこの凍らせた梨を氷代わりにして
アルコールを楽しんでいるそうです。
おしゃれ~(*‘ω‘ *)

梨好きの今岡さん
秋は飽きるほど梨を食べようと
おっしゃっていました。
よぉし!私も食べ比べるぞ

十五夜に向けて、
秋の果物もどんどん入ってきますから
楽しみですね

市場情報をご覧いただいた皆さま
ありがとうございました
プロが教えてくれる市場情報を見て
お買い物の参考になさってください

宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時56分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年08月07日 (水)~8月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

8月の水揚げ状況

<日本海側>

◇本マグロ・メバル類・ブリ類

<下北から八戸の太平洋側>

◇太平洋側全般・・・サバ・スルメイカ
◇下北・・・ソイ類
◇八戸方面・・・イワシ

<陸奥湾内>

◇マダイ・ヒラメ・イワシ・シイラ

<陸奥湾の養殖ホタテ情報>

今月は幼貝を採る時期で
一時的に水揚げが減るようですが
貝柱も貝殻からはみ出してしまうくらい
おがっているそうですと!!
※おがる(大きくなる・成長する)

◆◇今月のおすすめ◇◆

市場の今月のおすすめ「ホタテ」

ホ・タ・テです!!
あっついはんで氷の上さ乗ったホタテたち
気持ちよさそうだっきゃ~♪

この立派なホタテを使って
『貝焼きみそ』を作りましょう!
貝殻の器がない方やIH調理器でも!
フライパンがあれば大丈夫♪

●ホタテは、貝柱とヒモに分け、ウロを取り除く
 ※ホタテは1~2個お好みで使用

●ヒモは軽く塩でもみ洗いをする

●ヒモと貝柱を食べやすい大きさに切る

●フライパンにだし10mlと
 小さく折った焼き干し(1~2コ)
 入れたら火にかける

●煮立ったところでホタテを入れて少し煮る

●みりん:小さじ1
 みそ:大さじ1を混ぜたものを溶かして入れる

●ホタテに火が入ったら
 卵2コを溶いたものを半分入れ
 ねぎもお好みで入れる

●ザックリ混ぜたら
 残りの溶き卵も入れる
 サッと煮たら火を止める

●貝殻の器がある方は
 フライパンから移し替えたら
 ケ焼きみその完成!!
 ※ケ(貝のこと)

津軽の郷土料理
ホタテの貝焼きみそは
各家庭で味も違いますよね。
宮川家では
父方・・・しょっぱい、母方・・・甘い
正反対なんですよねぇ~。

皆さんのおうちはどうですか?
里帰りしたご家族に
久しぶりに振舞ってみてはいかがでしょうか?

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷
 価格は猛暑の影響もあってか
 消費は鈍く低迷している

◇今後も暑さはしばらく続くとのことで
 消費・価格ともに低迷しそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷

◇県産のスイカやメロンは
 天候に恵まれ順調な入荷

◇価格は落ち着いたものとなりそう

◇県外産の桃の入荷が増えてきた
 今後についても順調な入荷が見込まれ
 価格も落ち着いたものとなりそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

7月中頃から収穫が始まったキミ。

7月中頃から収穫が始まったキミ。
ことしは天気が良くて
昼夜の寒暖の差が大きいので
糖分をたっぷりため込んで
ことしは甘くおいしく
出来上がっているそうです。

キミにかぶりついて食べるときは
ゆでますが・・・
ことしは特に火を使いたくない方が
多いのではないでしょうか。
そこで、試してほしいのが
皮ごと電子レンジに入れて
500Wで5分!
これでOK!なんです。

5分たって取り出すときは
熱いので注意してくださいね。
茎のほうを2センチくらいカットして
ひげの方を持って
勢いよく振ると・・・
あら不思議!?
つるんとキミが出てくるんです。
この、つるんっ!が
たまらなく気持ちいいですよ。
簡単に食べられる方法で
皆さんも県内のキミに
かぶりついちゃいましょう。

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物

スイカの季節になりましたね!
濃密な甘さがたまりません。
ここに塩を振って食べると
さらに甘さが濃くなって
おいしいんですよね。

スイカに塩をかけることによって
スポーツドリンクと
同じような効果が
期待できるそうですから
熱中症予防にも最適です♪

ことしの青森のスイカは
甘く仕上がっているそうですから
この暑さを乗り切るには
スイカが欠かせませんよ。

今回の市場情報の撮影の日は
青森市は朝から暑くて
汗だくの収録となりました。

ここ数日でようやく
心地よい風を感じるようになりましたが
まだまだ暑さは続きそうです。

旬のものを食べて
暑さで疲れた体を
癒してあげてくださいね!

 

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:15時46分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年07月03日 (水)~7月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

水揚げ状況

◆◇水揚げ状況◇◆

<日本海側>

◇ブリ・ヒラメ・マダイ・メバル

※モズクは3年続けての不漁になるかも

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・スルメイカ

◇八戸方面・・・ワラサ・サバ

<陸奥湾内>

◇ヒラメ・マダイ・イナダ・イワシ・ソイ類

<陸奥湾の養殖ホタテ情報>

◇成貝の出荷が安定、成長も良好!!

《その他情報》

◇今月は新物のすじこ

昨年は不漁で高値だったが、

ことしのアラスカは豊漁になりそう

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめはサメ!

今月はサメ!!津軽地方ではお正月のおもてなし料理として

古くから作られてきたそうですが、

お盆にも、サメのすくめを作って

おもてなししてはいかがでしょうか!

本来はサメの頭を煮て、ほぐした身を使って調理する方法、

身をほぐして冷凍したものが、販売されているので

解凍して料理するか、または、身だけで売っているものを

10分煮て、冷めないうちに、ほぐして使う

やり方もあります。

今回は冷凍してあるサメの煮こごりを使って

『サメのすくめ』を作ります。

●大根をおろす

●酢みそを作る

 ・白みそ60g・酢20g・みりん10g・砂糖10g

サメの煮こごりと一緒に、これを全部混ぜて完成です!

サメの煮こごりと一緒にこれを全部混ぜて完成です!

サメのイメージとして、臭いのかな~・・・

そう思っているそこのあなた!!全くクセがないのです。

身もやわらかくて食べやすいですし。本当においしいです。

ビックリしますよ~。ぜひ、食べてみながっ♪

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷 

価格は平年に比べてやや安め

◇今後はおおむね順調な入荷 

落ち着いた価格になりそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に入荷量は少なめ

 価格は平年並み

◇入荷の中心は関東産のスイカ・メロン

◇今後は県産のスイカ・メロン

 山梨・福島の桃が入荷する見込み。価格は平年並み

  

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめの野菜は十和田産のそら豆

十和田産のそら豆!

6月中頃から約1ヵ月、十和田産のそら豆が入荷中です。

そら豆は2つの食感を、楽しめるんですって。

豆やさやで見分けることができちゃうんです。

 

へその緒との接合部分やさやの筋の部分が

へその緒との接合部分やさやの筋の部分が

●緑《しっとりタイプ》

 収穫時期が早めのものでみずみずしい

●黒《ほくほくタイプ》

 豆の栄養補給が完了してでんぷんが多い

 

◇塩ゆでする場合の注意点◇

 ・しっとりタイプは1分30秒

 ・ほくほくタイプは3分目安

 

青森でそら豆?!と、あまり馴染みはないかもしれませんが

期間限定のそら豆を食べて比べて食感を楽しみましょう。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

6月~7月の限られた時期にしか出回らない

季節感あふれる果物といえば・・・

YES!さくらんぼ!!

YES!さくらんぼ!!

こちらは鶴田町産の佐藤錦ですよ。

 

入荷の中心は山形県産ですが

青森県産も平年より早いペースでの入荷。

特にことしは生育が早くて入荷が急増しているとのことです。

 

ことしは青森県オリジナルの新品種「ジュノハート」がデビュー!

県産のさくらんぼが盛り上がってま~す♪

甘~い、おいしい、一つ食べだすと

もう誰にも止められない・・・

旬のさくらんぼをたくさん食べて一緒に盛り上がりましょ~。

青森にはおいしいものがたくさんあります。

「旬のもの」

1年のうちで限られた期間しか食べることができない

「初物」を食べることで寿命がのびる・・・

と聞いたことがあります。

 

暑い夏がやってきますが旬の食材を、皆さんの食事に取り入れて、元気にお過ごしください!

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時29分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年06月05日 (水)~6月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

6月の市場情報 水揚げ状況です。

<日本海側>

 ◇カレイ類・ヒラメ・マダイ・ブリ
 
<下北から八戸の太平洋側>

 ◇下北・・・ソイ類
 ◇八戸方面・・・スルメイカ・サバ

<陸奥湾内>

 ◇ヒラメ・ソイ類・マダイ・ホヤ

<陸奥湾の養殖ホタテ情報>

 ◇東部の方は安定した水揚げ
 ◇サイズも例年に比べて大きい

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月のおすすめは、最盛期を迎えたホヤ。

最盛期を迎えたホヤ。クセのある味に、好みが分かれるかもしれませんが火を通すと!!このクセが弱まるそうです。

今回は、通常&蒸しホヤを作るときのホヤのむき方を教えていただきました。※通常のむき方については、写真つきで昨年の5月の市場ブログでも紹介していますよ。

作業をするときは、大きめの袋の中で行うと、台所も汚れません!!

 

<通常のむき方>

1、ツノが出ている先端を切り落とす

 2、縦に切る

 3、身を開いて肝を取り除く、腸内のゴミをしぼり出す

 4、流水で洗ったら、食べやすい大きさに切る

 

<蒸しホヤを作る場合のむき方>

 根本をきれいにする。

① 根元をきれいにする

②	両方のツノを目印にして縦に切る

② 両方のツノを目印にして、縦に切る

③ 殻付きのままで、腸内のゴミをしぼり出す

③ 殻付きのままで、腸内のゴミをしぼり出す

④ 流水で洗い、ホヤの水けを切る

 

-即席蒸し器で蒸しホヤを作ろうー

 フライパンがあればOKです!

フライパンに少なめの水と小皿を入れる

・フライパンに少なめの水と小皿を入れる

殻付きホヤを入れてフタをして火にかける
 
・殻付きホヤを入れてフタをして火にかける

・沸騰したら、塩少々・酒少量を振り、中火で3~5分くらいフタをして蒸す

・殻の色が鮮やかなオレンジ色になったらOK

殻の色が鮮やかなオレンジ色になったらOK

殻からホヤの身をはずして食べましょう!!

蒸しホヤは冷蔵庫だと10日間くらい

冷凍の場合は、1~2ヵ月くらい保存可能だそうです。

クセがなく、プリップリの食感がたまりませんよ~♬


~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇順調な入荷で価格も平年並み
◇今後は県産野菜が本格的に入荷
 順調な入荷と落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇関東産のスイカ・メロンを中心に
 ハウスもののブドウ・もも・サクランボが入荷
◇全体的に入荷量はやや少なめ、価格は平年並み
◇今後は・・・
 ・スイカ・メロンの入荷は順調に増える見込み
 ・ハウスものの果物は、徐々に露地ものが出てきて、落ち着いた価格になりそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

おすすめ野菜 野辺地産の葉つきこかぶ

野辺地産の葉つきこかぶは、全国的にブランド品として高い評価を受けている

野辺地産葉つきこかぶの特徴

☆やわらかい
☆甘い
☆ジューシー
☆葉っぱもシャキシャキ、まるごとおいしい!!

切り込みをいれたら手で皮がむけちゃうくらいやわらかいんですよね。

切り込みをいれたら手で皮がむけちゃうくらい、やわらかいんですよね。

◆◇おいしさの秘密◇◆

☆夏場に吹くヤマセ・・・、ヤマセが吹くと低温になりますが、この涼しい気候を活かして栽培しています。

☆新鮮なこかぶを出荷するため、生産者の方は夜明け前から、収穫作業をしているのです!!

 

私、初めて野辺地のこかぶを、いただきましたが
本当に甘くてフルーツのように水分も多い!
口の中にこかぶのおいしさがひろがっていき、感動しました♪
生がおいしい“こかぶ”を皆さんも食べてみてください。

 

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめ果物

ニュージーランド産のキウイの入荷がピークを迎えていてお店にもたくさん並んでいますね!
グリーンとゴールドどちらもおいしいですがみなさんはどっち派ですか?

◇グリーンキウイ
・食物繊維たっぷり
・酸味もあるが甘さもしっかり

◇ゴールドキウイ
・1個で1日分のビタミンCがとれる
・甘味が強い

キウイにひとつまみの塩をふって食べれば、熱中症予防に効果があるそうですから、これからの季節にピッタリです!

 

鮮魚情報も!青果情報も!

青森の旬、今が旬の食材話が盛りだくさん♪

毎月1週目の水曜日は、市場情報をお見逃しなく~!(^^)!

 

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時40分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲