2020年9月25日

9月25日 今日のシャモリ


山盛りいっぱいの新米をいただきます!

山盛りいっぱいの新米をいただきます!

9/20 田舎館村 遊稲の館そば 稲作 弥生 (いなさく やよい)さん

ホッカホカ出来たて新米をあふれる位茶わんに盛って、美味しいお岩木米をお腹いっぱい食べるぞー。
垂柳遺跡の秋桜を見に行った時秋空の下稲刈りの最中で、ここで弥生時代の古代米が今も生き続けていることにロマンを感じました。丁度茶碗(下に箸も有)の造形物があったので、バックに岩木山を御飯(雲を湯気?)に見立て、重ねてみました。(茶碗作成者も同様の考え?)


彼岸花

彼岸花

9/24 青森市 大矢沢 じょっぱりさん

秋の彼岸も終わりだが、彼岸花は輝くように満開だった。
暖かい夏の影響か例年より大分早い満開です。
さわやかな秋空に真っ赤につややかだった。


何の幼虫?

何の幼虫?

9/23 わが狭庭 桜梅桃李さん

毎年見るのでアゲハチョウの幼虫かと思っていましたがそうでもないようです。さて何の幼虫でしょうか。

お洒落でしょ

おしゃれでしょ

 去年は七色の羽のチョウに出会えましたが今年は会えなかったので思い出して短歌をよみました。
「柊の葉をひたすらに食う虫が七色の衣(きぬ)をまとい飛び立つ」


愛犬と散歩

愛犬と散歩

9/22 弘前市 堀越城跡 ともともさん

とてもきれいな空を見ながらの、毎日の日課の愛犬との散歩です。(22日)

なんともいえない空を見ながらの、愛犬との散歩でした。(23日)

なんともいえない空を見ながらの、愛犬との散歩でした。(23日)


夜明けの釣り人

夜明けの釣り人

9/22 深浦町・千畳敷付近 藤田則昭さん

早朝西海岸に釣りに出かけた。千畳敷付近の磯で釣りをしている人がおり、日の出の光を横から受けてシルエットに浮かび上がって見えた。急いでカメラを用意してシッターを押した。周りの海も朝焼けに輝やきとても美しかった。


ひとあしお先に稲刈りです

ひとあしお先に稲刈りです

9/22 青森市・羽白野木和 柿崎 孝治さん

この周辺での稲刈りはもう少し後になるそうです。お米を美味しく食べるためのに天日干しの農家さんは速めの稲刈。青森市内では珍しい“はせがけ”という干し方です。

太陽の光の下気持ちよく干されています

太陽の光の下気持ちよく干されています

“はせがけ”という干し方で稲を干しています。とても手間暇かかるそうですが、ごはんを食べた時ひと味違いとても美味しいそうです。青森市内では珍しい干し方になりました。毎年見て感動しています。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:10時41分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲