2019年10月30日

「宝メシグランプリ2019(東北ブロック)」土田 翼


秋が深まってまいりました。
朝晩も、少しずつ冷えてきましたね。
1か月後には、雪景色ですかね。

地元の方は
雪はもうこりごりだと話される方が多いのですが、
私は雪が大好きなので待ち遠しいです!
今年の冬は、ウィンタースポーツに挑戦しよう!

今回は、10月14日(月)に放送された
【お取り寄せ不可!?列島縦断・宝メシグランプリ2019】
について書きます!

全国を8つのブロックに分け、
地域ごとにその土地でしか食べられない
絶品料理「宝メシ」を発掘。
スタジオの審査員と視聴者投票で
「No.1宝メシ」を決めるという番組です!

私は、東北ブロックのプレゼンターを担当しました!
一緒にプレゼンターを務めて下さったのは、
元 乃木坂46の生駒里奈さんです!

生駒さんは、秋田県の由利本荘市のご出身で
東北にゆかりがあります!

生駒さんは、秋田県の由利本荘市のご出身で東北にゆかりがあります!

「縄文人が愛した食材!古の宝メシ!」というテーマで
縄文時代から食べられている食材を使った
宝メシを探しました!

私たちが発掘した
東北ブロックの宝メシは、こちら!

こちらは、お米で作った漬物「すしこ」です!

皆さん、何かご存知ですか?

こちらは、お米で作った漬物
「すしこ」です!

写真の「すしこ」には、山ぶどうが使われています!
実は、山ぶどうは縄文時代の遺跡から見つかっている
縄文食材なんです!

「すしこ」という名前は、聞いたことがあったのですが、
初めて実物を見ました!

以下、宝メシグランプリ2019のホームページより
「すしこ」の解説です!

「すしこ」とは
青森県津軽地方や秋田県北部で見られる
「お米の漬物」で赤い色が最大の特徴。

一般的には赤じそで色づけされ、
きゅうりの古漬けなどとともに漬けられるが、

一部の家庭でヤマブドウを使うことも。
田植えや稲刈りの時期、

丸1日外で働く農家が携帯していたという。
炊きたてのご飯(もち米やうるち米)に熟した
ヤマブドウを種と皮ごと混ぜ、

塩をふり漬物樽で3~5日ほど常温で漬ける。

当日、スタジオでは生駒さんが作った「すしこ」を
審査員の皆さんに召し上がって頂きました!

「すしこ」を作るにあたって
材料となる山ぶどうは
岩木山の山麓で探しました!

道中で、アケビやクルミなども見つけました!
※アケビやクルミも縄文食材です。

道中で、アケビやクルミなども見つけました!

山ぶどうは、日当たりの良いところ程、
実が大きく糖度が高くなります!
そこで、丈を延ばすことのできる枝切ばさみを使って
木の上の方に実っている山ぶどうを収穫しました!

丈を延ばすことのできる枝切ばさみを使って、木の上の方に実っている山ぶどうを収穫しました!

丈を延ばすことのできる枝切ばさみを使って木の上の方に実っている山ぶどうを収穫

丈を延ばすことのできる枝切ばさみを使って木の上の方に実っている山ぶどうを収穫

丈を延ばすことのできる枝切ばさみを使って木の上の方に実っている山ぶどうを収穫

丈を延ばすことのできる枝切ばさみを使って木の上の方に実っている山ぶどうを収穫

山ぶどうの収穫後は、
深浦町の山本千鶴子さんのお宅で
「すしこ」作りを行いました!

作り方は、とても簡単!

山ぶどうの実を
一つ一つ房から外します!

山ぶどうの実を一つ一つ房から外します!

炊き上がったもち米に塩と山ぶどうを加えて
混ぜます!

炊き上がったもち米に塩と山ぶどうを加えて混ぜます!

混ざったら、後は漬物樽に入れて
1週間ほど発酵させたら完成です!

その後、山本さんが漬けた「すしこ」を頂きました!

色合いもキレイで、お米が見事に漬物の味になっていました!


その後、山本さんが漬けた「すしこ」を頂きました!
色合いもキレイで、お米が見事に漬物の味になっていました!
美味しかった!
口に入れると、
ほんのりワインのような香りがします!

 

番組の中で
今回、「宝メシNo1.」を獲得したのは、
中国ブロックの「干し柿の天ぷら」でした!

プレゼンターは、
お笑い芸人 かまいたち の
山内健司さんと
松江放送局の
長谷川史佳アナウンサーでした!

実は、長谷川アナウンサーは、
私と同期入局です!
一緒に記念写真を撮影しました!

実は、長谷川アナウンサーは、私と同期入局です!

他にも、
四国ブロックでプレゼンターを務めた
宮崎あずさアナウンサー

東海・北陸ブロックの
豊島実季アナウンサーも同期です。
同期と一緒に仕事ができて
幸せでした!

去年は、下北半島の郷土料理で
ミズタコの内臓を使った料理
「どうぐ汁」を紹介しました!

青森に住んで間もなく1年半になりますが、
まだまだ知らない郷土料理がたくさんあるんだな~と
改めて実感しました!
皆様のお住いの地域で
あまり知られていない郷土料理がありましたら
是非、私に教えて下さい!

【縄文食材 番外編】
生駒さんの頭がすっぽりと入ってしまいそうな
こちらの生き物も縄文食材です。
一体なんでしょうか?

生駒さんの頭がすっぽりと入ってしまいそうなこちらの生き物も縄文食材です。

正解は、

(お店に商品として並んでいる様子です!)サメです!

(お店に商品として並んでいる様子です!)

サメです!
サメも縄文時代の遺跡から骨が見つかったそうです!
今でも、青森県内のお店で販売されています!
県外の方で
青森にいらっしゃった際は、是非お店の鮮魚コーナー
をご覧になってみて下さい!

 土田 翼

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:17時12分 | カテゴリ:アナキャス | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

10月30日 今日のシャモリ


「夜明け前の朝焼け」

「夜明け前の朝焼け」

10月29日 八戸市種差海岸・中須賀 くぼやんさん

朝日を撮ろうと早朝出掛けたが、残念!!

天気予報は晴れだが、日の出前一瞬

約「30秒」朝焼けが見られた。

後はくもり空が続いた。

水平線には厚い雲が見られなかったが、

自然は不思議なもんだなと思いました。

かえって太陽は出ず「きれいな朝焼け」を

見ることが出来ました。

「秋深まる朝」

「秋深まる朝」

10月25日 八戸市長苗代 澤向武雄さん

寒い~朝、ちょっと早起きして、散歩に出かけました。

帰り道、空を眺めると見事な朝焼けでした!

「晩秋の美 」

「晩秋の美」

10月27日 むつ市桜木町水源地付近 ナズナさん

10月も末なのに躑躅(つつじ)が咲いて、

紅葉とコラボしていました。

好きな散歩道に春と秋と赤の競演は、

贅沢な景色の中にいるような気がしました

小さいけど豊かな秋の一枚送ります。

「晩秋の八甲田」

「晩秋の八甲田」

10月21日 十和田市惣部バイパス付近 板橋則穂さん

例年より遅く始まった紅葉も里に下り始めた頃、

惣部バイパスの高台より望む八甲田連峰は

晩秋を迎えていました。

そう遠くなく白い景色に変わることでしょう。

「青森湾の朝焼け」

「青森湾の朝焼け」

10月29日 青森市フェリー航路付近 タイタニックさん

仕事の始まりは日の出前ですから、

天気の良い日はこんな絶景が観られます。

自然が作り出す素晴らしい色に感動です。

「岩木山にハクチョウと月」

「岩木山にハクチョウと月」

10月16日 藤崎町 エーケーワイさん

岩木山の紅葉撮りに行った所、

餌場に向かうハクチョウが飛んで

お山の上に月が残っており、撮れてラッキーでした。

「燃える紅葉」

「燃える紅葉」

10月27日 三戸中央病院 千葉さ那さん

燃えるような赤色です。

赤く染まった庭の景色に、気持ちも安らぎます。

「暖かいにゃあ」

「暖かいにゃあ」

10月29日 青森市 糟谷晴彦さん

朝晩大分冷え込みが厳しくなり

暖房の効いた部屋でお昼寝です。

暖かくて気持ちいいニャー!

「アートだ、お見事! 」

「アートだ、お見事!」

10月29日  青森市大釈迦国道付近 ボンヨーコさん

梵珠山散策の帰りみち、

こんな素晴らしいアートに出会いました。

リンゴを背景に大根が気持ちよく踊っているようでした。

感動!

「ふわふわのマフラーみたい!」

「ふわふわのマフラーみたい!」

10月26日 つがる市 ボンちゃんさん

つがる市を車で走っていたら岩木山が綺麗でした。

寒くなってきたので、真っ白なふわふわのマフラーを

巻いているようでした。

「我が家の紅葉」

「我が家の紅葉」

10月30日 八戸市 慶長良一さん

自宅の庭で、左ミセバヤ、右モミジの紅葉を楽しでいます。

「放射冷却の霧に映える樹木 」

「放射冷却の霧に映える樹木 」

10月30日 田子町 グッドメーカーさん

早朝、いつもの散歩道で朝霧に映える樹木です。 

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時40分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲