2019年9月

9月30日 今日のシャモリ


「のび〜〜〜 」

「のび〜〜〜 」

9月26日 三戸町 こうめさん

買ってきたあさりの砂抜きをしていたら、

ひとつがすごい伸びていたので撮りました。

「う、う~これは厳しいかも~ 」

「う、う~これは厳しいかも~ 」

9月26日 青森市六枚橋川 ロングヘルプさん

ダイサギくんが、大きな獲物(鰈)を咥えたまま

暫く四苦八苦していたので、

これは諦めるだろうと成り行きを眺めていたのですが、

とうとう一気に飲み込んでしまいました。

アゴの限界を超えた執念に脱帽です。

「富士見湖の舞」

「富士見湖の舞」

9月27日 鶴田町 佐藤るり子さん

夕暮れ時の富士見湖は、夕陽と雲と湖が 一つになって、

まるで、大空での『舞』を見ているようでした。

ほんと、素敵でした。

「ちょっとひと休み?(*´ω`*) 」

「ちょっとひと休み?(*´ω`*) 」

9月21日 弘前市内のりんご畑 まん丸ちび助さん

りんご畑で、午後の休憩中に、赤トンボが飛んで来て、

何気無く手を出したらうまく止まってくれて

ちょっとビックリした。

「贅沢な展望台 」

「贅沢な展望台」

9月28日 高田大岳山頂 シャモってらじゃさん

八甲田連邦で2番目の標高を誇る高田大岳は、

岩木山のシルエットを背景に、

八甲田の山々を望め、大岳の噴火口まで見えちゃう、

なんとも贅沢な展望台でもありました。

「キノコ採り 」

「キノコ採り」

9月28日 階上岳 はじめさん

ナラタケが切り株に群生していました。

豚汁に入れて食べようかな。

ナラタケのことを、八戸では「カックイ」と呼びますが、

津軽では「サモダシ」と言うようです。

 

「秋の香り 」

「秋の香り」

9月29日 田舎館村・役場付近 じょっぱりさん

間もなく10月、気温も秋らしくなり、菊薫る秋となった。

菊が咲き乱れ、この日は田んぼアートの稲刈りの皆さんが

刈り取りに精を出す。

この様子を村の天守閣?は見守っています。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時21分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

≪9月27日(金)のあっぷるラジオ≫ 宮川香織


今日のあぷラジメンバーは

伯龍さんと菅井さん、みやかわです。

今日のあぷラジメンバーは伯龍さんと菅井さん、みやかわです。

渋谷伯龍さんです。高校の頃は登山に夢中だったそうです!

菅井千絵です!2回目の登場です!得意なのは運動だけじゃないですよ!

宮ちゃんこと宮川香織です!わたしの“秋活”は…新米が楽しみです!!

『お国ことばの音辞典』

お題は「わらし」と「あべ」

「わらし」・・・子ども、「あべ」・・・行こう

といった意味です。

今回のあっぷるラジオ大賞は!!

弘前市の鈴木 英二郎さん

『人間味「あべ」と言い合う 友多き』

今回のあっぷるラジオ大賞は!!弘前市の鈴木 英二郎さん

『人間味「あべ」と言い合う 友多き』

メールや電話だけじゃなく、やっぱり直接会って

親しい友人と顔をあわせることが、嬉しいですよね。

いつまでも皆さん、元気にお過ごしください!


英二郎さん

あっぷるラジオ大賞、おめでとうございます♪


《その他、紹介した5句》

●忘れない わらしの心 いつまでも

●「このわらし!」あっぱ屁したの わのせにし

●わらはどの おがった姿に あばたまげ

●わらはどに 盆玉あげに都市(まち)さあべ

●なんぼあべって 誘っても行がね ガン検診


今回もたくさんの投句をありがとうございました!

東京や愛知、なんとブラジルからも方言川柳が届いております。


川柳にチャレンジしようかな?と思っている方

投句をお待ちしていますよ。

皆さんから投句していただいた内容をもとに

あっぷるラジオでは“伯龍劇団”として

お国ことばのやりとりを再現を交えながら演じて

楽しくお伝えしています!


聞き逃してしまった方、もう一度聞きたい方は

NHKラジオらじる★らじる』で!


9月も残りわずか・・・涼しくなってきて

衣替えの季節でもありますね。

季節の変わり目は、体調を崩しやすいですから

みなさんもお気をつけください。

11月にはあっぷるラジオSPを

公開生放送でお送りする予定です。

詳しいことが分かり次第

みなさんにもお伝えします!

お楽しみに!

ではまた来週、お耳にかかりましょう♪

最後に今週の一言です。

菅井 智絵 キャスター

宮川 香織 パーソナリティー

宮川香織

 

 

 

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:18時31分 | カテゴリ:あっぷるラジオ 気まぐれ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月27日 今日のシャモリ


「秋日和」

「秋日和」

9月26日 鶴田町 ボンちゃんさん

朝撮影しました。

富士見湖周辺を散策していたら、

富士見湖に沿ってジョギングしている人がいて、

彼岸花も秋の空にきれいでした。

「小枝の天使」

「小枝の天使」

9月26日 十和田市 よねちゃんさん

とびっきりの青空に誘われ、八甲田までドライブ。

焼山温泉郷から山道を進み、

途中の湯の台で見つけた木のアートです。

小枝の天使が、空に向かって、飛んでいきそうに見えました。

「実りの秋島守盆地 」

「実りの秋島守盆地 」

9月26日 八戸市 やなちゃんさん

三八地区の稲刈りも一部で始まっており、

もうすぐ本格的な刈り取りが始まります。

豊作を願っています。

「後光差す蕪島」

「後光差す蕪島」

9月25日 八戸市 わかめちゃん。さん

職場からの帰り道、毎日見る風景。

毎日見るからこそ季節を感じます。

この写真は25日の撮影ですが、

次の日全く同じ時間に通ると、

日が落ちすぎていて同じ写真は撮れませんでした。

秋が深まり、冬へ向かっていることをしみじみ感じました。

衣替えの季節ですね。

「下弦の月」

「下弦の月」

9月26日 青森市 タイタニックさん

仕事に出る時間に、下弦の月とベイエリアの

コラボレーションがとてもきれいでした。

「お化けかぼちゃさんご苦労さん!」

「お化けかぼちゃさんご苦労さん!」

9月22日 六戸町 初心者のじぃじさん

稲穂も黄金色になりまもなく収穫を迎える時、

「お化けかぼちゃの守り主」さんが

すずめからコメを守り、豊作を見守っていました。

「雲の棚田!?」

「雲の棚田⁉」

9月24日 新青森県総合運動公園 はなちゃんのばあやさん

台風が通り過ぎて、黒い雨雲の間から

能登半島で見た棚田を思わせる雲が広がっていました。

本格的な秋ですね。

「秋色の風」

「秋色の風」

9月26日 八戸市 千葉ななさん

高く青い秋空が広がります。

爽やかな風、風に揺れる秋の花。

快晴の日、気分は晴れ晴れです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時42分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月26日 今日のシャモリ


「『お山』と黄金色の秋~っ!」

「『お山』と黄金色の秋~っ!」

9月25日 平川市 じぃじ・スナフキンさん

田んぼは、緑色のじゅうたんから

黄金色のじゅうたんに模様替えし、

あとは収穫を迎えるばかりです。

大雨や台風の影響も少なく、

津軽は実りの秋真っ盛りです。

その光景を、「お山」はどっしりと見守っているようです。

「まるっと 秋」

「まるっと 秋」

9月20日 五所川原市 佐藤るり子さん

いつも通る道の栗の木に、たわわに実る栗!!

食べたら、おいしいんだろうなぁ♪

「くり園のボルダリング」

「くり園のボルダリング」

9月25日 三戸町 千葉正明さん

栗の収穫のシーズンになりました。

イガに、しっかりとつかまって落ちません。

ひっクリ返っても離れません。

東京オリンピック、ボルダリングの選手に内定しないかな。

「夕方のドライブにて」

「夕方のドライブにて」

9月25日 五所川原市 ブラジルの裏の姪っこさん

すっかり日が暮れるのも早まりましたが、

雲の隙間からこぼれた光がとてもステキでした。

「みのりの秋」

「みのりの秋」

9月24日 おいらせ町 アグリの里 オカズちゃんさん

町内の観光施設にあるぶどう棚のぶどうが

すっかり熟し、甘い香りを漂わせていました。

みのりの秋になってきましたね。

「八甲田の秋」

「八甲田の秋」

9月25日 八甲田山 ジーナさん

朽ち果てていた八甲田大岳山頂標識が

やっと新しくなったというので見に行きました。

立派にできていました!

途中の毛無岱の草紅葉がすっかり秋の風情、

木道が岩木山まで続いているような・・・、

秋はこれから山から里へ下りていくんですね。

「オクラの花」

「オクラの花」

9月24日 青森市 百坪百姓さん

土いじり仲間に勧められ、

ことし初めてオクラに挑戦してみました。

今が収穫時で朝夕、ネバネバ健康食として食しています。

花がきれいで毎日眺めて楽しんでいます。

「うろこ雲」

「うろこ雲」

9月24日 七戸町 ひらりさん

うろこ雲を遮っているのは飛行機雲です。

黄金に輝く稲穂が、さわやかに秋の風景を映し出しています。

「雲の岩木山」

「雲の岩木山」

9月16日 青森市 SIGEHIROさん

夕日になっても見えます。

「森林の青森市街」

「森林の青森市街」

9月16日 青森市 SIGEHIROさん

町のように見えます。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:17時36分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月25日 今日のシャモリ


「秋ですね!アケビが口を開いてます」

「秋ですね!アケビが口を開いてます」

9月24日 田子町 グッドメーカーさん

朝の散歩の途中、垣根のアケビが口を開いていました。

実はとらず、写真を撮(と)ってきました。

「バッタさんこんにちは!」

「バッタさんこんにちは!」

9月22日 六戸町 初心者のじぃじさん

散歩の途中、田んぼの道路脇で、虫取りが大好きな孫が

目を輝かせて「目玉のかわいいバッタ」を

あきらめないで「捕まえた!」と

喜んで遊んでいました。

「我が家の秋 アケビ」

「我が家の秋 アケビ」

9月23日 八戸市 齊藤 玲子さん

庭のアケビが今年もたくさん実をつけました。

カラスや他の鳥に食べられないうちに、と写真を撮った後、

さっそく父が収穫しました。

「変わった雲」

「変わった雲」

9月24日 佐井村アルサス近く ハルさん

台風後で、色んな雲が…

「彩雲」

「彩雲」

9月24日 平川市オープンガーデン「大きなくりの木の下で」
くーさん

台風が過ぎ、天気の回復した本日の午前中。

空に浮かぶ雲がキレイだったので、見上げていたら、

太陽付近の雲が、虹色に光り始め、

しばらくの間、彩雲を楽しむことができました。

「桃栗三年」

「桃栗三年」

9月24日 大鰐町 みおにゃんさん

スーパーで買ってきたパイナップルのヘタの部分を

プランターに植えた、3年目で実がなりました。

完熟してる感じだったので、食べてみたら

甘くておいしかったです。 

「木の葉に赤みがさしてきました。」

「木の葉に赤みがさしてきました。」

9月24日 おいらせ町下田公園 オカズちゃんさん

台風一過、空は青く澄み渡っています。

朝夕と昼の温度差が大きくなってきたせいか、

葉に赤みがさしてきた木が出てきました。

いよいよ、紅葉を楽しむ秋がやってきます。

 

「生まれ変わった山頂の標識」

「生まれ変わった山頂の標識」

9月22日 八甲田大岳頂上 米内山久生さん

日曜日の午後4時半過ぎ、

八甲田大岳山頂の標識が新しくなりました。

ちょうど10分前に工事が終了し、

1番目に写真を撮影することができました。

この標識が、これから多くの登山者を

迎えてくれることになります。

新しい標識完成の瞬間に立ち会うことができて

感激です。

「空の神様」

「空の神様」

9月24日 弘前市 カルトーシカさん

この空は神様が創ったのに違いない。

人間の言葉では説明しがたい何か超越的な世界。

9月24日 午前10時、東南方向の空です。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時53分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月24日 今日のシャモリ


「カマキリの卵の伝説」

「カマキリの卵の伝説」

9月16日 青森市 カズノコさん

ミョウガ苗の茎にカマキリの卵を発見しました。

カマキリが産んだ卵の位置で、雪の深さを推測する、

という話を聞いたことがあります。

地上20センチ程の低い位置なので、

今冬は雪が少ないのでしょうか?

期待します!

「秋うらら」

「秋うらら」

9月20日 十和田市西15番町 のんちゃんさん

買い物に行く途中に思わず、きれいだな、

まさしく秋だな、と足を止めて撮影しました。

「咲き始め『ハマギク』!!」

「咲き始め『ハマギク』!!」

9月20日 八戸市種差海岸・中須賀 窪田輝雄さん

今日は晴天の微風で、潮風が気持ち良かったです。

北限の花「ハマギク」が咲き出していました。

遊歩道の側で満開の木があり、

俗称「大岩」をバックに入れてみました。

「今年もたくさん咲いていました『アケボノソウ』」

「今年もたくさん咲いていました『アケボノソウ』」

9月20日 八戸市種差海岸・釜の口 くぼやんさん

花は小さいが模様がユニークな花です。

種差海岸の一画に数年前から群生して開花しています。

よっぽど居心地(環境条件)が良いのでは、と思います。

「熱帯のドラゴンフルーツ」

「熱帯のドラゴンフルーツ」

9月20日 ブラジル・アラポンガス市 工藤春治さん

ブラジルで、自分の庭のドラゴンフルーツの花です。

中南米などの熱帯雨林が原産のトロピカルフルーツです。

完熟のフルーツはおいしく、栄養たっぷりです。

(ブラジルから八戸市中継で投稿します。)

「お彼岸の花一輪」

「お彼岸の花一輪」

9月21日 弘前市・最勝院 じぃじ・スナフキンさん

弘前市の最勝院・五重塔と、近くで咲く彼岸花です。

本堂側には沢山咲いていましたが、

五重塔付近では1・2本しか咲いていませんでした。

膝をついて、ローアングルから撮影しました。

五重塔に捧げる様な、花一輪です・・・。

「刈り取りを待つ黄金色の津軽平野」

「刈り取りを待つ黄金色の津軽平野」

9月21日 稲垣町の水田地帯 成田悦雄さん

隣町の稲垣町に用事があり、水田地帯を車で走っていたら、

黄金色の水田地帯と岩木山とのコントラストが

何とも言えず、車を止めてパシャリです。

津軽平野の稲刈りも一部では始まっており、

もうすぐ本格的な刈り取りが始まります。

豊作を願っています。

「月下美人?」

「月下美人?」

9月20日 平川市 NANDAさん

早起きな私に似たのか、

夜咲くはずの月下美人が朝咲いていました。

「コスモスのお味はいかが?」

「コスモスのお味はいかが?」

9月12日 弘前市 カルトーシカさん

ヒメアカタテハが夢中で蜜を吸っています。

花のしべに差し込むストローも写っています。

コスモスがおいしいかどうかなんて、

今まで一度も考えたことはなかったけれど、

ちょうちょさん、コスモスのお味はいかがでしたか?

「岩木山に帽子が」

「岩木山に帽子が」

9月23日 黒石市高賀野地区の黒石観光リンゴ園
えっちゃほーさん

帽子を掛けた様な雲が

岩木山にかかっていたため、送ります。

台風の影響がないことをお祈りします。

「美しい姿のアゲハチョウ」

「美しい姿のアゲハチョウ」

9月20日 八戸市 浪打武彦さん

庭に咲いているダリアの花を求めて、

アゲハチョウがやって来ました。

この蝶の寿命は2週間だそうです。

来月はもう見れなくなるのですね・・・。

「上へ上へ!」

「上へ上へ!」

9月21日 青森市桜川4丁目地内 津幡順二さん

地面のコンクリートと、土の間から生えた蔦が、

ブロック塀を伝い、上へ上へと伸びています。

鯉の滝登りならぬ、蔦の塀登りです。

明日はもう少し、伸びているでしょう。

「マガモの仲良しカップル。」

「マガモの仲良しカップル。」

9月22日 青森市六枚橋川 ロングヘルプさん

渡りはこの辺で終わりにして冬はここで過ごそうよ、

とでも相談してるのかなぁ。

この鳥が帰って来たら、いよいよ稲刈です。

「湖畔の紅葉と赤トンボ」

「湖畔の紅葉と赤トンボ」

9月21日 深浦町・十二湖 ホリさん

小さな紅葉を探しに、十二湖へ行ってきました。

全体としてはまだまだ深緑なのですが、

部分的に目を見張る紅葉に出会いました。

しかも真っ赤なトンボが止まっているのを

危うく見逃すところでした。

例年なら10月下旬が見頃なのですが、

今年は早まる予感です。

「十二湖を見おろす」

「十二湖を見おろす」

9月19日 深浦町・十二湖大崩 ホリさん

十二湖の大崩れに登ってきました。

紅葉には少し早いですが、

最後の深緑の十二湖を見おろすことが出来ました。

絶景でした。

「秋空」

「秋空」

9月17日 八戸市・蕪島 森山貴文さん

蕪島に行ってきました。

うみねこのいない蕪島でしたが、

ぬけるような秋の空と、再建される神社さんと、静かな海と。

これもまた、いいものでして、癒やされる風景でした。

「大賀ハスの秋」

「大賀ハスの秋」

9月23日 菩提寺・対泉院 慶長良一さん

夏にきれいな花を見せてくれた大賀ハスが秋を迎え、

トンボの休憩場所になっていました。

「ランタナ」

「ランタナ」

9月23日 八戸市 慶長良一さん

義兄頂いたランタナが「私を見て」と、

今年も咲いてくれました。

「『人』という文字に見える滝の流れ」

「『人』という文字に見える滝の流れ」

9月22日 梵珠大滝(松倉神社口近く) ふじさきのシニアさん

梵珠大滝は今の時期、水量が少なく、

水の流れが「人」という文字に見えます。

見ていると引き込まれそうで、

祈りにも似た雰囲気が漂っていました。

昔、地元の人が信仰心を持って祈っていた、

というのがわかるような気がしました。

「実家から見える朝焼け」

「実家から見える朝焼け」

8月19日 むつ市 ぶたさん

初めて投稿します。

わたしは、むつ市の出身で、

現在は関西で教員として働いています。

毎年お盆とお正月に帰省をして、欠かせないのは

「あっぷるワイド」を観ることです。

「あっぷるワイド」を観ると、

青森に帰ってきたことの実感や嬉しさを感じます。

県内の出来事を出演されている方々の温かい雰囲気と

楽しい映像で伝えてくださる素敵な時間が、

都会で疲れきった心を癒してくれます。

今年のお盆休みの帰省時、早朝にふと窓の外を見たら

とてもきれいな空模様に感動して、

思わずシャッターを切りました。

このきれいな空をみると、青森に居たい気持ちが強まり、

仕事モードに切り替わるのが大変です。

今ではこの写真を励みに

頑張って仕事に向かっています。

 

「紅葉近し」

「紅葉近し」

9月20日 八甲田山 成田敏春さん

八甲田の大岳に登ってきました。

所々紅葉が始まっているところもありました。

毛無岱の草紅葉もまもなく紅く染まるようです。

大岳山頂は強風と寒さで大変でしたが、展望はよかったです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時24分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

≪9月20日(金)のあっぷるラジオ≫宮川香織


今日は先週に引き続き

あっぷるキャスターは赤坂さん

そしてみやかわでお送りしました。

あっぷるキャスターは赤坂さん、そしてみやかわでお送りしました。

赤坂理菜です。スポーツ大好き!筋肉痛も快感です!

宮ちゃんこと宮川香織です。秋冬の長袖に切り替えるの、面倒ですよね…

今週は『みんなで大楽語』だったのですが

三遊亭大楽さんはお休みでした。

というのも・・・大楽さんは入院中なんです。

早く回復して、またあっぷるラジオへ

帰ってきてくださいね。



そんな大楽さんから、今回は指令が!!!



「〇〇とかけて◇◇ととく。そのこころは?」という

『なぞかけ』に挑戦するように!



なかなかハードルの高い

厳しい指令でした・・・



出来栄えはともかく・・・

みんなで『なぞかけ』にチャレンジしましたよ。



お題は『シュークリーム』と『マラソン』です。



赤坂:なぞかけ

シュークリームとかけまして「酒屋」ととく

その心は「しゅるいが豊富です」※種類・酒類



マラソンとかけまして「恐山」ととく

その心は「つかれます」※疲れます・憑かれます



宮川:なぞかけ

シュークリームとかけまして「盆踊り」ととく

その心は「どちらもおんどが大事です」※温度・音頭



マラソンとかけまして

「2020年東京五輪」ととく

その心は「きけんのないようにお願いします」※棄権・危険



アミーゴ:なぞかけ

シュークリームとかけまして「秘密」ととく

その心は「どちらも人に見つからないように

隠すことが大切です」



マラソンとかけまして「満月」ととく

その心は「どちらもかけていきます」※駆けて・欠けて



…実は他にも考えていたんですが

ラジオでは時間が足りず紹介できませんでした。

せっかくなんでブログでご紹介します。



赤坂:なぞかけ

シュークリームとかけまして「砂漠」ととく

その心は「デザートです」※dessert:デザート・desert:砂漠



マラソンとかけまして「スルメイカ」ととく

その心は「かんそうすることが大切です」※完走・乾燥



宮川:なぞかけ

シュークリームとかけまして

「おとぎばなしの桃太郎」ととく

その心は「きじ がしっかりしないとね!」※生地・雉(きじ)



マラソンとかけまして「洗濯物」ととく

その心は「よかったよかった!かんそうしました。」

※完走・乾燥



アミーゴ:なぞかけ

シュークリームとかけまして「情報雑誌」ととく

その心は「どちらもシューのきじ が欠かせません」

※生地・週の記事



マラソンとかけまして「シュークリーム」ととく

その心は「どちらも ランが必要です」

※RUN・卵



みんな初めての『なぞかけ』チャレンジですが

評価については・・・

大楽さんに次回聞いてみることにしましょう!



それにしても『なぞかけ』って

本当に難しいですね。

脳の使ったことのない部分を

フル回転させたような、そんな気分です( *´艸`)

頭のいい体操になったかも!

みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



番組後半は『ここスゴッ!』のコーナー。

今月14日から十和田市現代美術館で開催している

『シグニフィカント・アザネス

生きものと私が出会うとき』展について

広報担当の大谷紗絵さんに

電話をつないでお話を伺いました。



『シグニフィカント・アザネス

生きものと私が出会うとき』展は

来年2020年1月13日(月)まで

開館時間:午前9時~午後5時

観覧料など詳しくは

十和田市現代美術館のHPか

電話:0176-20-1127までどうぞ。



今回、聞き逃してしまった方!

NHKラジオらじる★らじる』でお聞きください。



金曜日のお昼休みは、あっぷるラジオ~!!

では、今週の一言です。



赤坂理菜キャスター

宮川香織パーソナリティ

宮川香織 

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:16時37分 | カテゴリ:あっぷるラジオ 気まぐれ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月20日 今日のシャモリ


「鮮やかな朝焼け」

「鮮やかな朝焼け」

9月18日 八戸公園 蕨実さん

うろこ状の雲が、日の出とともに

黄金色に染まり稀に見る美しさでした。

「艶やかな秋のチョウ」

「艶やかな秋のチョウ」

9月15日 むつ市 ナズナさん

庭にアザミを植えたらチョウがいっぱい来るかな~

狙ったクロアゲハは来なかったけど、

アカタテハの雌が来た。

バックのガラス窓に空が映って秋の色が出せたような。

アザミは大きくなって困るけどチョウと遊べます。

とげが痛いけど~。

「秋のチョウと遊ぶ」

「秋のチョウと遊ぶ」

9月8日 むつ市 ナズナさん

庭に植えたアザミにいろいろなチョウがやってきます。

ひらひらやたらきれいなのは、

ヒメアカタテハの雄だそうで、着物の柄のようです。

あちこち名前を調べて、ようやく名前がわかりました。

暇じゃないんですけど、つい遊んでしまいます。

秋のチョウが魅力的なんでしょうね。

「アザミに遊ぶ秋のチョウ」

「アザミに遊ぶ秋のチョウ」

9月15日 むつ市 ナズナさん

庭にアザミを植えたら、とげは痛いし大きくなるし、

チョウが寄ってくると信じていたら、

やっぱりいろいろ、アカタテハ、ヒメアカタテハ、

そしてナミアゲハ、最初はキアゲハと思ったが、

ナミアゲハの秋型だそうです。

アカタテハとヒメアカタテハは苦手なようで

下の隙間からこっそりやってきました。

何となくかわいいですね。

アザミのおかげでチョウの名前を少し覚えました。

脳トレになるかも?ですね(笑)

「平凡なようでも、青森の秋景色」

「平凡なようでも、青森の秋景色」

9月19日 五戸町 歴史はここからさん

青森に移住して10年、

毎年鈴なりりんごに新鮮な感銘を受けます。

思わず写真に収めたい、青森の秋景色です。

「栗のはじける音です」

「栗のはじける音です」

9月18日 むつ市 ナズナさん

友達のところに行ったら、パチンぱらぱら。

栗のはじける音。つい誘われてのぞいたら

まぁクリクリクリ・・・誰も拾ってないのか、

たくさん落ちていました。

拾いながら、栗ご飯、栗ご飯と

とても豊かな気持ちになりました。

青空にパチンパラパラは

実りの秋のしるしかもしれませんね。

「岩木山ビーム!!」

「岩木山ビーム!!」

9月18日 五所川原市 佐藤るり子さん

朝、自宅のベランダから、

岩木山を見たら、すごいビームが!!

ウルトラマンや、ゴジラと戦ったら、

どっちが勝つかなーなんてことを、

考えていた朝のひとときでした(笑)

「今盛り」

「今盛り」

9月13日 五戸町 天間啓作さん

毎年見ていますが、ことしも最高です。

花は大形で、白、紅、黄、紫など。

また、中形もあり、まさに今盛りです。

心癒される。

「ありがとう」

「ありがとう」

9月16日 東北町 天間啓作さん

新聞郵便受けに花を添えた。

新聞いつも朝早くありがとうございます。

今が満開です。(ジャイアントローズとか)

「暑かった夏の思い出」

「暑かった夏の思い出」

9月7日 青森市 下山 誠司さん

梵珠山頂で休憩しようと、

テーブルのところまで行くと

大きなバッタがいたので、思わずスマホで撮りました。

「月下美人」

「月下美人」

9月18日 八戸市 徳ちゃんさん

ことしも白く美しくよい匂いで花を咲かせました。

夕刻に咲き始め、夜中にしぼむ、

名の通り一夜限りの短い命です。

「光の流れ」

「光の流れ」

9月16日 青森市 SIGEHIROさん

列車が走っていればもっと撮れたのに。

「美しい明るい風景」

「美しい明るい風景」

9月16日 青森市 SIGEHIROさん

明るく美しいです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時59分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月19日 今日のシャモリ


 「やるてがぁ~!!」

「やるてがぁ~!!」

9月17日 新青森県総合運動公園外周
はな・のん・かなちゃんのじいやさん

ウォーキングコースの道端にある「ねむの木」の葉に、

止まっているカマキリを撮影しようとしたら

ファイティングポーズをとられてしまいました。

「実りの秋」

「実りの秋」

9月17日 八戸市 はじめさん

稲の穂が首を垂れ、もうすぐ収穫時期を迎えます。

鳥脅し凧が青空に舞い、スズメが来ないように

見張り番をしていました。

「エノコログサ」

「エノコログサ」

9月13日 八戸市 畠山勝則さん

夏から秋にかけてつける花穂が、

犬の尾に似ていることから、

犬っころ草が転じて

エノコログサという呼名になったそうです。

朝日を浴びて、光り輝いていました。

「パステルカラー」 

「パステルカラー」

9月17日 三沢市 モスモスさん

三沢高校を見ていると空がピンクや紫、水色といった

淡くてとてもきれいな色でした。

とても美しかったです。

「秋のごちそう」 

「秋のごちそう」

9月17日 六戸町 よねちゃんさん

隣家の庭からアケビが伸びて、道路側にひょっこり。

甘いかな、と思いながらパチリ。

食べ方もいろいろで、種を取り出し、

皮に挽き肉など詰めて、焼いたり、

揚げたりする食べ方もあるそうです。

「ひょうたんの成長!」

「ひょうたんの成長!」

9月9日 六戸町 初心者のじぃじさん

7月末誕生のチビひょうたんがたくましく

孫の頭くらいの大きさに成長しました。

これから孫たちと、ひょうたんの収穫と

どんな作品を作れるか楽しみです。

「トウネンはせわしい」 

「トウネンはせわしい」

9月8日 東通村 ナズナさん

探鳥会で小田野沢海岸に行ってきました。

鳴き砂と日本一大きい砂丘で有名なところですが

そこで遊ぶかわいいシギに出会えました。

トウネンというシギの仲間ですが、

見ていて飽きない海鳥です。

せっせせっせと歩く姿はせわしくて、

そろそろ、越冬地に向かう支度でしょうか、

かわいい姿を撮りました。

「波乗りダイ!」 

「波乗りダイ!」

9月8日 東通村 ナズナさん

鳴き砂と、日本一長い砂丘で有名な小田野沢海岸で

シギの仲間のトウネンに出会いました。

成長しても小さいので、

当年という意味でトウネンになったとか。

目の前でよく遊んでくれるかわいい鳥です。

波が来ても平気、サーファーもビックリ華麗でしょう。

「夕暮れ時」 

「夕暮れ時」

9月8日 弘南鉄道 白玉ゆっぺちゃんさん

初めて弘南鉄道に乗りました。

車窓から見える夕陽に照らされた岩木山と

田んぼが広がる風景が、

少し寂しくもあり、とてもきれいでした。

昔懐かしい車両、吊り革には

東京・渋谷の商業施設の名前が書いてありました。

昔、渋谷を走っていた電車なのかなぁ~。

「燃える朝焼け」 

「燃える朝焼け」

9月18日 弘前市 マーくんさん

天気悪くなる?

「おんぶコスモス」 

「おんぶコスモス」

9月18日 おいらせ町 はかまさん

朝6時、庭のコスモス。

朝ドラのなつが妹の千遥をおんぶしている

アニメのセル画と、重なりました。

「田園のメロディー」 

「田園のメロディー」

9月17日 青森市 じょっぱりさん

名物のかかし、吉さんのメロディーが響く田園、

秋空に稲穂も重く垂れ実っている。

かかしが車体に映り、

吉さんが2・3人いるかのようなにぎやかさです。

「くもとクモ」 

「くもとクモ」

9月8日 青森市 ブラジルの裏の姪っこさん

自宅の畑にクモの巣を作ったクモがいて、

普段は嫌われがちですが、空を飛んだようで、

とてもかっこよく見えました。

「仲間に入れて」 

「仲間に入れて」

9月18日 六戸町 よねちゃんさん

サッシの外、中をのぞいて、みんな何しているの?

仲間に入れて、と言っているみたい。

「早朝葦毛崎「ススキと秋の空」」 

「早朝葦毛崎『ススキと秋の空』」

9月18日 八戸市 種差海岸 くぼやんさん

早朝の空の色は変化がある。

赤味がかった雲の色が白に変化していく。

おもしろいと同時に何で?と問いかけてすぎていく。

「櫛ヶ峯で中秋の名月とご来光を堪能」

「櫛ヶ峯で中秋の名月とご来光を堪能」

9月14日 南八甲田櫛ヶ峯山頂 山崎利光さん

澄み切った南八甲田櫛ヶ峯で

令和初の中秋の月を見ようと山頂へ。

テント泊をして夜はすがすがしい秋の月を眺め、

翌朝は乗鞍岳の稜線から

まっさらに澄み切った青空に昇る朝日のご来光を

イッパイに浴び、堪能しました。

行き帰りは長丁場で苦労しましたが行ったかいがありました。

気象予報士の阿見君にお尋ねします。

ちょうど朝日が稜線から昇った時、

ほんの一瞬でしたがこの光、何か呼び名がありますか?

「藤の花がことし「3回目開花」」 

「藤の花がことし『3回目開花』」

9月18日 八戸市 窪田輝雄さん

道路沿いの塀に3回目となる、藤の花が咲きました。

寒暖の差が大きいことし、花が忙しくなっています。

5月、8月、9月と3回となるが来年は…?

「早朝の日の出前の空」

「早朝の日の出前の空」

9月18日 八戸市 くぼやんさん

秋の空雲。太陽が昇る前、雲の色は変化していく。

朝は灰色⇒白色⇒紅色⇒青色になっていった。

「真っ赤っか」 

「真っ赤っか」

9月17日 青森市 ほじねさん

庭先が、吊るし飾りの作り物でいっぱいに見えました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時00分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

9月18日 今日のシャモリ


「うみねこ号」

「うみねこ号」

9月14日 八戸市 種差海岸 あられさん

鮫角灯台の、79段の階段の先に広がるすばらしい眺め。

しばらくすると、リゾートうみねこが目の前を走り、

ちょっと得した気分でした。

「月の出、値千金(つきので、あたいせんきん)」

「月の出、値千金(つきので、あたいせんきん)」

9月14日 板柳町 工藤隆久さん

八甲田山の上に十五夜の月が昇りました。

豊かに実った稲穂が、収穫まで無事でありますようにと、

月にお願いしました。

「はずむ お喋り」

「はずむ お喋り」

9月15日 青森市 佐藤るり子さん

月が話しかける 船は 静かに揺れて 答える。

そんな会話が聞こえてきそうな、秋の夜でした。

「中秋の夜明け」

「中秋の夜明け」

9月13日 八戸市 葦毛崎海岸 早起きニワトリさん

ススキの穂が風になびく海岸線を、

夜明けを待ちながら歩きました。

やがて穂の先の向こうからやわらかな光で朝日が昇り、

深まりゆく秋を感じました。

「天使の光」

「天使の光」

9月13日 八戸市 葦毛崎海岸 早起きニワトリさん

中秋を迎えた朝のことです。

これって光芒の一種になるんでしょうか?

鉛色の雲と黒い雲のはざまから朝日が差し込み、

空を染め雲に光線をかすかですがつくりだしていました。

暗い中から、まさに天使の光のようでした。

「秋空のアート」

「秋空のアート」

「秋空のアート」

9月14日 八戸市 浪打 武彦さん

さわやかな快晴、南西上空の雲が美しいアートを

見せてくれました。

鳥の羽根のようで、これぞ秋の雲ですね。

燃え上がる炎を思わせ、元気が湧き出ました。

「なごりの夏」

「なごりの夏」

9月13日 青森市 ほじねさん

刈り込み手入れの生け垣が、

赤い花を咲かせていました。

暑かった夏を惜しむかのようでした。

「みのりのころ」

「みのりのころ」

9月13日 青森市 ほじねさん

まるい実が鈴なりでした。

真下から見上げたら、まるで水族館の水槽で泳いでいる

クラゲやタコの群れのようでした。

「秋本番」

「秋本番」

9月16日 青森市 糟谷晴彦さん

連休の最終日、青森市郊外の雲谷に行ってきました。

色とりどりのコスモスがとてもきれいでした。

「秋の夕暮」

「秋の夕暮」

9月14日 八戸市 板橋則穂さん

秋の雲、うろこ雲が夕日に赤く染まり

数分間の幻想的な光景を見せてくれました。

「街灯で見る サルスベリ」

「街灯で見る サルスベリ」

9月16日 八戸市 慶長良一さん

暑いので外に出たら、白のサルスベリを街灯の明るさで

きれいに見ることができました。

「星型 アサガオ」

「星型 アサガオ」

9月16日 八戸市 慶長良一さん

朝アサガオを見たら、

花びらが5つに割れているのを見つけた。

「ミニサイズのヒマワリの花」

「ミニサイズのヒマワリの花」

9月13日 青森市 父の庭さん

7月に種をまいたら、30センチくらいの

小さなヒマワリの花が無事に咲いてくれました。

つぼみもたくさん付いて秋まで楽しめそうです。

「山吹の花」

「山吹の花」

9月13日 青森市 父の庭さん

山吹の花は毎年6月ごろ咲きますが、

9月にまた咲いてくれました。

「真っ赤な百日草の花」

「真っ赤な百日草の花」

9月13日 青森市 父の庭さん

日当たりが良かったのでしょう。

百日草の花が大きく育ちました。

「あっ、スーパーボランティアのあの人だ!」

「あっ、スーパーボランティアのあの人だ!」

9月16日 青森市 ネコジジさん

ことしは出展数が増えたとか。

ユニークなかかしにいつも心がくすぐられます。

このスーパーボランティアさんは

ここでも活躍されていました。

とても見事!私から「グランプリ」を差し上げます。

「青空と雲の共演」

「青空と雲の共演」

9月14日 弘前市 カルトーシカさん

光と青い空と雲。なんてきれい。

1日中ボーッと空を眺めていたい。

チコちゃんお願い、叱らないでね。

9月14日夕方5時18分の南西の空です。

「美しいです!シラサギ」

「美しいです!シラサギ」

9月17日 むつ市 新田名部川 ちーさん

朝、日の出を眺めていると川向こうから

1羽のシラサギがこっち側に飛んできました。

朝の静けさと川面に映るその姿はとても美しかったです。

「十五夜1日前」

「十五夜1日前」

9月12日 むつ市 新田名部川 ちーさん

6時15分ごろ。

雲のない空に丸くなった月が川面にも

やさしい灯りを放っていました。

高校生たちのボートもいい感じに入り、

1枚の絵のような瞬間でした。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時13分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲