2019年8月26日

8月26日 今日のシャモリ


「かかしの声が」

「かかしの声が」

8月23日 十和田市 ハタさん

トンボを追いかけていたら、

コスモスが咲き始めていました。

稲はこうべを垂れ始め、

2学期の始まり 始まり…という声が聞こえてきそうでした。

 「雲の山脈」

「雲の山脈」

8月23日 五所川原市 佐藤るり子さん

雨上がりの夕方、重い雲はまるで山脈のように、

大地を這うように、広がっていました。

写真では伝わりきれないほど、壮大な景色でした♪

「雨の通り道」

「雨の通り道」

8月24日 つがる市 千葉敦志さん

帰宅途中、夕立に遭いました。

空を見ると道沿いに雨雲が伸びて、

左右には青空が見えていました。

「休日の青空」

「休日の青空」

8月24日 青森市 なりよしさん

一面に広がる空と海の青、

そこにある緑の丘のベンチで、

絵に描いたような休日の親子連れが

心地よい潮風に当たっていました。

少しずつ過ごしやすくなってきましたが、

残り少ない強い日差し、そして暑さを楽しみたいと思います。

「秋めいた「大須賀海岸」」

「秋めいた『大須賀海岸』」

8月25日 八戸市 窪田輝雄さん

ススキが揺れる大須賀海岸です。

昨日の夜に泊まったであろう、テントが1つありました。

釣りを楽しんだかもしれません。

海岸も秋の気配が深まってきました。

「可憐に咲く「カワラナデシコ」!! 」 

「可憐に咲く『カワラナデシコ』!! 」

8月25日 八戸市大須賀 窪田輝雄さん

近づいて見ると中央にある

「ゼンマイ」のようなヒゲがユーモラスですね。

海岸を見下ろして咲く「カワラナデシコ」が

ことしも種を付けていました。

ここで咲くのがことし最後になるかもしれない。

「ゴッホひまわり」 

「ゴッホひまわり」

8月23日 青森市 じょっぱりマさん

棟方志功記念館では毎年「ゴッホゆかりのヒマワリ」を植栽。

ことしも大きなひまわりが立派に咲いた。

好天続きによりか特に大きく感じた。

棟方志功記念館を背後に堂々と咲き誇っています。

花を絶やさないように何か所かに植栽しているようだ。

「おにたいじ」 

「おにたいじ」

8月25日 三沢市 モリヤマタカフミさん

三沢まつりの、1枚です。

町内の手作りの山車の上で子どもが太鼓を精一杯叩きます。

まるで鬼退治をしているようでした。

頼もしく育つことでしょう。

ことしの夏も、楽しませていただきました。

「ススキ 揺れる」 

「ススキ 揺れる」

8月25日 三戸町 千葉正明さん

高原は、いつの間にか秋の気配を感じます。

暑い暑いと思いながらの夏でしたが、

気がつけば、山はススキの穂が風に揺れています。

吹く風も涼しさを感じ、いよいよ秋の始まりです。

 「花の競演 ハイビスカスとリコリス 」

「花の競演 ハイビスカスとリコリス 」

8月24日 八戸市 浪打 武彦さん

1年中、咲いている鉢植えのハイビスカスを、

お盆過ぎに咲くリコリスの前に置いて美しさを比べました。

どちらも美しく、勝負無しですね。

「クレオメの花、盛り」

「クレオメの花、盛り」

8月24日 八戸市 浪打 武彦さん

早朝が一番美しく、日中は花がややしおれます。

チョウが舞う姿に似た美しい花です。

毎日新しい花が開き、長く楽しめます。

「出会い」

「出会い」

8月25日 青森市 さんぽまんさん

午後5時すぎ、青森港を出港するクルーズ船飛鳥Ⅱの沖を、

函館に向かう津軽海峡フェリーが進んでいくところカシャリ。

西日に照らされた2隻はとてもきれいでした。

「メンコイ~」 

「メンコイ~」

8月26日 むつ市 竹山 祥子さん

朝、いつものコースでスロージョギングをしていました。

道路脇の排水路の草地を歩いているカモシカ親子と遭遇。

お母さんはこちらを凝視。

でも子どものメンコさに癒された朝でした。

「夏の終わり」 

「夏の終わり」

8月24日 青森市 HIMAGINEさん

がらんとしたねぶた小屋のむこうから見える

ねぶたのような白い雲。

また来年と言っているようでした。

「プランターdeすいかのその後」 

「プランターdeすいかのその後」

8月26日 青森市 今 一成さん

特別養護老人ホームの利用者さんと収穫しました。

割ってみたところ、真っ赤に熟しており、

みんなで一切れずつ食べました。

甘くておいしかったです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時21分 | カテゴリ:シャモリ-青森の写真- | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲