シャモリ-青森の写真-

2019年09月20日 (金)9月20日 今日のシャモリ


「鮮やかな朝焼け」

「鮮やかな朝焼け」

9月18日 八戸公園 蕨実さん

うろこ状の雲が、日の出とともに

黄金色に染まり稀に見る美しさでした。

「艶やかな秋のチョウ」

「艶やかな秋のチョウ」

9月15日 むつ市 ナズナさん

庭にアザミを植えたらチョウがいっぱい来るかな~

狙ったクロアゲハは来なかったけど、

アカタテハの雌が来た。

バックのガラス窓に空が映って秋の色が出せたような。

アザミは大きくなって困るけどチョウと遊べます。

とげが痛いけど~。

「秋のチョウと遊ぶ」

「秋のチョウと遊ぶ」

9月8日 むつ市 ナズナさん

庭に植えたアザミにいろいろなチョウがやってきます。

ひらひらやたらきれいなのは、

ヒメアカタテハの雄だそうで、着物の柄のようです。

あちこち名前を調べて、ようやく名前がわかりました。

暇じゃないんですけど、つい遊んでしまいます。

秋のチョウが魅力的なんでしょうね。

「アザミに遊ぶ秋のチョウ」

「アザミに遊ぶ秋のチョウ」

9月15日 むつ市 ナズナさん

庭にアザミを植えたら、とげは痛いし大きくなるし、

チョウが寄ってくると信じていたら、

やっぱりいろいろ、アカタテハ、ヒメアカタテハ、

そしてナミアゲハ、最初はキアゲハと思ったが、

ナミアゲハの秋型だそうです。

アカタテハとヒメアカタテハは苦手なようで

下の隙間からこっそりやってきました。

何となくかわいいですね。

アザミのおかげでチョウの名前を少し覚えました。

脳トレになるかも?ですね(笑)

「平凡なようでも、青森の秋景色」

「平凡なようでも、青森の秋景色」

9月19日 五戸町 歴史はここからさん

青森に移住して10年、

毎年鈴なりりんごに新鮮な感銘を受けます。

思わず写真に収めたい、青森の秋景色です。

「栗のはじける音です」

「栗のはじける音です」

9月18日 むつ市 ナズナさん

友達のところに行ったら、パチンぱらぱら。

栗のはじける音。つい誘われてのぞいたら

まぁクリクリクリ・・・誰も拾ってないのか、

たくさん落ちていました。

拾いながら、栗ご飯、栗ご飯と

とても豊かな気持ちになりました。

青空にパチンパラパラは

実りの秋のしるしかもしれませんね。

「岩木山ビーム!!」

「岩木山ビーム!!」

9月18日 五所川原市 佐藤るり子さん

朝、自宅のベランダから、

岩木山を見たら、すごいビームが!!

ウルトラマンや、ゴジラと戦ったら、

どっちが勝つかなーなんてことを、

考えていた朝のひとときでした(笑)

「今盛り」

「今盛り」

9月13日 五戸町 天間啓作さん

毎年見ていますが、ことしも最高です。

花は大形で、白、紅、黄、紫など。

また、中形もあり、まさに今盛りです。

心癒される。

「ありがとう」

「ありがとう」

9月16日 東北町 天間啓作さん

新聞郵便受けに花を添えた。

新聞いつも朝早くありがとうございます。

今が満開です。(ジャイアントローズとか)

「暑かった夏の思い出」

「暑かった夏の思い出」

9月7日 青森市 下山 誠司さん

梵珠山頂で休憩しようと、

テーブルのところまで行くと

大きなバッタがいたので、思わずスマホで撮りました。

「月下美人」

「月下美人」

9月18日 八戸市 徳ちゃんさん

ことしも白く美しくよい匂いで花を咲かせました。

夕刻に咲き始め、夜中にしぼむ、

名の通り一夜限りの短い命です。

「光の流れ」

「光の流れ」

9月16日 青森市 SIGEHIROさん

列車が走っていればもっと撮れたのに。

「美しい明るい風景」

「美しい明るい風景」

9月16日 青森市 SIGEHIROさん

明るく美しいです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時59分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月19日 (木)9月19日 今日のシャモリ


 「やるてがぁ~!!」

「やるてがぁ~!!」

9月17日 新青森県総合運動公園外周
はな・のん・かなちゃんのじいやさん

ウォーキングコースの道端にある「ねむの木」の葉に、

止まっているカマキリを撮影しようとしたら

ファイティングポーズをとられてしまいました。

「実りの秋」

「実りの秋」

9月17日 八戸市 はじめさん

稲の穂が首を垂れ、もうすぐ収穫時期を迎えます。

鳥脅し凧が青空に舞い、スズメが来ないように

見張り番をしていました。

「エノコログサ」

「エノコログサ」

9月13日 八戸市 畠山勝則さん

夏から秋にかけてつける花穂が、

犬の尾に似ていることから、

犬っころ草が転じて

エノコログサという呼名になったそうです。

朝日を浴びて、光り輝いていました。

「パステルカラー」 

「パステルカラー」

9月17日 三沢市 モスモスさん

三沢高校を見ていると空がピンクや紫、水色といった

淡くてとてもきれいな色でした。

とても美しかったです。

「秋のごちそう」 

「秋のごちそう」

9月17日 六戸町 よねちゃんさん

隣家の庭からアケビが伸びて、道路側にひょっこり。

甘いかな、と思いながらパチリ。

食べ方もいろいろで、種を取り出し、

皮に挽き肉など詰めて、焼いたり、

揚げたりする食べ方もあるそうです。

「ひょうたんの成長!」

「ひょうたんの成長!」

9月9日 六戸町 初心者のじぃじさん

7月末誕生のチビひょうたんがたくましく

孫の頭くらいの大きさに成長しました。

これから孫たちと、ひょうたんの収穫と

どんな作品を作れるか楽しみです。

「トウネンはせわしい」 

「トウネンはせわしい」

9月8日 東通村 ナズナさん

探鳥会で小田野沢海岸に行ってきました。

鳴き砂と日本一大きい砂丘で有名なところですが

そこで遊ぶかわいいシギに出会えました。

トウネンというシギの仲間ですが、

見ていて飽きない海鳥です。

せっせせっせと歩く姿はせわしくて、

そろそろ、越冬地に向かう支度でしょうか、

かわいい姿を撮りました。

「波乗りダイ!」 

「波乗りダイ!」

9月8日 東通村 ナズナさん

鳴き砂と、日本一長い砂丘で有名な小田野沢海岸で

シギの仲間のトウネンに出会いました。

成長しても小さいので、

当年という意味でトウネンになったとか。

目の前でよく遊んでくれるかわいい鳥です。

波が来ても平気、サーファーもビックリ華麗でしょう。

「夕暮れ時」 

「夕暮れ時」

9月8日 弘南鉄道 白玉ゆっぺちゃんさん

初めて弘南鉄道に乗りました。

車窓から見える夕陽に照らされた岩木山と

田んぼが広がる風景が、

少し寂しくもあり、とてもきれいでした。

昔懐かしい車両、吊り革には

東京・渋谷の商業施設の名前が書いてありました。

昔、渋谷を走っていた電車なのかなぁ~。

「燃える朝焼け」 

「燃える朝焼け」

9月18日 弘前市 マーくんさん

天気悪くなる?

「おんぶコスモス」 

「おんぶコスモス」

9月18日 おいらせ町 はかまさん

朝6時、庭のコスモス。

朝ドラのなつが妹の千遥をおんぶしている

アニメのセル画と、重なりました。

「田園のメロディー」 

「田園のメロディー」

9月17日 青森市 じょっぱりさん

名物のかかし、吉さんのメロディーが響く田園、

秋空に稲穂も重く垂れ実っている。

かかしが車体に映り、

吉さんが2・3人いるかのようなにぎやかさです。

「くもとクモ」 

「くもとクモ」

9月8日 青森市 ブラジルの裏の姪っこさん

自宅の畑にクモの巣を作ったクモがいて、

普段は嫌われがちですが、空を飛んだようで、

とてもかっこよく見えました。

「仲間に入れて」 

「仲間に入れて」

9月18日 六戸町 よねちゃんさん

サッシの外、中をのぞいて、みんな何しているの?

仲間に入れて、と言っているみたい。

「早朝葦毛崎「ススキと秋の空」」 

「早朝葦毛崎『ススキと秋の空』」

9月18日 八戸市 種差海岸 くぼやんさん

早朝の空の色は変化がある。

赤味がかった雲の色が白に変化していく。

おもしろいと同時に何で?と問いかけてすぎていく。

「櫛ヶ峯で中秋の名月とご来光を堪能」

「櫛ヶ峯で中秋の名月とご来光を堪能」

9月14日 南八甲田櫛ヶ峯山頂 山崎利光さん

澄み切った南八甲田櫛ヶ峯で

令和初の中秋の月を見ようと山頂へ。

テント泊をして夜はすがすがしい秋の月を眺め、

翌朝は乗鞍岳の稜線から

まっさらに澄み切った青空に昇る朝日のご来光を

イッパイに浴び、堪能しました。

行き帰りは長丁場で苦労しましたが行ったかいがありました。

気象予報士の阿見君にお尋ねします。

ちょうど朝日が稜線から昇った時、

ほんの一瞬でしたがこの光、何か呼び名がありますか?

「藤の花がことし「3回目開花」」 

「藤の花がことし『3回目開花』」

9月18日 八戸市 窪田輝雄さん

道路沿いの塀に3回目となる、藤の花が咲きました。

寒暖の差が大きいことし、花が忙しくなっています。

5月、8月、9月と3回となるが来年は…?

 「早朝の日の出前の空」

「早朝の日の出前の空」

9月18日 八戸市 くぼやんさん

秋の空雲。太陽が昇る前、雲の色は変化していく。

朝は灰色⇒白色⇒紅色⇒青色になっていった。

「真っ赤っか」 

「真っ赤っか」

9月17日 青森市 ほじねさん

庭先が、吊るし飾りの作り物でいっぱいに見えました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月18日 (水)9月18日 今日のシャモリ


「うみねこ号」

「うみねこ号」

9月14日 八戸市 種差海岸 あられさん

鮫角灯台の、79段の階段の先に広がるすばらしい眺め。

しばらくすると、リゾートうみねこが目の前を走り、

ちょっと得した気分でした。

「月の出、値千金(つきので、あたいせんきん)」

「月の出、値千金(つきので、あたいせんきん)」

9月14日 板柳町 工藤隆久さん

八甲田山の上に十五夜の月が昇りました。

豊かに実った稲穂が、収穫まで無事でありますようにと、

月にお願いしました。

「はずむ お喋り」

「はずむ お喋り」

9月15日 青森市 佐藤るり子さん

月が話しかける 船は 静かに揺れて 答える。

そんな会話が聞こえてきそうな、秋の夜でした。

「中秋の夜明け」

「中秋の夜明け」

9月13日 八戸市 葦毛崎海岸 早起きニワトリさん

ススキの穂が風になびく海岸線を、

夜明けを待ちながら歩きました。

やがて穂の先の向こうからやわらかな光で朝日が昇り、

深まりゆく秋を感じました。

「天使の光」

「天使の光」

9月13日 八戸市 葦毛崎海岸 早起きニワトリさん

中秋を迎えた朝のことです。

これって光芒の一種になるんでしょうか?

鉛色の雲と黒い雲のはざまから朝日が差し込み、

空を染め雲に光線をかすかですがつくりだしていました。

暗い中から、まさに天使の光のようでした。

「秋空のアート」

「秋空のアート」

「秋空のアート」

9月14日 八戸市 浪打 武彦さん

さわやかな快晴、南西上空の雲が美しいアートを

見せてくれました。

鳥の羽根のようで、これぞ秋の雲ですね。

燃え上がる炎を思わせ、元気が湧き出ました。

「なごりの夏」

「なごりの夏」

9月13日 青森市 ほじねさん

刈り込み手入れの生け垣が、

赤い花を咲かせていました。

暑かった夏を惜しむかのようでした。

「みのりのころ」

「みのりのころ」

9月13日 青森市 ほじねさん

まるい実が鈴なりでした。

真下から見上げたら、まるで水族館の水槽で泳いでいる

クラゲやタコの群れのようでした。

「秋本番」

「秋本番」

9月16日 青森市 糟谷晴彦さん

連休の最終日、青森市郊外の雲谷に行ってきました。

色とりどりのコスモスがとてもきれいでした。

「秋の夕暮」

「秋の夕暮」

9月14日 八戸市 板橋則穂さん

秋の雲、うろこ雲が夕日に赤く染まり

数分間の幻想的な光景を見せてくれました。

「街灯で見る サルスベリ」

「街灯で見る サルスベリ」

9月16日 八戸市 慶長良一さん

暑いので外に出たら、白のサルスベリを街灯の明るさで

きれいに見ることができました。

「星型 アサガオ」

「星型 アサガオ」

9月16日 八戸市 慶長良一さん

朝アサガオを見たら、

花びらが5つに割れているのを見つけた。

「ミニサイズのヒマワリの花」

「ミニサイズのヒマワリの花」

9月13日 青森市 父の庭さん

7月に種をまいたら、30センチくらいの

小さなヒマワリの花が無事に咲いてくれました。

つぼみもたくさん付いて秋まで楽しめそうです。

「山吹の花」

「山吹の花」

9月13日 青森市 父の庭さん

山吹の花は毎年6月ごろ咲きますが、

9月にまた咲いてくれました。

「真っ赤な百日草の花」

「真っ赤な百日草の花」

9月13日 青森市 父の庭さん

日当たりが良かったのでしょう。

百日草の花が大きく育ちました。

「あっ、スーパーボランティアのあの人だ!」

「あっ、スーパーボランティアのあの人だ!」

9月16日 青森市 ネコジジさん

ことしは出展数が増えたとか。

ユニークなかかしにいつも心がくすぐられます。

このスーパーボランティアさんは

ここでも活躍されていました。

とても見事!私から「グランプリ」を差し上げます。

「青空と雲の共演」

「青空と雲の共演」

9月14日 弘前市 カルトーシカさん

光と青い空と雲。なんてきれい。

1日中ボーッと空を眺めていたい。

チコちゃんお願い、叱らないでね。

9月14日夕方5時18分の南西の空です。

「美しいです!シラサギ」

「美しいです!シラサギ」

9月17日 むつ市 新田名部川 ちーさん

朝、日の出を眺めていると川向こうから

1羽のシラサギがこっち側に飛んできました。

朝の静けさと川面に映るその姿はとても美しかったです。

「十五夜1日前」

「十五夜1日前」

9月12日 むつ市 新田名部川 ちーさん

6時15分ごろ。

雲のない空に丸くなった月が川面にも

やさしい灯りを放っていました。

高校生たちのボートもいい感じに入り、

1枚の絵のような瞬間でした。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時13分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月17日 (火)9月17日 今日のシャモリ


 「ジーーーッ」

「ジーーーッ」

9月8日 大鰐町 みおにゃんさん

家を出たら隣の空き地からガサガサ音がしたので

見てみたら鹿がいてビックリしました。

駅に近い場所なのですが、

こんな街中へ何をしにきたのでしょうか?

「刈り取り間近の稲穂」 

「刈り取り間近の稲穂」

9月12日 青森空港近辺 歴史はここからさん

晴天の霹靂か?つがるロマンか?まっしぐらか?

まもなく刈り入れの稲穂。

地産地消の要、新米を食べるのが待ち遠しい。

「光の反射か、UFOだとよいが」 

「光の反射か、UFOだとよいが」

9月13日 馬淵川大橋 三浦孝吉さん

馬淵川大橋の外灯の横に並んだように見えて

昇った中秋の名月を撮りました。

PCに取り込んだ後確認したら、

はるか上空に平行な明かりが写っています。

光の反射かな、UFOだとおもしろいネ。

「きれいな朝焼け」

「きれいな朝焼け」

9月8日 青森市 空手家さん

自然の力は偉大です。

心が洗われる思いになりました!

「十五夜」

「十五夜」

9月13日 青森市 空手家さん

きれいなお月さまを見ながらお散歩をしました。

 「あれ、風邪をひいたのかな⁉️」

「あれ、風邪をひいたのかな⁉️」

9月12日 田子町 グッドメーカーさん

道路沿いの工事用バリケードのキャラクターに、

つる草の葉がマスクのように、からんでいました。

「令和元年 中秋の名月」 

「令和元年 中秋の名月」

9月13日 八戸市 浪打 武彦さん

まさに令和元年を祝う美しい満月でした。

ウサギでなく、クマさんが

何かを持っているように見えますが・・・。

 「令和元年 中秋の名月」

「令和初の中秋名月」

9月13日 青森市 じょっぱりさん

すがすがしい気候になって月もすっきりと輝きを。

令和になって初めての名月。

ベイブリッジのてっぺん近くになる位置を探して撮影。

 「蜃気楼でした」

「蜃気楼でした」

9月14日 板柳町 鬼武芳治さん

十五夜様に収穫の感謝をした翌朝、

黄金の海の先の岩木山に朝のあいさつをしようと見上げたら、

なんと岩木山連峰になっていました。

 「とんぼの夕涼み!」

「とんぼの夕涼み!」

9月8日 六戸町 初心者のじぃじさん

サツキの枝先に数匹の赤とんぼが、

日中の暑さにもめげず羽を休め

夕涼みをしていたようです。

 「黄葉が舞う」

「黄葉が舞う」

9月12日 岩木山神社 ボンちゃんさん

神社境内を散策して撮影しました。

黄色い葉が風に吹かれて、

クルクル回っていたのでよく見ると、

クモの糸につらされているようで、

不思議な光景でした。

「こんにちは」

「こんにちは」

9月12日 弘前市 ボンちゃんさん

湯殿の水芭蕉群生地周辺を散策していたら、

草むらの向こうをサルが2~3匹、

横切って行きました。

1匹がしばらく、じっと、こっちを見て動きません。

怖かったけどかわいかったです。

「見張り番はつらいなぁ」 

「見張り番はつらいなぁ」

9月14日 青森市 ロングヘルプさん

長旅でヘトヘトなご様子のコガモさんたち。

もう北方から帰ってきたんですね。

どおりで秋風が吹くわけだ。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時42分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月13日 (金)9月13日 今日のシャモリ


「空に『クマ』が出た!!」

「空に『クマ』が出た!!」

9月12日 八戸市 窪田輝雄さん

朝日を撮ろうと思いましたが

水平線に雲がかかってダメでした。

上のほうを見ると動物の形の雲がいました。

写真を撮ると表題の「熊」のようでした。

一瞬の出来事でした。

「池の守り主!」

「池の守り主!」

9月8日 六戸町 初心者のじぃじさん

庭に「かっぱは出ませんがきけんです」の看板が立つ池があり、

トノサマガエル十数匹が池と孫たちを見守ってくれています。

その池は孫たちの格好の遊び場になっています。

「エモーショナルタイム」

「エモーショナルタイム」

9月12日 平川市 アワイさん

まさにエモい、情緒的な駅を発見したので撮影しました。

お米がおいしそうです。

「脱走かぼちゃ‼」

「脱走かぼちゃ‼」

9月12日 新青森県総合運動公園外周
はなちゃんのばあやさん

ウォーキングコースにある農家の畑の囲いから

「かぼちゃ」が脱走していました。

ムジナに食べられちゃうぞー。

「花のいろ ほのか」

「花のいろ ほのか」

9月11日 弘前市 カルトーシカさん

夏草が刈り払われた空き地の片隅に

秋の野罌粟(ノゲシ)が咲いていました。

草刈りをした人は、この草を切り倒すのに

忍びないと思ったのでしょう。

ほのかな花のいろがいいですね。

「早朝の『釣り人』」

「早朝の『釣り人』」

9月13日 八戸市 種差海岸 釜の口 窪田輝雄さん

岩場に釣りをする人がいました。

いつもの場所で、いつものように釣れると良いが!!

「ご安全に」。

「足跡が途中で消えている、不思議!!」

「足跡が途中で消えている、不思議!!」

9月13日 八戸市 種差海岸 釜の口 窪田輝雄さん

遊歩道の足跡が消えている。脇に逸れたとは思えない?

「なにしているんですか?」

「なにしているんですか?」

9月13日 弘前市 ニャオタロウさん

家の廊下のスグのところに

日除けとして母が育てているブドウ。

袋を買うのがもったいないので、

郵便できた封筒を被せているのですが、

きのうの朝からアシナガバチが集まっていました。

ブドウを食べているわけでもなさそうですし、不思議です。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:13時48分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月12日 (木)9月12日 今日のシャモリ


「朝顔にも待望の雨です」

「朝顔にも待望の雨です」

9月11日 つがる市 成田悦雄さん

きょうは待望の雨で、

ようやく連日の猛暑から解放されました。

わが家のベランダまで伸びた朝顔も久しぶりの雨に、

生き生きしているようでした。

「月に照らされている雲も幻想的です」 

「月に照らされている雲も幻想的です」

9月10日 つがる市 成田悦雄さん

夜7時頃、外が月に照らされて明るかったので、

カメラを持って外に出たら

明るい月に照らされた雲が幻想的で、パシャリです。

 「『ながーい』名前の花ワレモコウ」

「『ながーい』名前の花ワレモコウ」

9月11日 八戸市 種差海岸 窪田輝雄さん

「ナガボノシロワレモコウ」を漢字で書くと「長穂の白吾亦紅」

モコウは簡単に読めない?

毎年海岸の一画の場所に群生している。

そこの場所に行くと立ち止まって

「花の名前」を思い出して、口ずさんで通り過ぎます。

「秋の気配の岩木山」

「秋の気配の岩木山」

9月4日 弘前市 たまごタケさん

岩木山登山に出かけました。

紅葉にはまだ早かったですが、

山麓ではススキが見られて秋の気配を感じました。

「雨傘」 

「雨傘」

9月11日 八戸市 千葉ノラさん

なんと幸せな野菜でしょう。

雨傘でキュウリが、風雨から守られています。

雨にも負けず、日差しにも負けず、頑張っています。

晴雨兼用傘は何か得意気です。

「秋の空になってきました」 

「秋の空になってきました」

9月10日 野辺地町 常夜燈公園 オカズちゃんさん

二百十日が過ぎ、台風の影響が報道されています。

明日は大雨の予報が出ていますが、本日は快晴。

空気も乾燥しているので、爽やかです。

空を見上げてみると刷毛で刷いたように

真っ白な雲がありました。

空が高くなり季節は少しずつ秋になってきました。

「ダイヤモンド岩木 」 

「ダイヤモンド岩木 」

9月10日 黒石市 黒石やっぺさん

岩木山の山頂に沈む太陽です。

「ツリフネソウ」 

「ツリフネソウ」

9月8日 おいらせ町 下田公園 オカズちゃんさん

湿生花園というと水芭蕉ですが、

秋にもいろいろなきれいな花が咲いています。

この花はツリフネソウといいます。

名前の由来は花の様子からといわれています。

船に見えますか。

「ひと肌脱ぎました?」 

「ひと肌脱ぎました?」

9月9日 青森市 ほじねさん

うす着になって涼んでいるのか、

それとも残暑で幹が膨張したのか、

樹皮がジグソーパズルのピースになって散らばっていました。

「キレイだね!」 

「キレイだね!」

9月11日 青森市 ほじねさん

雨にぬれて赤い色が、ひときわ美しく目に飛び込んできました。

まるでカンザシや祭りの花笠のようでした。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時00分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月11日 (水)9月11日 今日のシャモリ


「夏の花競演」

「夏の花競演」

9月9日 青森市 横山香喜さん

夏の暑さが続き、大輪の美しいピンクの花を

咲かせる「フヨウ」。

朝に花を咲かせ、夕方にはしぼむ「朝の美人の顔」と

言われる「アサガオ」。

連続テレビ小説「なつぞら」を見てから

庭の花を見るのが毎日の楽しみです。

「秋」

「秋」

9月7日 青森市 じょっぱりさん

街中の光景だが、堤川土手のコスモスも見ごろ。

近くにミニりんごの木もあり、実りの秋を表現、

秋らしい雰囲気になってきた。

「本州最果ての地」

「本州最果ての地」

9月1日 東通村 津幡順二さん

尻屋崎へ行ってきました。

改修を終えた真っ白い灯台が、

青空と白い雲をバックに、迎えてくれました。

「地球は丸い」

「地球は丸い」

9月1日 東通村 津幡順二さん

尻屋埼灯台展望所から、北海道方面を撮りました。

遠くの水平線が丸みをおび、地球は丸いことが分かります。

「不思議な虹?」

「不思議な虹?」

9月9日 階上町 停車場さん

何気なく外を見るときれいな虹?

が見えたので急いでシャッターを切ってみました。

2分ほどで雲に隠れてしまいました。

「短命?」

「短命?」

9月9日 青森市 カズノコさん

庭にキノコが生えていました。

クリーム色の薄い平らな傘、

今にも折れそうな柄とツバが印象的です。

スマホで調べたら「キツネノハナガサ」

らしいのですが不明です。

朝は傘が開いて立派なキノコでしたが、

夕方見たら、しおれてヘナヘナとなっていました。

前の日に小さい卵形のツボミ?を発見し、

何だこりゃ…と思っていましたが、

まさかこんなにはかない命とは…

「遅咲きゴーヤちゃん!」

「遅咲きゴーヤちゃん!」

9月8日 六戸町 初心者のじぃじさん

朝もやに濡れたゴーヤちゃんは

何かすがすがしそうに輝いていました。

孫たちは、収穫したゴーヤを、

苦そうな顔をしながらも、いくらか食べてくれました。

「ハートにキュン」

「ハートにキュン」

9月8日 三沢市 森山 貴文さん

三沢基地航空祭は、いつも大にぎわいです。

ことしはブルーインパルスも飛んで、

皆さん楽しんでいました。

ワクワクドキドキの、1日でした。

雲の惑星

「雲の惑星」

8月24日 弘前市 カルトーシカさん

日が沈んでまもなくの西の空。

大きな星のまわりに雲が渦巻いています。

アニメのワンシーンのようにも見えますが、

本物の雲です。

紫色の幻想の世界。

8月24日の夕暮れの1枚です。

空も残暑

「空も残暑」

9月9日 青森市 津幡順二さん

自宅部屋の窓から、何気なく空を見上げると、

真夏のような雲がわいていました。

まもなく消えてしまいましたが、

ここの所続いている暑さのせいでしょうか。

道端に咲くコスモス

「道端に咲くコスモス」

9月10日 八戸市 蕨実さん

花は秋色ですが、気温33度。

本当に暑い日が続きます。

あずましく1輪

「あずましく1輪」

9月6日 東北町 天間啓作さん

溜池に、周りを気にせずあずましくのびのびと1輪。

あずましく1輪

「散歩中」

9月5日 南部町 中野浩さん

キャンベルの甘い香りに誘われて、

シャッターを押しました。

気分良好。

「雲形定規」

「雲形定規」

9月2日 青森市 SIGEHIROさん

曲線を描く楕円双曲線の組み合わせに見えました。

照りつける日差しの太陽

「照りつける日差しの太陽」

9月7日 青森市 SIGEHIROさん

明るい空、いい空ですね!

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時12分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月10日 (火)9月10日 今日のシャモリ


「秋」

「秋」

9月6日 五所川原市 前田聡さん

実りの秋ですね♪

皆さんは、何で秋を感じますか~。

「実りの秋始まる」

「実りの秋始まる」

9月7日 南部町 板橋則穂さん

山間の水田で早くも稲刈りが行われていました。

今ふうのコンバインでの刈り取りではなく、

県南では「はせがけ」と言われている、

組んだ木に刈り取った稲をかけて

天日で乾燥させる昔ながらのやり方で、

最近ではあまり目にすることもなくなった稲刈り方法です。

実りの秋、収穫の秋本番も間近のようです。

「望郷のまつり」

「望郷のまつり」

9月7日 ブラジル 工藤春治さん

初めてブラジルから写真を投稿します

(今回は八戸市に写真を送付して転送してもらいました)

ブラジルのサンパウロ市で、日本のまつりが開催されました。

その中で、盆踊り、日本食の屋台も多く参加しました。

大勢の日本人が、日本を想いながらの祭りです。

(ブラジルは、今は冬です)

「残暑に咲くキバナコスモス」

「残暑に咲くキバナコスモス」

9月5日 八戸市 浪打 武彦さん

鮮やかな黄色ですね。

この花は枯れると、たくさんの種を付けます。

庭のダリアにも負けず、きれいに咲いています。

「地味だけどかわいい花 モナラベンダー」

「地味だけどかわいい花 モナラベンダー」

9月6日 八戸市 浪打 武彦さん

鉢植えの低木です。

珍しい花でとても気に入っています。

挿し木すると、すぐに根が出てたくさん増やせます。

「初投稿!初十和田市秋まつり!」

「初投稿!初十和田市秋まつり!」

9月7日 十和田市 さっちさん

はじめて十和田市秋まつりに行ってきました。

こんなすてきなお祭りがあったんですね!

豪華な山車と元気なお囃子が印象的でした。

夜の山車もきれいでしたが、

夕方見た夕日とのコラボがとても美しかったです。

「キューピッド」

「キューピッド」

9月8日 三沢市 畠山勝則さん

三沢の航空祭に行ってきました。

ブルーインパルスの演技のなかでも人気の技キューピッドです。

操縦技術のすばらしさに感動しました。

「秋まつり 出陣」

「秋まつり 出陣」

9月8日 三戸中央病院 千葉正明さん

さんのへ秋まつりの、お環りの山車の運行です。

広場に山車が勢ぞろいをしました。

どんでんの仕掛け、「よーし よいさ」の掛け声が、

とても懐かしく聞こえました。

「風は秋色」

「風は秋色」

9月8日 三戸町 千葉ななさん

季節は暦では白露になります。

残暑はありますが、平原は初秋の風景を感じ、

風は爽やかです。

ここの農園はひまわりの花が満開です。

畑の連作障害防止と、緑肥にすると作物によいことを

農家から聞きました。

「まるで炎のよう」

「まるで炎のよう」

9月3日 青森市 ほじねさん

猛暑の中、バテ気味の人間を尻目に枝葉を伸ばして、

さらに暑さを倍加させる色の花を咲かせていました。

「やっこさんだぁ」

「やっこさんだぁ」

9月3日 青森市 ほじねさん

樹木の葉が逆光できれいでした。

ふと、折り紙のやっこさんの形だと気づき

見入ってしまいました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時07分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月09日 (月)9月9日 今日のシャモリ


「山かけ踊り 白神岳登山の後」

「山かけ踊り 白神岳登山の後」

8月31日 深浦町 ふじさきのシニアさん

深浦町の「無形文化財」の大間越山かけ踊りを

披露しながら集落内を回る。

早朝から神社で神事を行い、

白神岳山頂の祠に参詣し、神事を行う。

下山した後、白装束に衣替えをし、

山かけ踊りを踊りながら集落をまわり、

さらに神社で神事を行う。

日本一、きつい 無形文化財かも。

所要時間11時間30分も要するという

すさまじい伝統行事である。

 「朝顔がほうき草から顔を出して「おはよう」」

「朝顔がほうき草から顔を出して『おはよう』」

9月6日 田子町 グッドメーカーさん

庭のほうき草から朝顔が顔を出していました。

「おはよう」と言っているみたいでした。

「秋」

「秋」

9月6日 五所川原市 前田聡さん

羽を休めていたトンボさんの邪魔をしないように、

そ~っと撮りました。

 「こんなの、ありぃ~っ!?」

「こんなの、ありぃ~っ!?」

9月6日 弘前市 じぃじ・スナフキンさん

弘前城植物園の湿性植物のコーナーで

撮影した「蓮の花」です。

1本の茎の先に、2つの花が付いています。

一瞬、目を疑いましたが・・・間違いありません。

こんなのは、初めて見ました。

何か良いことでもあるかなっ?

「おはよう、そして、ごめんなさい…」 

「おはよう、そして、ごめんなさい…」

9月6日 弘前市 ヒガンバナさん

久しぶりに裏庭に行ったところ、

「水引」にアゲハチョウが羽を広げて止まっていました。

アゲハは飛んでいるのは見かけます。

止まっているところもたまに見ますが

すぐに飛んで行ってしまいますよね!

あまりの美しさに思わずパチリ!

ビックリさせてごめんね。

そしてありがとう^^

「赤沼」

「赤沼」

9月4日 南八甲田 北のヤマドリさん

「蔦七沼」の1つ、赤沼に1年ぶりに行ってきました。

幸い、この日は、風が弱く波が弱かったこともあり、

湖の底に沈んでいる木々が

はっきりと見ることができました。

赤沼は、紅葉の時期もきれいですが、

エメラルドグリーンの湖面に映る緑の風景も

絶景そのものです。

「DAWN」 

「DAWN」

9月4日 おいらせ町 はかまさん

早朝4時50分。

地球に立っているんだ!と感じて、

とっても幸せになりました。

「ひそり」 

「ひそり」

9月5日 八戸市 すこやかさん

八戸市の六日町付近、

飲み屋が立ち並ぶあたりで撮影しました。

夜は何度も通ったことがありますが、

昼間は逆にひっそりとした寂しさがあって

不思議な感じがしました。

「ホイドリス」

「ホイドリス」

9月4日 むつ市 ベリーお嬢さん

ガサガサっと木の枝が揺れ動いたので上を見上げたら

ホンドリスがクルミを一度に4つ運ぼうとしていました。

ホンドリスならぬホイドリスの発見です♪

「さて何の花でしょう?」

「さて何の花でしょう?」

9月6日 青森市 カズノコさん

オクラの花が咲いていました。

きれいなクリーム色です。

次々に花が実となり、

日を追うごとに立派なオクラに成長するので、

見ていて楽しいです。

「オクラです!」 

「オクラです!」

9月6日 青森市 カズノコさん

オクラの実はこんな感じです!

実家の畑に実が成っていたのでパシャッ!

実の付き方がおもしろく印象的です。

巨大化したのもありましたが、

実はやわらかくとてもオイシイ!

「好物は山椒の葉」 

「好物は山椒の葉」

9月7日 六戸町 リンキイさん

アゲハチョウの幼虫が、山椒の葉を食べていました。

1本の木に、10匹もの幼虫がいて、

山椒は、きっと、好物なんですね。

たくさん食べて、きれいなアゲハチョウになって、

戻ってきてね。

「秋の風物」

「秋の風物」

8月30日 青森市 SIGEHIROさん

白っぽくて美しいですね。

「青々らしい空」

「青々しい空」

9月1日 青森市 SIGEHIROさん

夕方空を見たら、

きれいな白い雲が見えたので撮影しました。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時15分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2019年09月06日 (金)9月6日 今日のシャモリ


「お喋りしています」

「お喋りしています」

8月31日 むつ市 ナズナさん

「かわうち・まりん・びーち」という、

カマイルカの研究をしているところを見てきました。

9時45分ちょうど2回目の餌やりの時間とかで、

かわいいイルカの写真を撮ることができました。

ピーキュッキュッ、そんな鳴き声が気持ちよく聞こえ、

飼育係さんとおしゃべりしているようで見ていて楽しかったです。

※飼育員さんの許可を得ています。

「チョコとチップ」

「チョコとチップ」

9月1日 むつ市 ナズナさん

「かわうち・まりん・びーち」で

2頭のカマイルカを見てきました。

飼育係さんが、熱を測ったり、体調を見たりして、

その後遊泳エリアに離します。

2頭の名前はチョコとチップ雌だそうです。

これはのけぞる、柔軟体操でしょうか。

最後はゴロンと海に寝転びます。

遠く離れて見ていてもかわいさが伝わってきますね。

「いい子だね」

「いい子だね」

9月1日 むつ市 ナズナさん撮影

イルカと飼育係さんの触れ合いがとても気持ちよくて

もう1枚送ります。

遊泳エリアに離されたカマイルカは

こちらの海岸に来てとても元気になったそうです。

泳ぎも見事でビュービュー波を切っていました。

ホイッスルかな、飼育係さんのところに来ては、

遊んでいきます。

手を伸ばすとつんと鼻先でご挨拶、

これはいい子いい子でしょうか?

やっぱりかわいいですね。

私の手のひらもくすぐったい気がしました(笑)

9月18日には、浅虫水族館に帰るそうです

「天高く」

「天高く」

9月5日 八戸市 フクロウさん

散歩の途中で見かけたコスモス、

気がつけば空がずいぶん高いように感じました。

そして、さやかに吹き抜ける風も、

もう秋が近いことを思わせるものでした。

「返り咲き」

「返り咲き」

8月31日 むつ市 ナズナさん

友達がちょっと見てうれしそうに指さしたのは、

ハマナスの紅い実と真っ白なハマナスの花。

今頃咲いているのは、多分日陰で

海よりかなり高いところに、あったからでしょう。

白と赤、そしてかすかに感じる海の匂いがしたような

返り咲きの花に、夏の終わりを感じました。

「白 サルスベリ」

「白 サルスベリ」

9月5日 八戸市 慶長良一さん

ことしのサルスベリは例年より房が大きく咲いてくれました。

「秋です ヤマボウシの実」

「秋です ヤマボウシの実」

9月5日 八戸市 慶長良一さん

散歩中、ヤマボウシの赤い実が、

秋ですと教えてくれました。

「ニラの花」

「ニラの花」

9月5日 八戸市 板橋則穂さん

庭先に咲いた白いニラの花に、

蜜を求めてアリが足繁く通っています。

もしかしたらアリさんたちの冬支度は

もう始まっているのかも。

「珍客」

「珍客」

9月5日 八戸市 板橋則穂さん

葉っぱの上で上体を起こしたまま

じっと動かないカマキリ。

何かを狙っているのか、それとも待っているのか。

ことし初めてのお客さんです。

「わが陣地」

「わが陣地」

9月5日 六戸町 よねちゃんさん

近所の草わらで、見つけました。

中央の白い帯の真ん中に陣取り

下向きにジッと獲物を待っている、ナガコガネグモ。

「万葉のいにしえに思いを馳せて」

「万葉のいにしえに思いを馳せて」

7月7日 弘前市 カルトーシカさん

かわらなでしこが咲き始めたのは

6月の末か7月に入ってすぐの頃でした。

9月になった今、花の数は少なくなりましたが

まだ咲いています。陰暦だと7月から9月が秋。

なでしこがきれいに咲いていた時期とぴったりです。

夏の花のようでも秋の七草、

万葉集の時代は、野山にたくさん

咲いていたんだろうなと思いました。

写真は7月7日、なでしこの花数が多くなった時

撮影したものです。

「ひまわりと語り合っているようなモンシロチョウ」

「ひまわりと語り合っているようなモンシロチョウ」

9月2日 三沢市 織笠幸枝さん

夏の終わりに咲いたひまわりにモンシロチョウが立ち寄り、

何かおしゃべりしているようでした。

「朝のあいさつ」

「朝のあいさつ」

9月1日 七戸町 天間啓作さん

晴天の朝、馬たちのあいさつか?

互いにかゆいところに触っているみたい!!

牧場の朝は気持ちいい!

「夏が終わり 今度は秋の季節に」

「夏が終わり 今度は秋の季節に」

8月29日 青森市 SIGEHIROさん

晴れ晴れしい天候ですね。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:16時36分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲