アナキャス

2021年04月08日 (木)ブログ引っ越しのお知らせ


青森放送局ブログをご覧頂きありがとうございます。

ブログを引越ししましたので、お知らせいたします。

下記、URLよりご覧くださいませ。

↓↓↓

https://www.nhk.or.jp/aomori-blog2/

NHK青森の新しいブログです。

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時22分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2021年03月30日 (火)【ご挨拶】5年間ありがとうございました!


青森の長かった冬も終わり、ここ数日は春らしさ満開ですね。

青森市育ちの私は毎年、街から見える山々の雪の量をみて、

いつも春の訪れを感じています。

(花粉による目のかゆみも春を感じる要素のひとつです、つらい!!)

 

さて、いよいよみなさまにご挨拶しなくてはならない時がきてしまいました。

3月26日放送のあっぷるワイドでご挨拶させていただきましたが、

大学を卒業してから5年間、ずーっとお世話になった

青森放送局を卒業することに致しました。

 

これまで放送を見守ってくださった青森のみなさま

本当にありがとうございました。

少しだけこれまでを振り返りさせてください!

 

まず、はじめてコーナーを担当した1年目のこと・・・。

『千葉さん、青森の方言バリバリいけますよね?』と、

当時の上司が任せてくださったのが、「お国ことばで川柳」でした。

なんと丸々3年!MCを担当させていただきました。

収録に慣れるまでは渋谷さんに何回もご迷惑をおかけしました。

みなさんが寄せてくれた川柳を青森なまり全開で紹介するのが本当に

楽しかったです!

(初めての川柳収録・・・。笑顔もこわばっていますね。)

(初めての川柳収録・・・。笑顔もこわばっていますね。)

そして、この看板!覚えていらっしゃる方いますか?

そして、この看板!覚えていらっしゃる方いますか?

お昼前の情報番組、「情報ランチ」です。

スタジオにゲストをお呼びして、県内のイベント紹介をしたり、

防災情報、気象情報などをお伝えしていました。

番組は終わってしまいましたが、大好きな番組でした。

こちらも2年間、携わらせていただきました。

 

そして、3年目にはあっぷるスポーツのコーナーも!

そして、3年目にはあっぷるスポーツのコーナーも!

サッカーワールドカップの話題をお伝えする日は、

真夜中でもテレビの前で試合観戦!

興奮してしまい寝付けず、寝不足のまま出演することもありました。

スポーツ関連では、高校野球のスタンドリポートや、

天皇杯のピッチリポートなども忘れられない仕事のひとつです。

選手が1勝を懸けて戦うすぐそばで取材し、この熱い空気を視聴者に

どうやったら届けられるかということを常に考えていました。

中継などで少しでも現場のリアルさを伝えられていれば幸いです。

 

あっぷるワイドのメインキャスターを務めてからは、

街のみなさんにインタビュー取材をすることも多くなりました。

 

みなさんにお声がけする度に緊張していたのですが、

地元の方はやっぱりすごく温かくて、

忙しくても足を止めて答えてくださったり、

「千葉ちゃん、夕方頑張ってね」と応援してくれる方もいました。

これが本当にうれしかったです。

ちょっと辛いことがあると、

こうやって応援してくれたみなさんの顔を思い出して

スタジオに向かっていました。

 

年賀状やお便りを寄せてくれた方もいらっしゃいましたね。

私が2年間、元気に毎日休まず放送できたのはみなさまのおかげです。

改めてありがとうございました。

 

 

今後ですが

ご縁があり、東京でもアナウンサーの仕事を

続けさせていただくことになりました。

青森のみなさまとのつながりを大切にしながら

東京でも私らしく放送のお仕事を頑張っていくつもりです。

 

そして心に決めたことが1つ。

『ライフワークとして青森の魅力を伝え続けること』です。

青森大使?青森インフルエンサー?

どんな形かはまだわかりませんが

住む場所は変わっても、心はいつもここ青森にあります。

(青森シックになるのはもう覚悟してますので、

 お休みがとれたらまめに帰るつもりです)

 

長くなりましたが、

新年度のあっぷるワイドは私の後任で2人の女性キャスターが担当します。

好奇心旺盛でおいしいもの大好きな荒川紗希キャスター、

そして、おっとりしてるけど芯の強い村田優歌キャスターです。

この2人とは3年一緒にいましたが、

青森のことを深く知りたい、伝えたいという気持ちが

本当に強いキャスターです。

(私の無茶ぶりでこんなポーズもしてくれる心優しい妹たち・・・。)

(私の無茶ぶりでこんなポーズもしてくれる心優しい妹たち・・・。)

今後よりパワーアップしたあっぷるワイドにぜひご期待くださいね!

 

人と環境に恵まれた幸せな5年間でした。

人と環境に恵まれた幸せな5年間でした。

今後とも千葉真由佳をどうぞよろしくお願いします。

 

青森のみなさん本当に今までありがとうございました!

投稿者:千葉真由佳 | 投稿時間:16時25分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2021年02月12日 (金)『津軽の冬の楽しみ!ずぐり回し!』菅井 智絵


新しい年を迎えて1か月ほど経ちましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

寒い日が続きたくさん雪が降って大変なことが多いですよね。

路面凍結、吹雪による視界不良などに十分お気をつけください。

 

雪が降って悪いことばかりではありません!

雪が降り積もるからこそ楽しめることもあります。

2月4日(木)放送の「あっぷるワイド」の中継コーナーで、

津軽地方に伝わる伝統のコマ『ずぐり』について

黒石市にある津軽こけし館からお伝えしました!

 

 こちらがずぐりです!!

 

こちらがずぐりです!!

雪の上でも回せるようにと軸の部分が太くなっているのが特徴なんです!

そして、色がとても鮮やかできれいですよね。

 

 

ずぐりは、木を曲線状に削ったりえぐったりします。

その技術は、こけし作りの基礎的な技術と同じなんです!

そのため、こけし工人の方は、修行の際にずぐりを作って技術を磨くそうです。

 こけし工人の小島利夏さんです!

今回、ずぐり作りを見せてくださった、こけし工人の小島利夏さんです!

父親もこけし工人だった小島さん。

ご自身も伝統を受け継ぎたいと6年前からこけし作りを始めました。

さらに技術を磨きたいとずぐり作りにも力を入れています。

 

これは、木を削る際に使用する”カンナ”。

 

これは、木を削る際に使用する”カンナ”。

先端を見ると、緩くカーブしていますよね。

実は、小島さんが、自ら使いやすいように熱を加えて形成したものなんです。

道具まで手作りとは…すごい!

 

そして、色付けの様子も見せていただきました!

回っているずぐりに、染料を含ませた筆をあてていきます。

回っているずぐりに、染料を含ませた筆をあてていきます。

一瞬で色が入っていく様子は、本当にきれいで、

思わず息をするのを忘れてしまうくらい見入ってしまいました。

 

津軽地方で親しまれているずぐり。

今や全国的にも知られるようになっているんです!

小学3年生の国語の教科書に「コマを楽しむ」という内容があって、

そこで紹介されているんです。

 

津軽こけし館には、「授業で使いたい」と、遠くは九州からも問い合わせが来ているんです!

小島さんは、実際にずぐりで遊んだという関東に住んでいる男の子から手紙をもらってうれしかったと話していました。

 

 

そして、実際に雪の上でずぐりを回してみました!

回し方を指南してくださったのは、ずぐり回し歴35年の鉄マンさんです!

回し方を指南してくださったのは、ずぐり回し歴35年の鉄マンさんです!

 

鉄マンさんは、ずぐり回しの全国大会「全日本ずぐり回し選手権大会」で

審判長を務めているんですよ!

 

真っ白な雪の上の回っているずぐり、きれいで華やかですよね。

雪の上で上手く回せたら、うれしさも倍増です!

真っ白な雪の上の回っているずぐり、きれいで華やかですよね。

投げ方は、おもに3種類。

・サイドスロー

・ボウリング式

・居合抜(刀を抜くようなポーズで)

 

色々投げ方があって、面白いですよね。

みなさんも自分に合った投げ方を見つけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

こけし工人の巧みな技術と愛情が詰まったずぐり。

木のぬくもりの温かさを感じながら、 家族や友人とぜひ外で楽しんでみてください!

みなさんも自分に合った投げ方を見つけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

投稿者:菅井智絵 | 投稿時間:16時23分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2021年02月05日 (金)土偶界のスーパースターと対面


こんにちは! 

先日、ずっと会いたかった超有名人に会いに

八戸市へ。

 

やってきたのは、

「是川縄文館」

 

やってきたのは、「是川縄文館」

「是川縄文館」というワードで、

あの「お方」だと気が付いた方も多いかもしれません。

 

私がずっと会いたかったのは、

国宝「合掌土偶」です!

 

去年、2月に「北海道まるごとラジオ」で縄文の番組を担当してから、

ずっと一目見たいと思っていました。

国宝って、どんな風に展示されているのだろうか?

想像を膨らませながら

いざ館内へ!

 

展示がとても近代的!!!!!

 

入館してすぐ驚きました。

展示がとても近代的!!!!!

 

映像と音で縄文人の生活を紹介してくれる展示がありました。

映像が美しかったので、

飽きずに縄文人の暮らしを学べました。

 

 

こちらは、土偶や土器の展示室。

 

こちらは、土偶や土器の展示室。

展示の仕方やライトがとても工夫されていて

近代美術館にいるような感覚でした。

 

土偶たちもひとつひとつ表情が

個性的で面白かったです!

土偶たちもひとつひとつ表情が個性的で面白かったです!

 

最後の展示は、合掌土偶です!

遂に対面。ドキドキ、、、、、。

最後の展示は、合掌土偶です!遂に対面。ドキドキ、、、、、。

いらっしゃいました!!!想像より小さくて可愛い!!!!

いらっしゃいました!!!

想像より小さくて可愛い!!!!

保存状態がとても良い!!!

 

1つの部屋に展示は合掌土偶1体のみ。

暗いので部屋の中心で

合掌土偶が座った状態で浮いているように見えました!

 

「合掌土偶」は

縄文時代後期の後半 (およそ3500年前頃) に作られたと推定されるそうです。

 

3500年前に作られたものが、

こんなにきれいな状態で、いま目の前にあるって、

とてもすごいことだなと感じました。

不思議な感覚でした!

 

縄文の魅力に浸った一日でした。

「合掌土偶」が国宝から世界の宝になってくれたらいいな~。

 

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に登録されて、

「合掌土偶」が国宝から

世界の宝になってくれたらいいな~。

 

土田翼

 

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:14時53分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年12月25日 (金)『奥入瀬の魅力を届け続けたい!』菅井 智絵


12月17日(木)放送のあっぷるワイドの

県内のここがすごいというものを紹介するコーナー「スゴいっきゃ!」で、

奥入瀬の魅力を発信し続ける男性を紹介しました。

奥入瀬の魅力を発信し続ける男性を紹介しました。

起田高志さん。

十和田市の出身でなんと元プロレスラーなんです!

10年ほど前に故郷に戻り起業しました。

 

起田さんが奥入瀬の魅力を語る際に欠かせないもの…

起田さんが奥入瀬の魅力を語る際に欠かせないもの…

そう、それは『コケ!!!』

そう、それは『コケ!!!』

コケを見たり触ったりするのはもちろん起田さんは、

においを嗅いでコケを楽しんでいます。

 

ちなみにこのコケ、

ジャゴケと言ってマツタケのような香りがするんです!

 

みなさんも奥入瀬に遊びに行った際には、

このジャゴケを見つけてぜひにおいを嗅いでみて下さい。

みなさんも奥入瀬に遊びに行った際には、このジャゴケを見つけてぜひにおいを嗅いでみて下さい。

冬の奥入瀬。雪の下でもコケはいきいきとしています!

起田さんは、新緑や紅葉といった奥入瀬の雄大な自然はもちろん、

コケという小さな自然にも目を向けてほしいと思っています。

 

そして、そのコケの造形美を何かで表せないかと考え、

生み出したのがこちら!

「ひょうたんランプ」

「ひょうたんランプ」

ひょうたんにコケのデザインを施し、

ランプの灯りで“小さな奥入瀬”を表現しました。

ひょうたんにコケのデザインを施し、ランプの灯りで“小さな奥入瀬”を表現しました。

優しくて温かい光ですよね。

この灯りを眺めていると、とても穏やかな気持ちになります。

 

そして起田さんは、癒しを届けたいと県内にある病院で

このひょうたんランプの巡回展を行いました。

そして起田さんは、癒しを届けたいと県内にある病院でこのひょうたんランプの巡回展を行いました。

患者さんからは「感動しました」「心が落ち着きました」など

多くのメッセージが寄せられ、大反響でした。

さらにこれまで、台湾やニューヨークでも展示販売を行っていて本当にすごい行動力ですよね。

さらにこれまで、台湾やニューヨークでも

展示販売を行っていて本当にすごい行動力ですよね。

 

そんな起田さんのモットーは、『人の心を動かしながら生きる。』

多くの人を喜ばせたい。

楽しんでほしいという気持ちが行動に結びついているのだと感じました。

そして、自ら行動することの大切さを教えていただきました。

これからも奥入瀬の魅力を発信し続ける起田さんの活動に注目です!

壁に映った光までもきれいなこのひょうたんランプ。

壁に映った光までもきれいなこのひょうたんランプ。

来年(2021年)3月いっぱいまで(木曜日~日曜日)

三沢市にある工房で制作体験を行うことができます。

来年(2021年)3月いっぱいまで(木曜日~日曜日)三沢市にある工房で制作体験を行うことができます。

寒い日が続きますが、みなさん風邪などひかないように

お気を付けてお過ごしください。

 

菅井 智絵

投稿者:菅井智絵 | 投稿時間:18時16分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年10月06日 (火)チアで青森ワッツを応援し隊!!


10月1日(木)放送のあっぷるワイドの中継コーナーで、バスケットボールBリーグの青森ワッツのチアダンススクール ブルーリングスのジュニアチームの練習の様子を弘前からお伝えしました。

バスケットボールBリーグの青森ワッツのチアダンススクール ブルーリングスのジュニアチームの練習の様子を弘前からお伝えしました。

 ブルーリングスのジュニアチームは、青森・八戸・弘前と県内に3つあります。

合わせて85人いるんです!!小学1年生から高校1年生が所属しています。

 

ワッツのホームゲームや地域のイベントなどでパフォーマンスを披露するために

日々、練習に励んでいます。

 

柔軟や体幹トレーニングにバレエそして、

このように、アクロバティックな動きも取り入れているんです。

このように、アクロバティックな動きも取り入れているんです。

  

指導しているのは、ブルーリングスのメンバーのRUIさん。

指導しているのは、ブルーリングスのメンバーのRUIさん。

 

難しい動きを取り入れることで、向上心を持って練習に打ち込んで欲しいという思いが込められています。

 

みなさんのパフォーマンス…思わず、体を揺らしてリズムをとりたくなりました。

そして、気持ちが高まります!

 みなさんのパフォーマンス…思わず、体を揺らしてリズムをとりたくなりました。

 

さらには、ワッツのチームカラーである青色のタオルを使ったパフォーマンスも披露していただきました!

一緒に会場を盛り上げることができるなと感じました!

そして、何よりレッスンを受けているみなさんのはつらつとした笑顔が、とても印象的でした。笑顔とパフォーマンスから、パワーをもらえました!

 

開幕したBリーグ青森ワッツ。

ブルーリングスのみなさんと一緒に応援していきましょう!!

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:12時24分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年09月10日 (木)『気軽にキャンプを楽しもう!!』菅井 智絵


 9月3日(木)放送のあっぷるワイドの中継コーナーで、

今年8月から、しちのへ観光協会がはじめた取り組みについて

七戸町にある東八甲田家族旅行村からお伝えしました。

 

その取り組みとは…イスやテーブルにテント、

たきび台にオーブンなどのキャンプ用品の

レンタルに加え、設営と撤去をすべて行ってくれる画期的なサービスです。

 

『自然という贅沢を感じて欲しい』という思いが込められている

そのサービスの名は “SOTOKURASHI(そとくらし)”。

 

 “SOTOKURASHI(そとくらし)”

  

使用できるキャンプ用品は、使い勝手が良く

機能的なものばかり取り揃えられています。

 

例えば、こちらのテント!

 例えば、こちらのテント!

六角形の大型のもので、入口が3つあり

通気性が良いことに加えて

風に強いつくりになっています!

 

 

さらにこちらのランタンは、置いても持ち運んでも使えます!

さらにこちらのランタンは、置いても持ち運んでも使えます! 

でも、いきなり道具を渡されても使い方が分からないかも…

しかし、その心配は要らないんです!

 

道具にQRコードがついていて、

それを読み取ると、

動画で道具の使い方を確認することができるんですよ!

非常に便利ですよね。

借りられるグッズの中に、Wi-Fiも備わっているので、

インターネットを利用することもできます。

 

 

そして、キャンプの楽しみは…なんと言っても食事!

ここは、「道の駅 しちのへ」から車で

15分ほどのところにあるので

そこで新鮮な野菜を購入して

持ち込むのも良さそうですよね。

 

さらにこのサービスには、魅力的な食べ物がついてくるんです!

 

さらにこのサービスには、魅力的な食べ物がついてくるんです!

町内産の野菜やチーズがのったピザも含まれているんです!

 

私も、いただきました! 

私も、いただきました!

生地がサクサクで香ばしく、

トマトは焼いたことでギュッと甘みが詰まっていて

チーズがとろとろでした。

外で風を感じながら食べるピザは、

格別においしかったです。

 

 

このSOTOKURASHIのサービスを発案した、

しちのへ観光協会の小舘淳哉さん。

しちのへ観光協会の小舘淳哉さん。

 

キャンプとしてはもちろん、

食事会や飲み会、さらには、会議というビジネスの場としても

利用して欲しいということです。

皆さん、1人1人それぞれの楽しみ方

を見つけて欲しいとお話ししていました。

 

今まで、キャンプに興味があったけれども

準備が面倒で始められなかった人など

気軽にキャンプを楽しめそうですよね。

 

 

価格は、レンタルの貸し出しに加え

設置や撤去さらにはピザ代も含め

4人向けで27,500円。

1人あたりおよそ7,000円です。

 

さらには、1人向けのセットも用意。

 

緑広がる大自然の中で、

リフレッシュに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

菅井智絵

投稿者:菅井智絵 | 投稿時間:15時09分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年06月18日 (木)りんご娘(RINGOMUSUME)インタビュー


こんにちは!

最近、日中の気温が30度以上の日があり、

夏が近づいてきたなと感じております。

ことしの夏はお祭りやイベントの開催などは

ほとんど無いですが、

人と人との距離をとって新しい生活様式を取り入れながら、

青森の自然や美味しい食べ物を満喫したいと思います!

 

6月15日(月)のあっぷるワイドで放送した

りんご娘(RINGOMUSUME)のみなさんの

インタビューを放送しました。

 

今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として

RINGOMUSUME ときさん

ときさん

RINGOMUSUME 王林さん

王林さん

RINGOMUSUME ジョナゴールドさん

ジョナゴールドさん

RINGOMUSUME 彩香さん

彩香さん

それぞれ、おひとりずつインタビューをさせていただきました。

 

土田アナウンサー

 

ことし、りんご娘は結成20周年です。

入れ替わりの激しいアイドルの世界で

20年間活動を続けられるって

本当にすごいことですよね!

土田アナとときさん

今でこそ、ローカルアイドルという言葉が浸透していますが、

今ほどインターネットやSNSが発達していなかった20年前に

地方で活動をするのは大変なことだったのではないかなと思います。

 

土田アナと彩香さん

インタビューでは、

新型コロナウイルスの影響で中止になった

20周年を記念した全国ツアーについて、

今後の活動に向けた思いなどを伺いました。

土田アナとジョナゴールドさん

新型コロナウイルスの影響で活動が制限される状況でも、

青森県のためにアイドルとしていま何ができるのかを考え、

前向きに活動をしている姿が印象的でした。

 

土田アナと王林さん

 

先日、2025年に青森県で開催される

「第80回国民スポーツ大会」のイメージソングを

りんご娘のみなさんが担当することが発表されました。

 

スポーツの祭典をどんな曲で

盛り上げてくれるのか

今から楽しみです!

 

青森県に明るい話題を届けてくれる

りんご娘のみなさんの活躍に

今後も期待したいですね。

 

りんご娘(RINGOMUSUME)のメンバー全員

 

放送したインタビューの内容は

NHK青森放送局のHPで公開しています!

https://www.nhk.or.jp/aomori/plus/contents/200617_1.html
※公開は放送日から2カ月程度です。

 

ぜひ、ご覧ください!

土田翼

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:15時30分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年06月12日 (金)『躍動感あふれる書道パフォーマンス!!』菅井 智絵 


6月4日(木)放送のあっぷるワイドの中のコーナー「中継あっぷるライブ」で、八戸東高校の書道部についてお伝えしました。

 

書道パフォーマンスの全国大会を目指していた部員の皆さん。今年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止になってしまいました。しかし、活動をとめることなく練習を続けています!

 

書道パフォーマンスとは、字体や筆運びといった書道の要素とダンスや構成というパフォーマンスをバランスよく融合させ、自分たちのメッセージを伝えるものです。

 

例えば、こちら!

書道パフォーマンスとは、字体や筆運びといった書道の要素とダンスや構成というパフォーマンスをバランスよく融合させ、自分たちのメッセージを伝えるものです。 

 

書道部というと、机に向かって練習するというイメージがありましたが…八戸東高校の書道部では、ダンス練習をしていたり体幹トレーニングを行っていたりと、アクティブに活動していました。

 

パフォーマンスで書く文字、ダンスや選曲などはすべて部員の皆さんで話し合って決めています。そのため、準備には長い期間を要します。

今年のテーマは、1月から話し合いをはじめていましたが学校が休校になってしまいSNSなどで話し合いを行っていました。

 

そこで今回、3年生の部員のみなさんが練習してきた書道パフォーマンスを特別に披露していただきました。

 

完成したものがこちら!!!

完成したものがこちら!!

私は、書道パフォーマンスというものを初めて生で間近で見させていただきました!

部員のみなさんの動きや掛け声がピッタリ合っていて、迫力があり躍動感がありました。

思わず見入ってしまいました。

 

 

『生命力』がテーマの作品です。真ん中に緑色で堂々と”いぶき”と書いてあるのが

とても印象的です!

 

今後は、7月に行われる文化祭に向けてさらに練習を重ねていきます。残念ながらその文化祭、今年は一般公開がなく、学内のみでの発表になります。

 

目標に向かって諦めずに頑張る大切さを教えてもらいました!

今後の活躍にも期待しています!

 

 

今回、パフォーマンスをしていただいた八戸東高校書道部3年生のみなさんです!

 

今回、パフォーマンスをしていただいた八戸東高校書道部3年生のみなさんです!

そして、部員のみなさんにもご協力いただきました!練習中にお邪魔しました。

ありがとうございます!

 菅井 智絵

投稿者:菅井智絵 | 投稿時間:18時15分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)


  

2020年05月12日 (火)ソーシャル・ディスタンシング ~りんごとねぶたで測ってみた~


お久しぶりです。

来月で青森での生活が3年目を迎えます!

新型コロナウイルスの影響で、私自身の生活も一変しました。

最近の癒しは、弟から送られてくる実家にいる犬の写真です。

最近の癒しは、弟から送られてくる実家にいる犬の写真です。

 

家で過ごす時間が増えたことで、

掃除を頑張ったり

これまであまりしてこなかった料理に挑戦したりするなど、

自分なりに工夫をして毎日を過ごしています!

 

きょうは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、

ある言葉を知って頂きたいと思い、ブログを書きました。

 

「ソーシャル・ディスタンシング」という言葉、ご存知ですか?

 

「ソーシャル・ディスタンシング」という言葉、ご存知ですか?

テレビなどで聴いたことがあるという方も多いかもしれません。

これは「社会的距離をとる」という意味で、

人と人との距離を保つことを指します。

目安の距離は、およそ2mです。

目安の距離は、およそ2mです。

人と人との距離を2m保つことが、

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことにつながります。

 

今回、NHK青森放送局では、

「ソーシャル・ディスタンシング」について

紹介する動画を作成しました。

2mという距離に親しみを感じてもらうため、

「りんご」と

「りんご」と

「ねぶた」を使って2mを測ってみました。

「ねぶた」を使って2mを測ってみました。

 左から土田翼、高市佳明アナウンサー、園田遼斗アナウンサーです

(左から土田翼、高市佳明アナウンサー、園田遼斗アナウンサーです)

 

 

 

一人でも多くの人に

「ソーシャル・ディスタンシング」について知ってもらい、

2mという距離について考えて頂くきっかけになればという思いで、

動画を制作しました。

 

我慢の日々はまだ続きますが、

こんな時だからこそ、一人一人が相手を思いやり、

手を取り合っていまを乗り越えていけたらと思います。

 

私も青森のために

いま何ができるのかを考えながら

毎日を過ごしていきます。

 

土田翼

投稿者:運営スタッフ | 投稿時間:17時41分 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲