第12弾

パラ卓球 × チームふたり

テーマ曲・横山だいすけさんインタビュー

“たくさんの「好き」を歌で表現できたらいいなと思いました”

「アニ×パラ」第12弾のオファーを受けたときは、どう思われましたか。

横山 お話をいただいてからパラ卓球を知ったのですが、歌うことで誰かを応援できることは本当にうれしかったです。パラ卓球を深く知るきっかけにもなりましたし、「全力で応援できるんだ!」という喜びでいっぱいでした。
資料としていろんなパラスポーツの映像を見させていただき、選手同士が激しくぶつかり合う姿にとても圧倒されて、選手の皆さんが「頑張ろう!」と思える力になるような、一歩を踏み出す勇気がわくような歌を届けたいという思いがより強くなりました。

パラ卓球の印象はいかがでしたか。

横山 今回、パラ卓球日本代表の岩渕幸洋選手と対談をさせていただいたのですが、そのときに「相手の弱点を狙うことが、相手へのリスペクトにつながる」とおっしゃっていて、最初に聞いたときはビックリしたんです。どちらかと言うと、相手の弱点を狙うことはフェアではないというイメージがあったのですが、岩渕選手の話を聞いて、むしろ相手の弱点がどこかを見つけ出して狙っていく、また自分も弱点を克服するために努力を重ねることで成長できるし、それが相手をリスペクトすることにつながるんだなって思ったら、今までと見方が変わりました。お話を聞いてから試合を見たら、技が決まった瞬間、決められた瞬間に、それぞれの選手の物語が生まれているんだなと思って胸がいっぱいになっちゃいましたね。

あとは、障害のレベルに合わせてクラス分けされて戦っていることも初めて知りました。脚や手など同じところに障害を持った選手同士で戦うものだと思っていたので。そうではなくて、例えば車いすの選手とラケットを口にくわえている選手が同じフィールドで戦っている試合を見たときに、お互いがどうやって攻めていくのかがとても興味深かったです。そういう情報をいろいろと知っていくことで、パラ卓球をどんどん好きになっていきました。

「パラ卓球編」のアニメをご覧になって、特に印象に残ったシーンはありますか。

横山 高校生の岩渕幸洋選手(CV:神木 隆之介)が中学生の大地(CV:下野 紘)と純(CV:梶 裕貴)と勝負をするシーンですかね。中学生の2人は「脚をケガしているから、ちょっと遠慮しよう」と思うけれど、だんだんと岩渕選手の本気を感じて「そんなこと考えちゃダメだ。自分たちも本気で勝負しよう」って思うんです。フィールドに立ったら障害があるとか、健常者だとかは関係ないんだなっていうことが印象的なシーンでした。障害のある方との向き合い方というのも、改めて考えさせられましたね。僕の勝手なイメージですが、障害のある方は健常者と違う部分があることで自分の中で引いてしまう瞬間があったりするのかなと思っていたのです。しかしそうではなくて、常に前向きに自分にしかできない道に進んでいこうとする岩渕選手の姿にすごく励まされました。そして、自分にも僕だからできることがあるんじゃないかなって考えるきっかけになりましたし、見終わったあとにすごく爽快感がありました。

今回のテーマ曲は、つんく♂さんが書き下ろしをした『もったいない青春』です。最初に聴いたときの感想はどうでしたか。

横山 最初はタイトルを見て、「何がもったいないんだろう」と思ったのですが、曲を聴いてみたらすごく前向きなフレーズが多くて、「たった一度の人生だから、今を思い切り楽しもうよ!」と背中を押してくれるような、自然と元気をもらえるような曲だと思いました。その中にはやはり、つんく♂さんご自身が大病をされたことで大好きな歌を歌えなくなってしまった経験や、それでもなお音楽を作り続けていく意味が込められているというか、つんく♂さんが作る音楽のあたたかさを感じました。僕も「歌が大好き」という気持ちがずっとつながって今があるので、そういう自分の気持ちとつんく♂さんが音楽を好きな気持ち、そして選手のみなさんが「プレーをすることが大好き」という気持ち、たくさんの「好き」を歌で表現できたらいいなと思いました。

つんく♂さんからお手紙をもらったと伺いました。

横山 そうなんです。ビックリしました。「家族で、だいすけお兄さんを見ていたんです。支えられました。ありがとう」と書いてくださっていて。その「ありがとう」という気持ちも要素として曲に入っているのかもしれないと感じましたし、「ありがとう」と言っていただけたうれしさや、あたたかさを、曲を聴いてくれる人にも届けたいという気持ちが溢れてきました。

NHK東京児童合唱団のみなさんとのコラボは、「アニ×パラ」初の試みです。収録を終えた感想はいかがですか。

横山 感動しました! 僕自身が小学校3年生から大学生までずっと合唱をやってきたので、僕の原点は合唱にあるんです。なので、今回NHK東京児童合唱団の子たちと歌えることはすごくうれしかったですし、みんなで肩を組んで選手のみなさんにエールを送っているような、あたたかくて幸せな気持ちになりました。
最初のほうにもお話ししましたが、僕は今回の歌を通して、選手や見てくださるみなさんが元気になれるようなパワーを届けられたらいいなと思っています。楽しいことは遠くにあるのではなくて、自分の周りにある楽しいことに気がつけるかどうかで気持ちが全然変わってくると思うんですよ。そういう身近にある楽しさに気づくきっかけになってもらえたらいいなと思います。

手話での振り付けがありましたが、今まで手話の経験はありましたか。

横山 手話を使った歌は前に少しだけやったことがあるのですが、ほとんど未経験です。でも僕は現役の歌のお兄さん時代から振り付けがあるほうが歌に気持ちが込めやすいと思っていたので、今回も手話が入ることで伝えたいことがよりクリアになったように感じました。というのも、振り付きで歌うにあたって歌と手話を分けて練習してみたんですよ。そうしたら、ひとつひとつの動きに言葉と魂が伝わっていく瞬間を感じられてうれしかったです。
今回は、「なるべくポジティブな手話で表現したい」と振り付けの先生がおっしゃって、「幸せ」や「努力って素晴らしい」という言葉にして入れてくださったんです。そういう先生の思いを伺ったことで、手話も言葉であり、歌のひとつとして見ている人にちゃんと届けたいなっていう気持ちが強くなりましたね。

最後に、パラリンピックに向けて日々努力されている選手のみなさんにエールをお願いします。

横山 今回のテーマソング『もったいない青春』を通して、「もう1歩頑張ってみよう!」「よし!楽しむぞ!」と思っていただけるように、元気パワーを込めて歌いました。パラ卓球の選手のみなさんに届け、元気パワー!!

本日はありがとうございました。