第9弾

ボッチャ × ひうらさとる

風間結衣役・花澤香菜さんインタビュー

“結衣ちゃんみたいに行動を起こせる人はすごいなと思います”

「アニ×パラ」第9弾のオファーを受けるまで、パラスポーツにどのようなイメージをお持ちでしたか?

花澤 ニュースの特集などでパラスポーツのルールや、選手のみなさんのインタビューを見ることはあっても、なかなか競技自体をプレーしたり、見たりすることはなかったのでボッチャも初めて知りました。なので、今回パラスポーツにちゃんと触れることができて良かったなと思っています。

ボッチャの印象はいかがですか?

花澤 ボッチャは、ルールが本当にわかりやすいですよね。アニメの中で、「ずるい方が有利なスポーツだ」みたいなことを言われるのですが、頭を使いながらやっていく競技なので、プレーするのも、見ているのも、いろんな楽しみ方ができるスポーツだと思いました。

台本を読んで、風間結衣という役をどのように演じようと思いましたか?

花澤 今回の作品は、実際に起こりそうなリアルさがある物語だなと思ったので、見ている方に“身近に感じてもらえるキャラクターになるように”というのは、意識しました。彼女は、すごく純粋だし、前向きだし、お仕事も一生懸命やっているけれども、実は悩みを抱えていて、その中でボッチャに出会うことで自分の悩みも少しずつ解消していくんですよね。私は、面と向かって人と話をしたりすることがあまり得意ではないので、結衣ちゃんみたいに行動を起こせる人はすごいなと思います。

幼なじみの美穂との間に感じた心の壁を越えようとする、結衣の行動力に感心したのですね。

花澤 ダイバーシティーって難しいじゃないですか。特に対人関係だと、何をどこまで深く踏み込んでいいのかとか悩むよなぁって。でも、結衣ちゃんの場合は、考えてどんどん沈んでいくんじゃなくて、ちゃんと前を向いた悩みだと思うんですよね。そういう、沈み過ぎず前向きに行動するというのも、意識して演じました。

最後、未来に向かって、虹の橋をキャラクターたちが歩いてくシーンが印象的です。

花澤 そうですね。結衣ちゃんが美穂ちゃんと一緒にボッチャをやるのかなとか、ボッチャの経験がまた仕事につながっていくのかなとか、未来を創っていく感じがしてステキな演出だと思いました。結衣ちゃんたちがボッチャを体験した体育館を、これからもいろんな人が利用していく姿を想像すると楽しくなってくるというか、トキメキの詰まった作品になったなという感じです。今回の「アニ×パラ」を通して、ボッチャに触れてみたいと思ったり、悩みを解消するきっかけになる方がいるかもしれないと思うと、その一部になれたというのはすごくうれしいです。

アニメや漫画などのコンテンツが持つ力については、どのように思われますか?

花澤 私も中学生の頃に歴史の漫画で勉強したり、囲碁や将棋の漫画を読んでルールを知ったりしましたが、知らなかったことをライトに知ることができる手段のひとつなのではないかと思います。なので、「アニ×パラ」はパラスポーツを身近に感じられて、いろんな人に広まっていく、とてもステキな企画ですよね。
今回は、ひうら先生の、日常の中にトキメキのある作風に引き込まれて、私も漫画の中にすんなり入っていけました。ボッチャは本当にルールがわかりやすいですし、アニメを見たらボールを握ってみたくなったりするのではないかなと思うので、ぜひライトな気持ちで見ていただきたいです。

本日はありがとうございました。