ブログこまち~NHK秋田だより~

2021年6月

2021年06月24日 (木)

7月のお題、決まりました!【お題を考えるスタッフ一同】

いつも秋田放送局「ブログこまち~NHK秋田だより~」をご覧いただき、
ありがとうございます。
お題を考えるスタッフ一同です。

 

先日、「お題を考える委員会」が行われました。


7月7日は七夕ですね。
七夕には、短冊に願い事を書いて笹に飾る風習があります。
童謡の歌詞にもある”五色の短冊”ですが、
一説によるとその色には
それぞれ意味があるともいわれています。
さて、皆さんはどんなお願い事をしたいですか?

 

こちらに伴いまして、今月のお題は…

【続きを読む】

2021年06月22日 (火)

みなさんはじめまして【山中翔太】

秋田放送局に赴任しました新人アナウンサーの山中翔太と申します。

熊本県で生まれ、自然に囲まれた中でのびのびと育ちました。
今回、はじめて秋田県に住むことになります。
暑さには強い自信がありますが、寒さにはめっぽう弱い私。
秋田の生活で少しでも強くなって、ウィンタースポーツを積極的に
楽しめるようになりたいなぁと思っています。

これから秋田県の魅力を県内外に向けて全力で発信していきます!
よろしくお願いします。

 

さて、先日美郷町ラベンダー園に行ってきました。
ここではラベンダーがいま見頃を迎えています。

園内に入ると目の前は一面が紫一色。
まるで「紫の絨毯」のようにラベンダーが広がり
辺りはほのかに甘い香りに包まれていました。
yamanaka1.jpg

じっくりとラベンダーを観賞してみると一つ一つの花は1センチにも満たない大きさ。
この小さい花が集まることで幻想的な景色になっているんですねぇ。

他にも、美郷町オリジナル品種の白い色のラベンダー「美郷雪華(みさとせっか)」や
薄い紫色が特徴の「ラバンディ」などもブロックごとに植えられていて、
園内を一周するなかで様々な種類のラベンダーを観賞できました。
yamanaka2.jpg

秋田の初夏の魅力の一つに触れられた瞬間でした。
これからも秋田の季節の魅力を自分の目で見るために、県内各所を巡りたいです。

yamanaka3.jpg

2021年06月16日 (水)

2021年6月15日に番組で紹介した秋田弁川柳

6月のお題 「わんざに(秋田弁で『わざわざ』の意)」「好きな秋田弁を使った川柳」

 

 kinsyou_2.jpg  
米しょって わんざに 亡父(ちち)は 下宿屋に  (秋田市 ペンネーム 山野花子 さん)

 

 ginsyou_2.jpg
(こい)のぼり しょって わんざに 初孫へ (潟上市 小熊顕二 さん)

 

 

 dousyou_2.jpg 
巣籠()もりに 葉書わんざに まめでらが (能代市 ペンネーム あまやどり さん) 
※「まめでらが」は「元気にしているか」の意味。

廃校に 友も わんざに 来て涙 (能代市 ペンネーム まさきくん)


2021年06月10日 (木)

でゅるん【加藤直樹】

こんにちは。加藤です。

6月に入り、暑い日が徐々に増えてきました。

ふだん散歩や筋トレなどしているので
体力に自信が無くはないのですが、
うっかり水分補給を忘れていると、
立ちくらみやめまいなど、熱中症の初期症状が出たことがありました。

気づかぬうちに体には負担がかかっていたようです。

それ以降は水筒を常備し、こまめに摂るよう心がけています。
みなさんも早め早めの対策で、熱中症にはお気を付けください。

 

さてこの前の週末、旬の味覚を求めて
三種町へじゅんさい摘み体験に行ってきました。

 

小舟に乗って水中の芽を摘むのは
バランスをとるのに苦労しましたが、
慣れてくるとだんだん夢中に。

あっというまに時間がすぎました。
とっても楽しい時間でした。


そのときの成果がこちら。

20210610katou.jpg

でゅるんでゅるんです。

水で軽く洗い、
熱湯で1分弱ゆでたのち氷水でしめ、
ポン酢としょうがを合わせてみました。

20210610katou2.jpg

うーん美味。
自分で摘んだからか、ひときわおいしく感じました。
まだ摘んだじゅんさいは残っていますが、すぐに無くなってしまいそう。
大事に様々な調理法で食べてみようと思います。

2021年06月09日 (水)

おいしさ伝われ!【渡辺早紀】

先日このブログで受験を報告した
「あきた地魚・旬の魚検定試験 初級」
無事合格していました。

IMG_0632.JPG

初級合格者として目標があります。
魚が食べられない友人に、秋田の魚のおいしさを伝える!
そして魚を食べられるようになってもらう!!

 

私自身、幼い頃は魚を食べるのは苦手なほうでした。
魚を克服したのは小学6年生の夏休み。
家族旅行で静岡・下田に行った時です。
そこで食べた「アジ」がおいしくて、それ以来魚が食べられるようになりました。

 

きっと秋田の魚でも同じことが起こると思います。
最近私はマダイのお刺身を食べました。
臭みもなく上品な味で、魚が苦手な友人でも食べられると思いました。
ぜひ友人にも食べてもらいたいです。


自由に県外と行き来できるようになったら
友人を秋田に呼んで、旬の魚を食べてもらいます!

「秋田の魚っておいしいね」
「秋田旅行がきっかけで魚が食べられるようになった」
って言ってもらえるよう、全力で魅力を伝えようと思います。

伝われ!秋田の魚のおいしさ!!!!!