スペシャル

今さら聞けないAKB白熱教室

AKB48初心者というあなたのための特別講座

AKB48初心者というあなたのための特別講座

  • 講義一覧
  • TOP

講義詳細

2013年11月30日(土)#8「衣装」

★AKB48の基礎知識POINT1
AKB48グループの衣装は、曲の雰囲気や歌詞、振り付けに合わせて、約20人の専属スタッフで製作されています。

AKB48の基本的な選抜メンバーの編成は、通常16人
メンバーの衣装は、それぞれの曲をイメージした統一感が感じられます。
ですが、実は1人ずつデザインを変えていることが多いのです。
スタッフは、メンバーの個性を考慮した上で、1人1人が最大限に輝けるように衣装を作っています。

★AKB48の基礎知識POINT2
AKB48のために、昨年1年間に作られた衣装の数は、約6000着
衣装スタッフ全員が徹夜で作業をし、メンバーの衣装22着を、たった3日で完成させたことも!
そんな衣装スタッフの努力も、今のAKB48を支えているものの1つなのです。

AKB48を陰で支える衣装スタッフ、その総責任者が、茅野しのぶさん
グループ結成当時には、たった1人で衣装を担当していました。
そんな茅野さんに、お話を聞いてみました。

Q.AKB48の衣装のコンセプトは?

茅野さん
「コンセプトとしては、やっぱり秋元康プロデュースなので、秋元さんの思い描く頭の中をどう具体的に表現するかっていうのがまずひとつと、『アイドル=ダサい』っていう感覚を変えたいなっていうのは、もってやり始めたって感じですね」

Q.衣装でこだわっているポイントは?

茅野さん
「例えば指原だったら、自分の一番好きなところっていう風に聞かれたら多分、っていうと思うんですよ。やっぱり誰が見ても、脚キレイだと思うので、指原はちょっと丈を、みんなよりも若干短くしてるとか」

Q.メンバーからの衣装の感想は?

茅野さん
「ぱるるはお手紙くれたりとか。ちょっと意外かもしれないですけど(笑) 優子は工場さんにまで紅白の衣装作ってるときに『本当にありがとう』とか(伝えて)。小嶋さんも『やっぱりウチの衣装!』って言ってくれたり」

茅野さん
「何気ない一言だったり、感謝をその都度出してくれるので、『この衣装ウケが良いな』とか『この衣装ウケが良くないな』ってすぐ分かるので。でもなんかこっちにはこっちの思惑があるんだよっていうのもあったりとかする中で。だからコミュニケーションってホント大事だなって思います」

AKB48の衣装はスタッフの愛情でできているのです!

今回はAKB48の「衣装」についてお勉強しました。いかがでしたか? メンバー1人1人の衣装の違いに、注目してみましょう!

  • 講義一覧
  • TOP