スペシャル

今さら聞けないAKB白熱教室

AKB48初心者というあなたのための特別講座

AKB48初心者というあなたのための特別講座

  • 講義一覧
  • TOP

講義詳細

2013年11月9日(土)#6「センター」

★AKB48の基礎知識POINT1
AKB48のメンバーは曲ごとにそれぞれの立ち位置が決められています。
その中でステージ最前列の中央に位置するポジションが、センター
センターポジションは、シングル曲ごとにメンバーの中から選抜されます。
選ばれるには、歌やダンスなどの素質はもちろん、アイドルとしての人を惹きつける魅力が必要不可欠!

メンバーたちは、このセンターに立つことを夢みて、日々努力をしています。
メンバーは仲間であると同時に、センターの座を競い合うライバルでもあるのです。

しかし、30曲以上ものシングルを出している今でも、ここに立ったことのあるのはほんの一握りのメンバーだけ。

★AKB48の基礎知識POINT2
通常センターは、スタッフによって決められますが、それをファンが決めることができるのが、「AKB48選抜総選挙」

ファンからの投票が一番多かったメンバーがセンターの座に着ける、という年に一度の夢の舞台
この画期的なシステムが、AKB48の「センター」という価値を世の中に広めました。

今では誰もが知っているセンターという言葉ですが、AKB48が誕生するまでは余り重要視されていませんでした。
「センター」とは、まさにAKB48によって生まれた言葉と言っても過言ではないのです!

★AKB48の基礎知識POINT3
彼女たちのステージ上には、番号が振られています。
その番号は両端から始まり、中心に向かって数が少なくなっていきます。
そして、中心にあるのが“0”の数字、センターになったメンバーだけが立てる場所です。

メンバーたちが目指すセンター(0の場所)ですが、そこに立つ者には他のメンバーには無いプレッシャーがあります。
歌ってる最中、他のメンバーの後ろ姿が一切見えないセンター。時には不安な心理状態にもなりますが、メンバーを引っ張っていかなければいけません。
センターというのは、華々しく見える反面、孤独との戦いでもあるのです。

★AKB48の基礎知識POINT4
そんなセンターを14歳から務め続けたのが、前田敦子。不動のセンターと言われています。
結成当初、秋元康は「一番センターに向いていない」という理由で、アイドルとしてまだ未完成だった前田を、あえてセンターに指名。
そして彼女は、ファンの応援に後押しされながら数々の楽曲のセンターを務め、名実共に本物のセンターに成長しました!

今回はAKB48の「センター」についてお勉強しました。いかがでしたか? 今後もセンターに立つメンバーに注目!

  • 講義一覧
  • TOP