後援申請のながれ

  • 1.後援申請書に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて郵送またはご持参ください

  • 2.申請を受け付けてから審査結果を通知するまで、3週間ほどお時間をいただきます

  • 3.申請の許諾は、「後援承認許可書」の郵送により通知いたします

  • 4.実施終了後、「実施結果報告書」をご提出ください

後援申請手順

  • 後援申請書に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて郵送またはご持参ください。(公印が必要なためFAXおよびメールでは受け付けできません)

    【申請必要書類】

    • 後援申請書 ※正式な主催団体名称でさらに代表者の押印があるもの
    • 趣旨・実施内容がわかる事業の実施要項・募集要項(または企画書・計画書)
    • 主催団体の規約にあたるもの(定款・寄付行為・会則など)
    • 主催団体の役員名簿
    • 収支予算書(チャリティーの場合、予定額と全体収支に対する割合もわかるもの)

      ※その他、行事の内容のわかる書類、チラシ、パンフレットなどを適宜添付してください。場合によっては(特に新規事業)、上記以外の資料の提出をお願いすることがあります。

  • 申請を受け付けてから審査の結果通知までは、3週間ほどお時間をいただきます。

    ※チラシ・ポスターなどの印刷をする場合は、余裕をもって申請してください。
    また、印刷物などへの名義掲載は、承認許可書が届いてから進めてください。

  • 審査結果は書面で連絡いたします。
  • 実施終了後速やかに実施結果報告書(A4・書式自由)をご提出ください。

注意事項

  • 申請書提出後あるいは承認通知後に、事業内容に変更があった場合は速やかにご連絡ください。変更の内容によっては、後援を取り消す場合もあります。
  • 必要書類が不足している場合は、審査にかけられませんのでご注意ください。
  • 継続の事業についても、その都度必要書類を添えて申請してください。
  • 特定の企業・商品・個人等のPRにつながると考えられる事業、名称に個人・グループ・企業名の入った事業、特定の政党や政策・思想・宗教・学説・流派等の行事への後援は原則としてお断りしております。また、当該事業に係る者が暴力団関係者と判明した場合は後援をお受けできません。
  • 主催団体は、非営利で申請事業について十分に責任の負える法人格を有する団体が原則です。法人格をもたない実行委員会などの任意団体や個人(グループ)、また営利法人等が主催する事業の後援は原則としてお受けできません。
  • 公共放送の立場から公平・公正を期するため、その事業趣旨・実施内容が後援にふさわしいかどうかを慎重に審査いたします。そのため、審査の結果、後援をお受けできない場合もあることをご了承ください。

申請必要事項ならびに注意点についてご確認いただけましたら申請書ダウンロードいただき、
印刷・記入のうえ、ご申請ください。

NHKはみなさまからいただく放送受信料を財源として運営される公共放送です。
放送受信契約と受信料のお支払いにご協力をお願いいたします。

申請書送付先

〒231-8324
横浜市中区山下町281
NHK横浜放送局 企画編成部 「後援申請」担当 あて
TEL:045-211-0418

↑ ページの先頭へ