(更新日:2019年12月11日)

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅▽生きものたちが集うゴルフ場 茅ヶ崎市

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅
  • 総合
  • 12月13日(金)
  • 午後3:35〜午後3:45

コースの脇の草むらにはノウサギが走り、木の枝には鳥の巣箱が。ここは60年ほど前、谷戸が入り組む丘陵地に作られたゴルフ場だ。ゴルフ場というと自然を破壊すると思われがちだが、ここはできる限り農薬の使用を控え、草の刈り方も工夫して昆虫や鳥など小さな生きものとの共存を図っている。こうしてゴルフ場の中に小さな里山の世界が残されたのだ。夏が終わる頃、日暮れと同時に虫の音を聞こうとゴルファーたちが集まってくる。

新日本風土記「忠臣蔵」

新日本風土記
  • BSプレミアム
  • 12月13日(金)
  • 午後9:00〜午後10:00

300年、日本人が愛し続けてきた「忠臣蔵」。あだ討ちを果たすまでの義理と人情の物語は、歌舞伎になり、講談で語られ、虚実ないまぜの物語に。北海道の原野、赤穂浪士と縁のない場所になぜか浪士の墓。“あだ討ちの神さま”箱根神社には、大石内蔵助が作らせた討ち入りに関わる貴重な資料が。沖縄には琉球文化に溶け込む忠臣蔵。切腹も首取りもありません。人々が心の中で育てた赤穂浪士の物語。年の瀬の夜、忠臣蔵の旅へ。

【語り】松たか子,中條誠子,井上二郎

沁(し)みる夜汽車「息子と車窓の風景を〜江ノ島電鉄〜」

沁(し)みる夜汽車
  • 総合
  • 12月14日(土)
  • 午前2:55〜午前3:05(金曜深夜)
  • BS1
  • 12月14日(土)
  • 午後3:40〜午後3:50

寝入りばなの前に心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げる「沁みる夜汽車」。今回は、江ノ島電鉄にちなんだお話。心臓の難病に苦しむ少年の夢は運転士になることだった。多くの人たちの“善意”によって、その夢は実現する。しかし、わずか4日後に亡くなってしまう。少年の夢を実現させようとした父親、そして、その思い出を胸に、力強く生きようとする物語。

【語り】森田美由紀

美の壺「祝い渦巻く 中華街」

美の壺
  • BSプレミアム
  • 12月14日(土)
  • 午前6:30〜午前7:00【再放送】

長崎で育まれた唯一無二の和華蘭(わからん)文化で生まれた祝いの円卓・卓袱(しっぽく)料理▽バスティー?ハトシ?謎の料理がいっぱい▽神戸の中華街では、街をあげて祝う中秋の名月。中秋節限定の月餅はアヒルの卵入り!▽壮観!70頭の獅子が舞う!横浜中華街。新しい獅子に命を吹き込む点睛開眼(てんせいかいがん)という珍しい儀式に潜入!幸せを願って1500人の華やかなパレードにぎやかに!<File:492>

【出演】草刈正雄,【語り】木村多江

釣りびと万歳▽“海の暴れん坊”ウツボと一騎打ち〜板橋駿谷 神奈川・城ヶ島〜

釣りびと万歳
  • BSプレミアム
  • 12月15日(日)
  • 午後5:30〜午後6:00

“海のギャング”と呼ばれるウツボ。どう猛でエビやカニ・タコを襲い、「穴に潜って仕掛けを切る」と釣りびと泣かせの魚。実は岸近くの岩場で大物が狙え、釣りのターゲットにすれば抜群のおもしろさ。神奈川県三浦半島突端・城ヶ島の岩場で、重くのしかかる引きが醍醐味の1m超えをねらう。皮目を炙った“刺し身”や鶏肉のような味わいの“天ぷら”ほか、珍しいうつぼ料理も満喫。

【出演】板橋駿谷,【語り】田中美佐子

ふらっとあの街 旅ラン10キロ「神奈川 湯河原→真鶴 温泉ラン」◇つるの剛士

ふらっとあの街 旅ラン10キロ
  • BSプレミアム
  • 12月18日(水)
  • 午後7:30〜午後8:00

旅ランナーのつるの剛士さんは温泉宿から旅ランスタート。朝の温泉街は風情があってとっても爽やか。紅葉が美しい森の中の足湯では思わず一句ひねり、駅前の手湯では山の妖精と遭遇!? 知る人ぞ知る街の人イチオシの高台では初冬の青い海を一望する絶景を堪能し、古い石切り場では溶岩でできた石の壁に圧倒されて、、、。地元のグルメも味わいながら、大地の恵みとエネルギーを五感で味わった旅ラン10キロ。

【リポーター】つるの剛士,【語り】奥貫薫

内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。

↑ ページの先頭へ