(更新日:2019年12月6日)

美の壺「祝い渦巻く 中華街」

美の壺
  • BSプレミアム
  • 12月6日(金)
  • 午後7:30〜午後8:00

長崎で育まれた唯一無二の和華蘭(わからん)文化で生まれた祝いの円卓・卓袱(しっぽく)料理▽バスティー?ハトシ?謎の料理がいっぱい▽神戸の中華街では、街をあげて祝う中秋の名月。中秋節限定の月餅はアヒルの卵入り!▽壮観!70頭の獅子が舞う!横浜中華街。新しい獅子に命を吹き込む点睛開眼(てんせいかいがん)という珍しい儀式に潜入!幸せを願って1500人の華やかなパレードにぎやかに!<File:492>

【出演】草刈正雄,【語り】木村多江

岩合光昭の世界ネコ歩き「鎌倉」

岩合光昭の世界ネコ歩き
  • BSプレミアム
  • 12月6日(金)
  • 午後10:00〜午後11:00
  • BSプレミアム
  • 12月11日(水)
  • 午後0:00〜午後1:00【再放送】

岩合さんお気に入りのネコが鎌倉の材木座海岸にいる。出会いは2年前、ふっくらとした体に黄色の毛並み、たちまち大好きになったという。浜の人気者で地元ばかりでなく、遠くからも会いに来る人がいるほど。日本列島を台風が襲った後、心配になった岩合さん海岸に行ってみた。鎌倉では明月院や満福寺でも撮影し、ネコが大切にされているのを見てうれしくなる。更に、小町通りのジャズ喫茶や葉山の美容室でもネコたちに出会った。

【出演】岩合光昭,【語り】相武紗季

イッピン選「町工場発 匠(たくみ)の技でおいしく!〜神奈川 金属製品〜」

イッピン選
  • 総合
  • 12月8日(日)
  • 午前4:30〜午前5:00

横浜中華街の料理人たちの大半が愛用しているという鉄の中華鍋がある。横浜の町工場で作られたものだ。それを家庭用にコンパクトにしたものが今、大人気だ。火の通りがよく、おいしく炒め物ができる秘密とは?また川崎からは「ヘラ絞り」という高度な加工技術を駆使したステンレス製のタンブラーが登場。ひんやりとした感じと抜群の飲みやすさで、使うものを魅了する。神奈川の金属製品の魅力を、おのののかさんが徹底リサーチ!

【リポーター】おのののか,【語り】平野義和

らじるセレクトポップシティツアー ▽湘南

らじるセレクト
  • ラジオ第1
  • 12月8日(日)
  • 午後3:05〜午後3:55

今回は、「ポップシティツアー 〜湘南〜」をお送りします。 ▽都市が生み出した音楽を体感するミュージック・ジャーニー、湘南の旅! ▽「エンターテイメント・ツーリズム」的な新しい視点で、「旅」と「音楽」を愛する方々に、時空を超えた音楽体感を楽しんでいただくラジオ番組です。 ▽ゲストは湘南サウンドの元祖、“若大将”こと加山雄三さん。 ▽各時代を飾った、海風薫る湘南の音楽もたっぷりとお届けします。

【DJ】ミラクル ベル マジック,【出演】加山雄三

ラジオ深夜便▽日本列島くらしのたより

ラジオ深夜便
  • ラジオ第1
  • 12月9日(月)
  • 午前0:10〜午前1:00

 山下信 ▽日本列島くらしのたより 「神奈川県横須賀市」 寒川一▽五木寛之のラジオ千夜一話 作家…五木寛之▽世界の天気
山下信,寒川一,五木寛之

8Kタイムラプス紀行〜神奈川〜「横浜 港のある風景」

8Kタイムラプス紀行
  • BS4K
  • 12月9日(月)
  • 午後11:05〜午後11:10

一定間隔で撮影した写真を、数千枚繋(つな)ぎ合わせて動画にする「タイムラプス」という撮影方法で、全国各地を5分間で旅します。観光地としても知られる横浜港の様々な表情を8Kの超高精細映像で描きます。国際的な貿易港でもある横浜港には毎日、様々な船が行き交います。なかなか見ることのできない自動車輸送船内の作業や、横浜港で展示されている帆船日本丸の総帆展帆の様子などを時間を圧縮してご覧頂けます。

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅▽生きものたちが集うゴルフ場 茅ヶ崎市

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅
  • 総合
  • 12月13日(金)
  • 午後3:35〜午後3:45

コースの脇の草むらにはノウサギが走り、木の枝には鳥の巣箱が。ここは60年ほど前、谷戸が入り組む丘陵地に作られたゴルフ場だ。ゴルフ場というと自然を破壊すると思われがちだが、ここはできる限り農薬の使用を控え、草の刈り方も工夫して昆虫や鳥など小さな生きものとの共存を図っている。こうしてゴルフ場の中に小さな里山の世界が残されたのだ。夏が終わる頃、日暮れと同時に虫の音を聞こうとゴルファーたちが集まってくる。

新日本風土記「忠臣蔵」

新日本風土記
  • BSプレミアム
  • 12月13日(金)
  • 午後9:00〜午後10:00

300年、日本人が愛し続けてきた「忠臣蔵」。あだ討ちを果たすまでの義理と人情の物語は、歌舞伎になり、講談で語られ、虚実ないまぜの物語に。北海道の原野、赤穂浪士と縁のない場所になぜか浪士の墓。“あだ討ちの神さま”箱根神社には、大石内蔵助が作らせた討ち入りに関わる貴重な資料が。沖縄には琉球文化に溶け込む忠臣蔵。切腹も首取りもありません。人々が心の中で育てた赤穂浪士の物語。年の瀬の夜、忠臣蔵の旅へ。

【語り】松たか子,中條誠子,井上二郎

沁(し)みる夜汽車「息子と車窓の風景を〜江ノ島電鉄〜」

沁(し)みる夜汽車
  • 総合
  • 12月14日(土)
  • 午前2:55〜午前3:05【金曜深夜】

寝入りばなの前に心に“沁(し)みる”エピソードを取り上げる「沁みる夜汽車」。今回は、江ノ島電鉄にちなんだお話。心臓の難病に苦しむ少年の夢は運転士になることだった。多くの人たちの“善意”によって、その夢は実現する。しかし、わずか4日後に亡くなってしまう。少年の夢を実現させようとした父親、そして、その思い出を胸に、力強く生きようとする物語。

【語り】森田美由紀

内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。

↑ ページの先頭へ