かながわ鉄道さんぽ

1日目
武蔵溝ノ口

2日目
武蔵小杉

『音楽、料理、そして光のショーで祝うクリスマス』

JR南武線
川崎

3日目

12月21日 金曜日

出演者

キャスター
安井千紘 ( やすいちひろ )
地下街コンサート案内
川崎市市民文化大使  大谷康子 ( おおたにやすこ ) さん
料理教室案内
ABCクッキングスタジオ 講師  下川美幸 ( しもかわみゆき ) さん

中継最終日は川崎駅にやってきました。川崎駅はJR南武線のほかに東海道線や京浜東北線も乗り入れる大きな駅。一日平均乗降客数は神奈川県内のJR駅では横浜に次いで2番目に多いんです

駅の東側にある地下街へ移動しました。エスカレーターの正面にはからくり人形が設置され、決まった時間になると音楽に合わせて人形が踊リ出します

地下街の中央は吹き抜けの広場になっています。手前には高さ6mもあるクリスマスツリーが飾られていました

ツリーの前にはトナカイの人形とソリが設置され、写真撮影スポットとなっていました。安井キャスターもソリに乗って記念写真をパチり!

広場では3人の打楽器奏者によるクリスマスコンサートが開かれていました。座席に座りきれず立ち見も出るほどの賑わいです

マリンバ、ビブラフォン、トムトム、タンバリン、トライアングルといった、打楽器だけによる生演奏では、“ホワイトクリスマス”や“ジングルベル”というおなじみのクリスマス曲も演奏されました

コンサートをプロデュースしたのは、バイオリニストで東京交響楽団ソロ・マスター、川崎市市民文化大使でもある大谷康子さん。街中を歩いていた人も気軽に立ち寄れるような、こうしたミニコンサートを今後も開いていきたいとのことでした

次は駅西口方面へ移動して、商業施設の3階にある料理教室にお邪魔しました。入口においしそうなケーキのポスターが貼ってあります

仕切りのない広い教室は、黄色やオレンジ、ピンクなどのカラフルな壁紙で明るい感じですね。レッスン中の生徒さんもたくさんいます

料理教室を案内してくださったのは、講師の下川美幸さん。今からでもできるクリスマスらしいメニューをお聞きすると、ポテトサラダとブロッコリー、プチトマトで作るクリスマスツリー形のサラダを紹介していただきました

大きなテーブルでは、家族に楽しんでもらおうとクリスマスメニューのローストチキンや、おせち料理のレッスンをしている方もいました。
クリスマスやお正月、家族に料理の腕前を披露するのが楽しみですね

最後の中継は、商業施設の屋外広場から。ここではツリーや電飾、大型モニターなどを使って光や映像、音楽が様々に変化する仕掛けが施され、買い物客の目を楽しませていました

広場を横切る人たちの足元にも文字が投影され、流れる音楽に合わせて揺れ動きます。とってもロマンチックな雰囲気ですね

広場中央の大きな赤いツリーは、ポインセチアの造花で作られたもの。ツリーの周囲が暗くなったり明るくなったり、色がついたりと次々に変化する様子は、見ていて飽きません

中継最終日はクリスマスイブを含む3連休前の金曜日。プレゼントの入った紙袋を持つ人たちや、待ち合わせをしている人たち、家族連れの姿も多く見られました。
みなさん良いクリスマスをお過ごしください!

写真と文章 : 小林孝子(鉄道沿線さんぽコーディネーター)

1日目
武蔵溝ノ口

2日目
武蔵小杉



↑ ページの先頭へ