2017年09月01日 (金)「体感!セーリングの魅力in江の島」 坂本 沙織


坂本沙織

先月27日、藤沢市の江の島で「セーリング」の魅力をお伝えする小中学生を対象にしたトークショーを行いました。

 

 

 

 

 

トークショー1

 

お迎えしたのは「49er級」という二人乗りヨットのセーリング競技で元オリンピック日本代表を務めた高橋賢次さん。2012年ロンドンオリンピック、2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場したすごい選手です!

 

このイベントは、東京2020オリンピック大会で江の島がセーリング競技の会場になることから神奈川県内の親子のみなさんに広くセーリングの魅力を伝えようと、藤沢市と、神奈川県が主催して行われました。

 

トークショー2

高橋さんは、とっても背が高いんです!なんと186センチ。

日本人選手のなかでは、高いほうだということですが、世界の選手たちと並ぶと、同じくらいかさらに大きい人もいたそうです。

背の高さは強い風のなか船を動かすためのバランスを取るのに役立つそうでとても有利なんだそうです。

 

ヨットに乗る高橋さん(手前)

スライドショーで映し出された写真です。

手前が高橋さん!乗っているのは、二人乗りのヨットです。

速く進むためにはパートナーとの協力が不可欠です。

 

各国のヨット

高橋さんは、多くの選手たちと競い合う中で風を読み、自然と一体化して勝利を手にしたときの喜びは何物にも代えがたいものだと教えてくれました。

 

 

トークショーの後には、クルーズ船にのって、セーリング競技の練習をしている様子を見に行きましたよ。

 

真剣な表情で見入る子供たち

高橋さんは、子供たちの質問一つ一つに丁寧に答えてくれました。

「雪の日もレースはするの?」「船酔いはするの?」子供たちは興味津々!

 

参加したお子様と

全員で記念撮影

 

 私も子供たちと楽しい時間をすごしました。

 

高橋さんと

最後に高橋さんと一緒に、前回のオリンピックで使用された聖火台の前でパチリ!

茅ヶ崎出身の高橋さん。幼いころからこの江の島で腕を磨いてきました。

「オリンピックで活躍することはもちろんですが、こうして子供たちにセーリングの魅力を伝えることも、ずっと夢だったんです」とこっそり教えてくれました。

 

このイベントのもようは、9月24日(日)午後7時から、BS1東京オリパラ団でご紹介させていただきますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

ピンバッジ

トークショーで特別にもらったバッチです!

東京オリンピックパラリンピックはもうすぐ!

セーリング競技の魅力をもっともっと知って、3年後は思う存分楽しめたらいいなと思います♪

投稿時間:10:30

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲