おすすめ番組

 ブラタモリ 「#108 関門海峡・下関」「#109 関門海峡・門司」

全国放送

 ※大雨関連ニュースのため、放送予定が変更しました。

7月14日(土)・21日(土) 午後7:30〜8:15

 
    
▼ブラタモリ、関門海峡へ! 舞台は、本州と九州を隔てる関門海峡。「海峡」といいながら、最も狭い部分の幅はわずか700m。それにも関わらず、行き交う船は実に1日500隻!世界の名だたる海峡のなかでも圧倒的ににぎわう、日本の海上交通の大動脈です。
もともと本州側の山口県の下関と、九州側の福岡県北九州市の門司から一文字づつとったのが「関門海峡」の名前の由来。2つの町の間に横たわる海の道は、実は、狭いだけでなく流れも速い難所。文字通り海の“関門”でもありました。この“関門”に人々はどんな知恵で挑み、どのように克服してきたのでしょう?下関と門司の2つの町、さらに海の上から、タモリさんが解き明かします。

【下関】
関門海峡がどれほどの難所なのか?大好きな船に乗って体験するタモリさん。豊臣秀吉も苦しめた通称「死の瀬」にドキドキ!?安全な航路を知らせる「2つの灯り」の仕掛けとは?さらに、関門海峡誕生の秘密をとくカギは山にある・・・って一体どういうこと?下関名物“ふぐ”市場の近くで見つけたもうひとつの“関門”と下関の町の繁栄との関係とは?

【門司】
続いて、海峡を渡り門司へ。明治以降、石炭の積み出し港として急速に発展した門司には、今も明治、大正につくられたモダンな洋風建築が残ります。このレトロな町の駅で見つけた「盛り上がり」が実は、海峡を越えたある知恵の痕跡?そして、昭和11年に建設が始まった世界初の海底トンネル「関門トンネル」にタモリさん点検用車両に乗って初潜入!トンネル最深部で見た80年前の驚きの知恵の数々とは?
  
 出張COOL JAPAN in 山口 「山口はぶち穴場があふれちょるスペシャル」

全国放送

7月22日(日)午後6:00〜6:49

 
    
▼「出張COOL JAPAN」第5弾は、山口県。山口の不動のグルメといえば「ふぐ」。しかし、外国人からは「なぜ毒のある魚を?」と大不評。 日本人の観光スポットといえば秋吉台や錦帯橋だが、外国人の目線は違う。海外の放送局の「日本の最も美しい場所」に選ばれたのは、海岸沿いに鳥居がトンネルのように連なる「元乃隈稲成神社」。 我々日本人でも気づかない山口の意外な魅力を探るために山口在住の外国人8人が集結。世界に通じるCOOLなスポットを徹底討論する。
NHK山口放送局の主な地域放送番組
情報維新!やまぐち 月〜金: 午後6:10〜7:00 【総合テレビ】
Yスペ! 第2金曜: 午後7:30〜7:55 【総合テレビ】
※放送予定が変更になる場合があります。ご了承ください。
視聴者の皆さまからの番組へのご意見・ご感想・お問合せをお待ちしております。
▲ ページの先頭へ