ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK山口放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK山口放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

”命を守るために…”。その一歩に向けて何ができるのか?”
豪雨や大地震、大津波などの災害時に備えて、ご自宅やご家族で簡単に取り組める活動を 山口県に即した内容でお伝えします。

4月8日(月)
ハザードマップを見て!身近にある災害危険区域を確認しよう

2018年7月の西日本豪雨など「雨の降り方が変わってきた」と言われる近年。 国土交通省によると山口県内で土砂災害の被害を受けるおそれのある区域の数は25000以上あります。
すぐそばにある危険個所をハザードマップで確認することの重要性とその手順をお伝えします。

【ゲスト】山口大学大学院教授 山本晴彦
【キャスター】松岡孝行アナウンサー

5月13日(月)
普段使いの食料備蓄

集中豪雨や大地震など大規模災害が起きてライフラインが寸断された時、みなさんの命をつなぐものの一つに水や非常食があります。どんな食材を?どれだけの量を備蓄すればよいのか?についてお伝えしました。キーワードは「普段使い」「楽しみながら」です。

【ゲスト】日本防災士会山口県支部女性部長・坂本京子さん
【キャスター】松岡孝行アナウンサー

▲ ページの先頭へ