まなかのおすすめ! れんたろうのおすすめ!
ワイルドライフスペシャル 華麗なる野生ネコの世界(2)
ワイルドライフスペシャル 華麗なる野生ネコの世界(2)
「スクープ!個性派ネコが跳ぶ 泳ぐ」
7月2日(月) 午後8:00〜8:59

野生ネコの驚異の力と知恵に迫るシリーズ。第2回は神出鬼没で姿を見ることでさえ難しい幻のネコを紹介する。体重わずか1キロほどしかないサビイロネコ。マングローブや沼地で水の中の魚を捕らえるスナドリネコ。氷期の生き残りといわれるまるまると太ったマヌルネコや驚異的な跳躍力で獲物を捕らえるサーバル。徹底した長期取材と最先端の撮影機材で撮影されたスクープ映像が盛りだくさん。驚きに満ちた野生のネコの世界に誘う。

原音のサバンナ
BS世界のドキュメンタリー シリーズ 風の歌を聴く
「原音のサバンナ」
7月3日(火) 午前0:00〜0:49[月曜深夜]

ヌーが大移動する足音が草原に響く、マサイマラ保護区。ライオンが獲物の骨をかみ砕く音、そのライオンとテリトリーをめぐって争うハイエナのグループの鳴き声。水辺では突然の水しぶきの音とともにワニが現れ、天敵が近いと警告をあげる声が続く。スコールが降れば、サバンナの音は一変・・・虫たちと草花の世界が生まれ変わるさまを映像と音だけで感じることができる。"アンプラグド"なサバンナの歌が、聴こえてきます。

果てしなき星空
BS世界のドキュメンタリー シリーズ 風の歌を聴く
「果てしなき星空」
7月8日(日) 午前0:00〜0:49[土曜深夜]

"世界最古の天文学者"とも呼ばれるアボリジニの人々によれば、「天の川は、飛べない鳥エミューが、宇宙を舞う姿を映している」そうだ。写真家ジョン・ゴールドスミスらの目的地は、隕石の衝突で起きた巨大なクレーター。人里から遠く離れた無人の大地で、壮大な流星群の天体ショーを撮影するのが旅の目的だ。最新の撮影技術と、タイムラプスの手法を使って、宇宙の果てまで見渡せそうなダイナミックな星空の魅力に迫る。

アリゾナ 不法移民ハイウェイ
BS1スペシャル
「アリゾナ 不法移民ハイウェイ〜荒野の攻防戦〜」
7月15日(日) 午後11:00〜11:49

トランプ政権のもと、アメリカ・メキシコ国境を隔てる壁の建設が本格的に始まろうとしている。最初の予定地として名前が挙がっているのは、アリゾナ州国境付近の集落アリバカから、70km北にある都市ツーソンまでの荒野が広がる、“不法移民ハイウェイ”と呼ばれるルートだ。年間30万人の不法移民が通過する ”ハイウェイ“の玄関口アリバカでは、武装した元軍人の民兵が過激な取締りを行い、人権保護団体から「憲法が存在しない無法地帯」と呼ばれる。一方、住民の中には、荒野で傷ついた不法移民に医療や飲み水を提供する者もいる。不法移民を排除するのか、保護するのかという、全米を二分する議論の縮図がこのルートにある。出口の見えない移民問題にアメリカはどう立ち向かうのか。揺れるアメリカを見つめる。

FUKUOKAディープ!
FUKUOKAディープ!
「よか街たい!西新」
7月20日(金) 午前10:45〜11:14

TOKYOディープ!のナレーター・モト冬樹さんがスタジオを飛び出し訪ねるのは「福岡県で住んでよかった街ナンバー1」の西新。あの国民的キャラクターたちの発祥の地。毎日2万人が訪れる人気商店街では名物のリヤカー部隊や、本場のサンドイッチを売る外国人コンビに出会います。伝説のライブハウスの元マスターや直木賞作家も登場。ナレーターは、いつもは街に潜入する立場の高島礼子さん。モトさんにビシビシ突っ込みます!

ウィーン・フィルシェーンブルン夏の夜のコンサート2018
プレミアムシアター
ウィーン・フィルシェーンブルン夏の夜のコンサート2018
7月30日(月) 午前0:00〜4:00[日曜深夜]

ウィーン・フィル シェーンブルン夏の夜のコンサート 2018

ウィーンのシェーンブルン宮殿の庭園で行われる、ウィーン・フィルによる初夏恒例のコンサート。今年は、世界の歌姫、ソプラノのアンナ・ネトレプコを迎え、イタリア・オペラのアリアなどが披露された。指揮は、ワレリー・ゲルギエフ。

【曲 目】歌劇「ウィリアム・テル」序曲、終曲 ロッシーニ 作曲
     歌劇「トスカ」から「歌に生き、愛に生き」 プッチーニ 作曲
     歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 間奏曲 マスカーニ 作曲
     歌劇「アイーダ」から バレエ音楽 ヴェルディ 作曲
     歌劇「マノン・レスコー」から 間奏曲 ほか

【出 演】アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)
【管弦楽】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【指 揮】ワレリー・ゲルギエフ

【収 録】2018年5月31日 シェーンブルン宮殿(ウィーン)

ザルツブルク音楽祭2017 歌劇「アイーダ」(再) (初回放送2017年11月13日)

2017年のザルツブルク音楽祭から、オペラ界のスーパースター、アンナ・ネトレプコが主演したオペラ「アイーダ」をお届け。古代エジプトを舞台に紡がれる愛と葛藤のドラマの演出を手がけたのは、イラン出身の映像作家シリン・シャネット。ネトレプコは、これが初めてのアイーダ役となった。指揮は、ザルツブルク音楽祭では2011年以来のオペラ指揮となる巨匠ムーティ。

【演 目】歌劇「アイーダ」(ヴェルディ)
【演 出】シリン・シャネット
【舞台美術】クリスティアン・シュミット
【照 明】ラインハルト・トラウブ
【衣 裳】タチヤナ・ファン・ウォルサム
【出 演】エカテリーナ・セメンチュク(アムネリス)
     アンナ・ネトレプコ(アイーダ)
     フランチェスコ・メーリ(ラダメス)ほか
【合 唱】ウィーン国立歌劇場合唱団
【管弦楽】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【指 揮】リッカルド・ムーティ

【収 録】2017年8月9、12日 ザルツブルク祝祭大劇場(オーストリア)

放送予定は変更になる場合があります

自宅の屋根やベランダに方向を合わせて設置すればOK! (アンテナ設置は専門の電気店などにご相談ください)
アパート・マンションのBSアンテナを利用して視聴している場合は、建物の管理者に「BSデジタル放送に対応しているか」をご確認ください。
ケーブルテレビにご加入の方は、ケーブルテレビ用チューナー(STB)を つかうことでBSアンテナなしでBSデジタル放送を受信することができます。
(BSデジタル放送を伝送しているケーブルテレビ会社に限ります。ご加入のケーブルテレビ会社にお問い合せください。)