2011年06月29日 (水)ナイスキャッチ!


こんにちは!キャスターの野田亜耶奈です。
蒸し暑い日が続いていますね。
私は曇りの日に油断したのが原因で、
日焼けをしてしまい、顔がヒリヒリしています。(/o>_<o)/
皆さんも日焼けや熱中症などにはくれぐれも気をつけてくださいね!

さて、今日(6月29日)の『カフェのんた』では、
フライングディスクをする周南市の三姉妹のわんちゃんをご紹介しました。

大会出場のために、関西や九州まで遠征することもあるそうですよ。

フライングディスクの競技は1分間。

ディスクの距離とキャッチする際の姿勢がポイントに換算されます。
犬の特性に合わせて、ディスクの投げ方にも工夫が必要だそうです。

例えば、
走るのが速いわんちゃんなら、ディスクのスピードも速く。
ディスクを見ないで駆け出すわんちゃんには、
高く投げてキャッチポイントでディスクを確認する時間を取らせたり、
確実なキャッチのために低い高さでふわっとした投げ方をしたり。

キャッチするわんちゃんの姿も華麗ですが、
実は、ディスクを投げる投げ手の力量が問われる競技。
飼い主の中村さんは、投げる練習を毎日欠かさないそうです。

人間と犬との呼吸がぴったりと合ってはじめて
成り立つ競技なんだということがわかりました。

2011062901.jpg 

この週末(7月2日・3日)にも周南市の晴海親水公園で
フライングディスクドッグの大会が行われるそうです。
日頃の練習の成果を発揮してほしいです。
中村さん、こむぎ・わさび・つくし、ファイト~!

2011062902.jpg 
【左から】わさび(次女)、こむぎ(長女)、つくし(三女)

投稿者:アナウンス | 投稿時間:12時00分

ページの一番上へ▲