2021年03月26日 (金)春を彩るお弁当


こんにちは、大西結依です。

今週の「サキドリ!もっとやまぐち」では、
ちょっとした工夫で可愛くなるお弁当のコツをご紹介します。

教えてくださったのは、管理栄養士で料理研究家の柴田さやかさんです。

2021032601.jpg

こんなに可愛く仕上がっちゃいます♡

今回ご紹介するのは、
・ちくわボール
・卵とハムのお花
・にんじんの立体的なお花 です。

順番に作り方をご紹介していきます。


《ちくわボール》
1.まず、ちくわを縦半分に切ります。
2021032602.jpg

2.切ったちくわをこのように3等分にカット。
2021032603.jpg
  ここでポイント!
  片方の端は切らないようにします。

3.そして三つ編みにします。
  外側のものを内側へ、反対側の外側を内側へ、と繰り返して編んでいきます。
2021032604.jpg

4.最後まで編めたら、クルっと端を持って完成です!
2021032605.jpg
茶色い焼き目を上にしても白い部分を上にしても可愛いです。
お弁当の色合いによってどちらを上にするかを決めてください^^
このままお弁当のすきまに差し込むだけなので、らくらく♪


《卵とハムのお花》
1.まず、薄焼き卵を作ります。
  ここでポイント!
  卵に水溶きかたくり粉を少し入れると、破れにくくなるそうです。
2021032606.jpg


2.焼きあがったら粗熱をとってから半分に切り、もう半分に折ります。
2021032607.jpg

3.半分に折った丸いほうに切り込みを入れます。
  ここでポイント!
  切り込みは等間隔に入れること。
2021032608.jpg

4.切り終わったら、端からクルクル巻いて・・・
  ここでもポイント!
  隙間がないように密着させて巻くこと。
2021032609.jpg

完成です!
2021032610.jpg
とっても華やかな大輪のお花に仕上がりました^^
こちらもお弁当の隙間に差し込むだけでオッケーです♪
ハムも、まったく同じ作り方でできます。薄いハムのほうが作りやすくてオススメです。


《にんじんの立体的なお花》
1.生の人参を5ミリ幅くらいの輪切りにし、お好きな花形などで型抜きをします。
2021032611.jpg

2.赤い線のところに切り込みを入れます。(花びらの数だけ)
2021032612.jpg

  ここでポイント!
  刃先を中心に当て、指で押すように半分まで切り込みを入れます。
2021032613.jpg

  このくらいです。
2021032614.jpg

3.切り込みを入れた間の花びらの部分を斜めに切り取ります。
2021032615.jpg

  こんな感じです。
2021032616.jpg

花びらの数だけすべて繰り返したら、完成です。
2021032617.jpg


私も何度か作りましたが、本当に簡単にできました!
特に、にんじんの飾り切りは、覚えておくとおせちなどを作るときに飾っても
豪華でかわいいだろうなと思いました。
ちょっとした工夫で普段のお弁当もかわいくなります!
お弁当のふたをあけたときにテンションが上がりますよ♪
簡単にできるので、ぜひ皆さんも活用してみてください!

投稿者:アナウンス | 投稿時間:17時45分

ページの一番上へ▲