2021年02月09日 (火)防災×ゲーム?


こんにちは、アナウンサーの島田です。

先日放送した「サキドリ!もっとやまぐち」にて、防災ゲームを紹介しました。

その名もクロスロード。

2021020901.jpg

 

阪神・淡路大震災などの大きな災害の時に発生した判断に迷う事例を教訓にしようと開発されました。

出された問題にYESかNOを選んで理由まで述べるまでがこのゲーム。

例えばこの問題。

2021020902.jpg

YESなら「腐ってしまうかもしれないから配ろう!」「子供やお年寄りを優先に配っては?」という意見が考えられますよね。

一方でNO。「配ってしまったら残りの1000人どうするの?」という意見も想定できます。

ゲームを制作したのは、京都大学の矢守克也教授。

このゲームを通して伝えたいことをこのようにお話くださいました。

「“正解”を1つに決めることが目的ではありません。YES/NO、どちらも一長一短あります。そして、同じ難問に対していろんな多様な意見があることを知るのが大事。そして、さらにうまく行けば、YES/NOにこだわらず、より多くの人が納得できる第3、第4の道を模索してみてはどうでしょうか?」とのことでした。

 

番組では、視聴者の皆さんにもゲームに参加していただきました。

「大地震。ペットを避難所に連れていくか?」という問題。

結果は・・・

2021020903.jpg

見事に半々。私もびっくりしました。

今回ご紹介したクロスロードは、京都大学生活協同組合のホームページより購入することができます。

おうち時間のお供に、ぜひ家族や地区の皆さんで挑戦してみてください。

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:10時00分

ページの一番上へ▲