2021年01月26日 (火)高専生が開発!コロナ禍でも楽しめるスポーツ


こんにちは。

アナウンサーの大村和輝です。

 

先日の中継で、学生が開発した“コロナ禍でも楽しめる”スポーツを紹介しました。

 

2021012601.jpg

その名も「RUSH」(ラッシュ)。

2021012602.jpg

この競技は2対2で行い、「プレイヤー」と、指示を出す「パートナー」に分かれます。

「プレイヤー」は手と足に計測器を装着しています。

2021012603.jpg

2021012604.jpg

この計測器を、1分間で相手よりも多く振った方が勝ちとなります。

つまり、スタートと同時に、足踏みを始める訳です。これがキツい…!

 

ただ、計測器を「振る」という動作だけだと、腕を振る力や、脚力の差が影響してしまうということから、プレイヤーの10m先にボタンを用意しています。(ちなみにこうした道具は、市販のプログラミングツールを使って、全て自分達で作っています!)

2021012605.jpg

このボタンを押すと、“高い確率で”相手の振った数を0にリセットすることが出来るんです。

つまり、“0にならない”ことも。

 

よって、パートナーは、相手との振った数の差を見て、プレイヤーにボタンを押しに行くべきか、振り続けるべきか、指示を出します。

この駆け引きが醍醐味で、頭も使わなければ勝てません。

 

コロナ禍でも楽しみやすいというのはどういうことかというと…

2021012606.jpg

このように、選手同士の間の距離が2m以上とられているということ。

また、試合中に選手達が道具を共有することもありません。

よって、コロナ禍でも楽しみやすいスポーツなんです。

2021012607.jpg

中継では、学生と真剣勝負も実施。

なんと北野キャスターによる実況も!

2021012608.jpg

2021012609.jpg

2021012610.jpg

終盤は、体力が消耗し、足が上がらない…。

(最初から上がってない説も濃厚)

 

 

結果は…

2021012611.jpg

まさかの勝利!!

2021012612.jpg

予想外の展開に歓喜。

プレー後は、息が上がって話すのがやっとという感じになります。

本当に楽しく、気軽に出来ること、チームプレーが楽しめることが魅力のスポーツだと感じました。

コロナ禍で運動不足になりがちな今には、ピッタリのスポーツかもしれません!

2021012613.jpg

開発した白木太智(しらき・たいち)さんは、「多くの人にこのRUSHを知って欲しいし、秋にも体験イベントを開くので、ぜひ体験して欲しい」と話していました。

 

今年も、県内で励む人達を取材し、伝えていきます。

引き続き、何卒、宜しくお願い致します。

投稿者:アナウンス | 投稿時間:10時00分

ページの一番上へ▲