2021年01月15日 (金)体と心の調子を整える「腸内環境改善」のススメ♪


こんにちは、後藤 麻希子です。

お正月休み明けで、体の調子が悪い、やる気がでないという方!

先日の「サキドリ!もっとやまぐち」の番組コーナーでご紹介した

おうちでできる「腸内環境改善のコツ」を改めてご紹介します。

 

日本美腸協会の須本愛子さんによると、

「腸」は第2の脳と言われ、さまざまな臓器に影響を与えていることから

体全体を元気にするうえで大切な役割を果たしているそうです。

 

腸を元気にするために気を付けること、まずは「食事」

体にとって老廃物の便をきちんと出すのに役立つのが、食物繊維です。

大きく2種類に分けられ、腸内での働き方が異なります。

2021011501.jpg

例えば、便秘の方は、水溶性食物繊維を多めに、

一方、便が細い方は、不溶性食物繊維を多めにとるのがオススメだそうです。

 

それぞれの、具体的な食べ物がこちら。

2021011502.jpg

水溶性食物繊維は、ねばねばした食べ物などに含まれます。

2021011503.jpg

+α

腸内の善玉菌を増やすためには、乳酸菌もオススメです。

・植物性乳酸菌:納豆、漬物、こうじ、甘酒などの発酵食品。

                      :胃酸のダメージを受けにくく腸まで届きやすい。

                      :さまざまな菌と共存でき、新しい働きを生み出しやすい。

・動物性乳酸菌:チーズ、ヨーグルト、生ハム。

                      :胃酸や熱に弱く、腸まで届きにくい。

                      :とりすぎると下痢になる可能性も。

 

続いては、筋肉に刺激を与えることで腸を元気にする「ストレッチ」です。

ストレッチ中大事になるのが、呼吸と手の位置です。

おじぎストレッチ

①    右手を腸骨の上に(腰骨のあたり)、左手をろっ骨の下におく。

②    脇腹をもみながら、床と平行になるまで上半身を倒す。倒しながら息を吐く。

③    10回繰り返す。

2021011504.jpg

2021011505.jpg

ぐるぐる腰回し

①    手の位置は同じで、腰を左右に5回 回す。

②    おなかに圧をかけて上体を倒しながら回す。脇腹をもみながら行う。

③    5回繰り返す。

2021011506.jpg

 ポイント!

ストレッチは、朝がオススメ!

朝は、体にとって便がでやすい時間帯とのこと。

ストレッチ中は、呼吸を止めない!

 

ただし、激しい運動をしたあとや、飲食の直後、

または痛みを感じた場合などには行わないでください。

自分のペースで無理なく続けてみてくださいね♪

 

今回は、腸から健康にアプローチする「腸活」のコツをご紹介しました。

皆さんの、体調の不調が少しでも改善されるとうれしいです!

ことしも、暮らしに役立つ情報をたくさんお届けします!!

投稿者:アナウンス | 投稿時間:16時00分

ページの一番上へ▲