2020年06月02日 (火)最後の舞台


こんにちは!

アナウンサーの大村和輝です。

 

緊急事態宣言は解除されたものの、新型コロナウイルスが与えた影響は

大きなものとなっています。

先日、夏の甲子園大会の中止も発表されました。

今の高校3年生たちの心境を思うと、胸が痛みます。

私は高校時代、サッカー部に所属し、目標に向かって仲間と切磋琢磨しました。

そんなサッカー部の日々に思いを巡らせると、必ず蘇ってくるのが、

引退をかけた最後の大会です。

 

目標達成はなりませんでしたが、県でもトップクラスの実力を誇る高校に延長戦の末、

3-2で大逆転勝利。初めて、勝って涙を流しました。

 

日々の努力が形となって表れる場が、最後の大会。

結果はともかく、きっと生徒達を支えるひと時になるものと考えています。

 

そうした高校3年生たちにとって掛け替えのない場が今、奪われてしまいました。

 

県内の高校3年生たちを取材をしてみると、目標を新たに設定して、

前に進み始めていると聞きます。

こうした状況で気持ちを整理し、新たな目標を設定して前を向く。

簡単に出来る事ではないと思います。

 

自分に出来る事をして少しでも力になりたいし、ならなければ、とも。

私も、頑張ります!

 

話は大きく変わってしまいますが、最後に、放送の告知をさせて下さい。

 

今週4日(木)の「旬感やまぐち」のコーナーで、旬を迎えた”バラ”農家の今をお伝えします。

2020060201.jpg

新型コロナウイルスの影響で、大打撃を受けている1つが花業界。

下関市豊北町にあるバラ農家が、今、この危機を乗り越えようと新たな挑戦を始めています。

旬を迎え可憐に咲くバラと共に、バラ農家の懸命な努力をお伝え出来ればと思っています。

ぜひ、ご覧ください!

投稿者:アナウンス | 投稿時間:14時00分

ページの一番上へ▲