2020年05月26日 (火)人生はハードル


アナウンサーの平﨑貴昭です。

大会やコンクールの中止。

情熱を燃やしてきた多くの生徒にとって、つらいニュースが続きますね…。

生徒、保護者、指導者の皆さんのやるせない思いは、察するに余りあります。

 

私も高校時代は陸上部員として、部活動に打ち込んでいました。

仲間や顧問の先生と過ごした日々は人生の財産であり、本当に多くのことを学びました。

忘れられないのが、円盤投げの同級生の練習姿。

黙々と自分を高めていく様は、伝統工芸を受け継ぐ職人のようでした。

そんな彼は1年生のころから中国大会に出場するものの、全国の舞台には届かず…。

そして、3年生の中国大会。

最後の6投目で逆転して6位となり、インターハイの切符を手に入れました。

目標の舞台があったからこそ、ドラマは生まれたのだと思います。

 

新型コロナウイルスの感染拡大前、

結婚をする陸上部の同級生にメッセージ写真を送りました。

2020052601.jpg

「人生はハードル」

かつて広島県記録を樹立するなど名ハードラーだった顧問の先生が、

卒業する生徒に送ってくれた言葉です。

 

当事者にとっては気持ちのやり場がないかと思いますが、

「高いハードルだったな」と、いつか仲間と話せる日が来ることを祈っています。

 

話が長くなりましたが、放送のお知らせです。

6月1日(月)、情報維新!やまぐちの「ぶちスポ」で萩高校柔道部を紹介します。

2020052602.jpg

志を持って入学し努力してきた3年生の思い、

一番近くで見つめ続けてきた顧問の先生の思いが、

少しでも視聴者の皆さんに届けば幸せます。

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:10時00分

ページの一番上へ▲