2020年05月14日 (木)天気予報のこだわり


こんにちは。気象予報士の山崎貴裕です。

 

「情報維新!やまぐち」に出演して早くも1か月が経ちました。

視聴者さんから温かいコメント、厳しいコメントをいただく事も増え、

いずれも私の支えになっています。

引き続き、山口県の皆さんに信頼して頂けるように、がんばっていきます。

より良い天気予報を作るために、私がこだわっている事があります。

それは、「毎日、空を見上げる」事です。

 

シンプルな事ですが、とても大切な事と思っています。

 

実は、天気予報の多くはコンピュータが担っており、

空を見上げなくても“ある程度”は予想できるものです。

ただ、天気予報は「未来」について考えることです。

そのために予報のスタート地点となる「今」、

つまり空を見上げることで“より正確”な未来が見えてきます。

 

さらに、空を見ることで、日々の空色の変化が明瞭に把握できるし、

体感など視聴者と同じ目線でお話しが出来ると考えています。

 

2020051401.jpg

2020051402.jpg

 

また、空を見上げていると、思わぬご褒美もありました。

 

2020051403.jpg

 

薄い雲がある時に見られる光学現象で、「環水平アーク」と言います。

見られるのは非常にまれで、気象予報士の中でも見たことのある人は少ないです。

私も山口県に来て、人生で初めて目にして気分が高揚しました。

 

様々な顔を見せてくれる山口県の空が大好きです。

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:10時00分

ページの一番上へ▲