2020年04月30日 (木)休校中の子供向け弁当


こんにちは!アナウンサーの島田莉生(しまだ・りお)です。

 

先日、休校中の子供たちに向けて作られている弁当を「情報維新!やまぐち」の旬感やまぐちのコーナーで紹介しました!

 

周南市の道の駅「ソレーネ周南」のレストランで作られています。

休校が始まった3月2日から急遽販売を始めました。

2020043001.jpg

 

作ったのは、西川満希子(にしかわ・まきこ)さん。

2020043002.jpg

親しいお客さんから、「学校が休校になってお孫さんを家に預けられた。でも、普段何を食べているかあまり分からないので、どんなご飯を食べさせて良いか分からなくて困っている。」という声を聞き、少しでも役に立てればと考え作り始めたということです。

 

この弁当はコンパクトさ、小ささが特徴です。そのため“小さい”という意味の山口弁を使って「こまい弁当」と名付けられました。

2020043003.jpg

 

弁当には、その日出るはずだった給食のメニューが入っています。

例えば3月3日に販売したお弁当。

2020043004.jpg

パネルの下の給食献立表、桃の節句にちなみ三食そぼろとなっています。

そのためこの日の弁当も三色そぼろ丼にしたそうです。

桜餅も入っていますね。

西川さんは、周南市のホームページに掲載されている給食献立表を参考に再現しています。

先は見通せないですが、休校が続く限り弁当を作り続けていくそうです。

 

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:10時00分

ページの一番上へ▲