2019年07月18日 (木)高校野球応援の思い出


アナウンサーの荻山です。

いよいよ夏の高校野球が開幕ですね。

 

私も高校時代に、野球部の応援に行きましたよ~。

 

愛媛県は伝統校の松山商業が強かったこともあり、高校野球が盛んで、

各高校は学年単位や全校規模で応援に行っていました。

私の高校もご多分に漏れず、1回戦は1年生の学年応援、2回戦以降は希望者のみ、

準々決勝以降は全校応援という感じでした。

初戦の会場は、遠く離れた今治市営球場での試合でしたので、クラスごとに計11台のバスを

チャーターし、片道1時間以上かけて、遠足気分で応援に駆け付けました。

行きのバスの中では、カラオケ(!?)で発声練習、応援練習もして、

テンション高めに球場入り。試合前のエール交換から相手校を圧倒(したつもりです)。

 

しかし試合のほうは・・・。

 

0対7で7回コールド負け。打ったヒットはわずか1本。盛り上がる機会はほとんどなく、

試合は1時間半足らずで終了、楽しみにしていた校歌も歌えず、あっという間に終わりました。

 

帰りのバスでは、みんな意気消沈かと思いきや、有り余ったパワーを発散しようと

大カラオケ大会。試合時間より、移動時間の方が長く、バスの車中の思い出ばかりが残る

応援となりました。でも楽しかったですよ。

 

そんな母校ですが、その後、甲子園に出場し、なんと勝利も挙げました。

私も、同級生たちと大挙して甲子園のアルプスに集結。試合後、みんなで肩を組みながら

声高らかに歌い上げた校歌は一生忘れられない思い出になりましたね。

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:09時00分

ページの一番上へ▲