2019年01月30日 (水)継続は力なり♪


2019年も、気付けばもう1か月を過ぎようとしていますが

新年の目標は継続できていますか?

私は1回目の放送から体調を崩してしまい

引いたおみくじの健康運には「医者を選べ」と書かれていました…。

ことしはお医者さんのお世話にならないように、よく寝、よく食べ、

バランスのよい生活を心がけていきたいと思います。

 

先週放送した「ゴマキが行く!」では、

40年以上、和紙人形を作り続ける作家さんをご紹介しました♪

その作品がこちら!

2019013001.jpg

着物をまとって自由に動く人形たち。

一瞬を切り取ったかのような躍動感のある動きは、

手や足の1本、1本の向きのこだわりから実現できています。

自然な所作にこだわり、

物語をイメージしながら生み出された人形たちは、

見ている人の心に明かりをともし、ほっこり笑顔にしてくれます。

 

作り手・冨永嘉子さんの制作の原動力となっているのは

「地域の宝、徳地和紙の魅力を伝えたい」という思いです。

徳地手すき和紙は、鎌倉時代に重源上人が伝えたとされる伝統工芸品で、

現在、山口市の無形文化財に登録されています。

約40年前、徳地和紙のしなやかで丈夫な素材にほれ込み、

趣味だった人形作りにどんどん没頭していった冨永さん。

自分を輝かせてくれた徳地和紙への恩返しのためにも

作品の展示や教室を開いています。

 

さらに、冨永さんが続けているのが、

和紙を使ったひな祭りの催し。

世代や国境を超えて、徳地和紙と触れ合うきっかけを作りたいと

企画し、ことしで4回目。

その時活躍するのが、こちらの流しびなたちです。

2019013002.jpg

催しは、3月31日(日)午前10時スタートで

一の坂川周辺で行われる予定です♪

2019013003.jpg

(去年の様子)

 

冨永さんのほっこり笑顔が迎えてくれます♪

ぜひお出かけください!

2019013004.jpg

 

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:09時00分

ページの一番上へ▲