2015年11月20日 (金)難病について学ぶ


アナウンサーの後藤です。12月10日が国連による世界人権デーとされています。それにあわせて12月4日に人権について考えるラジオインタビューの準備中です。

NHKでインタビューの収録を行いました。

2015112001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストは、山口県防府市に本拠を置くNPOみらいプラネットの有富健(ありどみ・つよし)さんです。

 有富さんは、難治性血管奇形という難病をかかえています。血管が突然変形してしまう病気です。血管の長さは10万キロほどあり、地球の2週半分にも及びます。その中のどこかが突然ねじれてしまって、血液の流れをふさいでしまうのです。変形した個所を見つけることが難しく、自分の病気に気づかない人がまだ大勢いると考えられています。

 有富さんも、自分の痛みやつらさの原因が病院の検査を行ってもなかなかわかりませんでした。その中で、周りの人に誤解され、病気の症状と無理解という二重の苦しみを経験してきました。今、見た目ではわからない悩みを多くの人に伝えることで偏見をなくしていこうとNPOの活動を続けています。

  有富さんへのインタビューは、ラジオ第1放送で12月4日金曜日、お昼の0時30分から55分までの放送です。中国地方の5県でお聴きいただけます。

 

投稿者:アナウンス | 投稿時間:09時00分

ページの一番上へ▲