小学生ブラスバンドの挑戦!

 

こんにちは。

先日初めてのキャンプをして、

アウトドア派になりそうな木村奈央です。

 

さて、10月6日(木)に放送したリポートでは、

山形市立滝山小学校ブラスバンド部の

大会までの日々をお伝えしました。

 

20221019_01.png

 

実はこの学校、強豪校なんです!

これまで何度も全国大会に出場し、

上位にのみ与えられる金賞を4大会連続で受賞しています。

 

ただ、ことしの滝山小。

大会3週間前に初めて取材に伺いましたが、

音程やテンポ、足もなかなかそろわない日々が続いていました。

 

20221019_02.png

 

大きな原因は、新型コロナウイルス。

部員の4年生から6年生の全員がコロナ禍での入部です。

半年間の活動自粛で練習時間は激減し

審査員や観客を目の前にして演奏する経験も

満足に積めていません。

そのため、部員1人1人の練習意欲にも差が生まれていたんです。

 

当時、部長や顧問の先生は

「このままでは東北大会すら突破できない」

と話していました。

 

20221019_03.png

 

そんな中、試行錯誤しながらも

自主練習や後輩のサポートを欠かさず行う6年生の姿が。

 

20221019_04.png

 

トランペットパートを引っ張り、

クラブの副部長も務めている小野翼沙(おの・つばさ)さんです。

 

20221019_05.png

 

先輩として教える難しさを実感しながらも

毎日熱心に声をかけ続けたつばささん。

 

20221019_06.png

 

部全体も徐々にひとつに。

先生も、そんな子どもたちの成長を実感しているようでした。

 

そして待ちに待った本番。

全国大会出場をかけたステージです。

 

20221019_07.png

 

20221019_08.png

 

その結果は…

東北大会金賞、そして全国出場決定!

 

20221019_09.png

 

結果発表のときは、

子どもたちはもちろん、保護者やコーチの方々もみんな号泣。

私も涙が止まりませんでした…。

 

余談ですが…

実は私も、小学生のころブラスバンド部に所属していました。

 

打楽器担当だったのですが、

過多な練習で指にまめができ、

そのまめがつぶれた回数を正の字で書いて数えていたのを

思い出します…。

 

本来は、そこまでの練習量で挑むほどの大きな大会。

だからこそ思うように練習できないのは、

子どもたちにとっても指導者の方々にとっても、

本当にやるせない思いでいっぱいだったと思います。

 

そんな中での輝かしい結果。

本当におめでとうございます!^^

滝山小学校が出場する全国大会は、来月19日(土)に大阪城ホールで行われます。

さらなるすばらしい演奏を期待しています!

 

本当にありがとうございました!

 



やままる  

木村奈央 | 投稿時間:11:47