気象グラフィティー【白鷹町】

 

今年度も気象グラフィティーでは気象にまつわる山形県の魅力をたくさんお届けしていきます。

 

4月の気象グラフィティーは白鷹町に伺いました。

 

まずは春の訪れを感じる“桜”

白鷹町には桜の名所がたくさんあります!

 

今回は、釜の越サクラ、八乙女種まきザクラ、台の沢の桜をお届けしました。

 

 

■釜の越サクラ

 

樹齢推定800年のエドヒガンザクラです。

 

枯死してしまったのですが

その大きさと存在感には圧倒されました。

 

20220527_01.png

 

 

■八乙女種まきザクラ

 

昔は、春の苗代の種まきのころに花が咲くことから、種まき桜と呼ばれていたそうです。

 

樹齢推定500年のエドヒガンザクラです。

 

20220527_02.png

 

 

■台の沢の桜

 

まだ雪の残る山と、青空とのコントラストが楽しめました。

 

20220527_03.png

 

続いて、桜のラッピングをほどこした

フラワー長井線の電車です。

 

20220527_04.png

 

全長約30.5kmの沿線には、

樹齢1000年を超える古典桜や、あやめ、ダリア、ゆり、バラ、紅花などの花の名所が点在することから、

「フラワー長井線」の名称で親しまれているそうです。

 

最後に、今回の旅のイラストです。

 

20220527_05.png

 



やままる  

長谷川麻衣 | 投稿時間:16:57