現代の山伏 "春の宝物" 求めて

 

【動画はこちらから】

 

 

 

現代の山伏

 

20200415_01.png

 

皆さんは「山伏」を知っていますか?

 

ホラ貝を吹いたり滝に打たれたりする姿を

思い浮かべるかもしれません。

 

坂本大三郎さん(46)は

出羽三山で厳しい修行を積んだ山伏です。

でもお会いしてみると、

カジュアルなシャツ姿でスマホも持っていました。

 

20200415_02.png

 

坂本さんは山伏について

「古くから山菜や薬草などの

知識を生かして『山と人をつなぐ』役割を担ってきた」

と教えてくれました。

 

 

月山に春が来た

 

20200415_03.png

 

そんな坂本さんが楽しみにしている「春の宝物」が

雪どけが進む月山で僅か3週間しか採れない

イタヤカエデの樹液です。

 

20200415_04.png

 

冬の間、樹木が凍らないように蓄えてきた養分は

寒暖差によって、甘い樹液として滴ります。

坂本さんは毎年集めてメープルシロップにしています。

 

20200415_05.png

 

千葉県出身の坂本さん

20代のころは東京でデザイン関係の仕事をしていて

4年前に西川町に移住しました。

 

20200415_06.png

 

都会と山の暮らしの両方を経験した坂本さんに

東北の春について尋ねると

「東京にいるとき春はほのぼのとした気持ちでいましたが

    東北の春はものすごく厳しいというか激しい。

    雪どけしてそこから一気に生き物たちがワーっと湧いてきて…」

 

山伏として日々山に入る坂本さんだからこそ、心がざわつく

「激しい春」。

 

ダイナミックな生命のうごめきを

ぜひ、映像でご覧ください!

 



やままる   

山形局映像グループ | 投稿時間:17:16