自然の暮らしを絵筆にのせて ~鮭川村の絵本作家~

 

こんにちは!

リポーターの野田奈那です。

 

山形の雪景色って、なんであんなに美しいんでしょう~

ふと風景画を描きたくなってしまいます♪

 

さて、今回は鮭川村に移住してきた絵本作家、

ラーワーちひろさんについてお伝えしました。

 

20220309_01.png

 

彼女の目には、鮭川村の自然がどう映っているんでしょうか?

 

 


〈動画の配信期間は終了しました〉

 

鮭川の自然の魅力を感じて、作品に表現していました。

 

20220309_02.png

 

なんてことない、木の実や虫の抜け殻、小さな穴を見て、

「ここに、こびとがいるかも」

「モンスターに見える!」など…

着眼点や想像力が本当にすてきでした!!

 

チャーミングで明るいちひろさんといると、いつも新しい発見が

あって、今まで見ていた景色が何倍もかわいく思えました。

 

小さな発見の積み重ねって本当に幸せなことなんですね!

 

20220309_03.png

 

さらに、子どもたちの遊ぶ姿や、素直な関心や疑問が

絵の題材にもなっていました。

 

ちなみに…

私も童心に帰り、子供たちと遊びながら鮭川村の雪を感じてきました(笑)

 

20220309_04.png

 

そして、絵本もかわいいんですよ♡

 

20220309_05.png

 

「子どもと大人が同じ世界に入れる。そんな絵本にしたい」

と話してくれました。

そのことば通り、子ども目線の内容でありながら、大人になってもメッセージが深く心に刺さる内容になっています。

 

私はちひろさんが描く絵が大好きです!

 

20220309_06.png

 

込められたストーリーと温かな色合い、そして遊び心。

絵を見るだけで優しい気持ちになれます。

 

ちひろさん、家族の皆さん、本当にありがとうございました!

 



やままる    

野田奈那 | 投稿時間:17:30