だいぶ遅くなってしまいましたが...

 

朝晩の冷え込みがだいぶ厳しくなりましたね。

冬用のコートをいつ出そうか…。

今着てしまうと真冬つらくなるのでは?

なんて悩んでいるうちにかぜをひきました。

皆様も十分お気をつけください…。

 

山形の短い秋、さまざまな楽しみを見つけに行ってきました。

少々時間がたってしまいましたが…ブログでも紹介します。

 

まずはこちら、最上川舟下り。

 

20191121_1.jpg

 

この春デビューした「千両役者」ならぬ「船頭役者」

山科亨さんにお話を伺ってきました。

船頭と役者、2つのステージで活躍されています。

 

20191121_02.jpg

 

若いころは最上峡にあまり関心が無かったと話す山科さん。

けれども帰省の旅に最上峡の写真を撮ったり、

東京でも川の近くばかりを選んで生活したりと、

川と自分とのつながりを感じることが多くあったそうです。

 

今後の目標の1つは船の操縦を担う「船長」になること。

いざというとき船を守れるようになりたいと熱く語っていました。

 

そしてもう1つ!「もしかめ選手権」

けん玉の球を大皿中皿交互に乗せる基本の技ですが、

これが思いのほか難しい…

仕事の合間に練習を重ねましたが、3回がやっと。

ところが!本番終了後エンディングにむけ練習を続けたところ

なんと11回も続いたんです!

 

20191121_03.jpg

 

しかし、カメラの前ではうまくいかず

局に帰ってみんなに自慢してもだれも信じてくれません…。

現場に同行してくださった大沢アナウンサーですら、

見ていなかったようで信じてくれません…。

悲しい…。

集まってくださった皆さんは、

 

さすが毎日けん玉に触れているだけあって安定感がすごい!

休憩中も黙々と技の練習をしていました。

年齢も性別も問わずみんなで楽しめる「けん玉」。

まずは「もしかめ」から始めてみてはいかがですか?

 



やままる  

畠山彩子 | 投稿時間:12:31