日本の有機農業 パイオニアに聞く

 

山形では稲刈りシーズンのまっただ中ですね。

おいしい新米の季節が待ち遠しい…!

 

さて、全国的な有機農業の先駆者が高畠町にいらっしゃることを

皆さんご存知ですか?

 

2019100401.png

 

星寛治さん、84歳です。

 

農業のかたわら、執筆活動にも力を入れてきた星さん。

このたび、“次世代への遺書” ともおっしゃる自伝を出版されたということで

 

そこに込めた思いを取材し、放送でお伝えしました。

 

2019100402.png

 

「自然に寄り添った農業をしたい」という信念を貫き

多くの苦労をされて有機農業を高畠町に根づかせ、

全国にも広めてきました。

 

2019100403.png

 

ちなみに、星さんにお話を伺ったこの田んぼ。

 

2019100404.png

 

星さんが1番最初に有機農業に取り組んだ田んぼだそうです。

今回出版された「自分史」の表紙にもなっています。

 

2019100405.png

 

有機農業を通して自然と本気で向き合ってきた星さんのことばは力強く、心を揺さぶられました。

そして、ただ単に農業のことだけではなく

人としての生き方や地球の未来についても思いをはせていらっしゃり、驚きました。

 

2019100406.png

 

北欧では今、若い世代が「地球温暖化に歯止めを」と

声を上げています。
皆さんは、これからの地球・自然環境について何を考えますか?

 

2019100407_ogp.png

 

星さん、有機農業をきっかけに、

大切なことを問題提起してくださり本当にありがとうございました!

 



やままる  

野口葵衣 | 投稿時間:17:42