2018年11月30日

2018年11月30日 (金)シリーズ ヒトラーの残像


排外的な主張を唱え、国民をあおるポピュリズムが、世界各国で台頭しています。
およそ90年前のドイツでも、扇動政治の嵐が吹き荒れていました。
現代によみがえるヒトラーの残像―――新旧の作品を織り交ぜたシリーズです。

3(月)~4(火)は、再放送のリクエストが多く寄せられている
「ダス・ライヒ ~ヒトラー“死の部隊”~」の前後編。
ナチスの誇る精鋭部隊が、虐殺者集団と化している転落の軌跡です。

5(水)は、「ヒトラー・クロニクル」。
欧米各国のTV局で先行放送したところ、“当時の空気感を体感できた”“草の根のアーカイブ映像が新感覚”と反響を呼んでいる連作からの1本です。

6(木)は、
ナチスが秘密裏に行った民族浄化計画の“落とし子”たちの物語。
“ヒトラーの亡霊”が戦後へと続いていきます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)