2017年12月

2017年12月25日 (月)ドキュランドへようこそ!「みんなのための資本論」


BS世界のドキュメンタリーで放送し、視聴者の皆様から好評を得た番組をEテレで放送します。

1/4(木)は、日本でも大ブームとなったピケティ「21世紀の資本」に先駆けて、アメリカの経済学者が格差拡大に警鐘を鳴らした作品。
労働長官もつとめたロバート・ライシュによる白熱教室が、いまの経済システムの矛盾を鋭く突きます。

Eテレ・1/4(木)夜10時~
「ドキュランドへ ようこそ!」を、ぜひご覧下さい!

詳細はこちらをご覧ください ↓

http://www4.nhk.or.jp/P4471/

 

 

 

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:03 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(2)

2017年12月22日 (金)元日は 人気作品を13本一挙再放送!


元旦の午前0時(大晦日深夜)から11時50分まで、
これまで放送した中で人気の高かった13作品を一挙再放送します。


●1日(大晦日深夜)午前0時~5時50分
「サージェント・ペパー ~ビートルズの音楽革命~」
「豪華客船ルシタニア沈没の真実」     
「息子が語る“母ダイアナ”」     
「ユーラ ごみ捨て場の少女」     
「 チェルノブイリ“鋼鉄シェルター・プロジェクト”のすべて」
「100歳から始まる人生」     
「ニューヨーク“駅食”革命」

●1日午前6時~11時50分
「喜劇王対決 チャップリンVSキートン」
「ナチスのファースト・レディー」
「鷲とライオン ヒトラーVSチャーチル」(前編)
「鷲とライオン ヒトラーVSチャーチル」(後編)
「アフター・ヒトラー(前)」
「アフター・ヒトラー(後)」

2018年もBS世界のドキュメンタリーをお楽しみください!

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:55 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月22日 (金)受賞作アンコール


番組でご紹介した作品の数々が、
今年も世界各国のコンクールで栄冠に輝きました。
うち4つの作品をまとめて再放送します。

26(火)は「難民村の郵便配達夫」。
4月の初回放送時に
「ドキュメンタリーには台本があるのか?
下手な芝居より饒舌で、最後の主人公の決心が胸に響いた」
との反響が寄せられました。
黒海沿岸の国々で共催するブルガス国際映画祭で最優秀賞に。

27(水)は、
あのサンダンス映画祭のドキュメンタリー・コンペ部門で
審査員大賞に選ばれた「アレッポ 最後の男」。
内戦の最前線で戦う男たちに密着した映像は圧巻です。

28(木)は、
“死の海”と呼ばれるほど難民の溺死が相次ぐ地中海から。
救助船の24時間に密着し、モンテカルロ・テレビ祭の赤十字賞に輝きました。

29(金)は、
権威ある国際エミー賞を受賞した「サウジアラビアUNCOVERED」。
報道規制が厳しい王国で、どうやってこんなシーンを撮っていったのか・・・
世界の制作者も驚きをもって見つめた作品です。

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:54 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月22日 (金)「世界の大都市 魅惑の屋上ライフ」一挙再放送!


世界中から観光客が集まる有名都市の、
知られざる“屋上ライフ”を伝える異色の紀行番組を一挙再放送いたします。

23日(土)午前5時~
舞台はパリ。
歴史的な美しい街並みの上で育つ「美味しいもの」など、粋なパリジャンの暮らしを紹介します。

23日(土)午前6時~
ガウディの奇抜な建物が並ぶバルセロナの屋上迷宮を旅します。

23日(土)午前7時~
近代都市の象徴であるニューヨークの摩天楼の上にある意外なものとは・・・。
あなたの知らないニューヨークです。

24日(日)午前6時~
タンゴやグラフィティなど自由なパフォーマンスの楽園、ブエノスアイレスの魅力をたっぷり紹介します。

24日(日)午前7時~
東京の屋上に息づく伝統文化の素晴らしさを堪能します。

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月15日 (金)シリーズ ぬくもりの赤い糸


寒い年の瀬に、ほっと心が温まる物語・・・
家族や友達、大切な人に会いたくなる4つの作品をお届けします。

19(火)は、
大空港の到着ゲートにカメラをすえて、
別離の後の再会の瞬間を見守るドキュメンタリー。
大勢の人々が行き交う旅と人生の交差点で、愛情と絆が交錯します。

20(水)は、
自宅アパートが、シリア内戦の前線地帯となった
アレッポの一家の物語。
年少の妹が迫撃砲の音を聞き分け、
遊びのなかにも戦闘状況が投影されている切ない日常から、
4人の姉・兄らと新天地へ向かう旅路が始まります。

21(木)は、民族音楽の演奏が圧巻。
タジキスタンで「国の宝」と言われていた“パパ”が
絶大な権力で仕切る一家の、赤い糸で結ばれた
愛憎あふれる家族関係を描きます。

22(金)は、
ジャマイカのボブスレーチームを題材にした映画
「クール・ランニング」を思い起こさせる実話です。
スウェーデンで“厄介者”扱いされていた
ソマリア難民が主人公となる、夢物語のような挑戦とは?

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:02 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2017年12月09日 (土)世界のドキュメンタリー選


その死後70年以上たってなお、その名が人々の口に上り、
その思想が現代社会に波紋を投げかけ続けるナチス・ドイツの指導者
アドフル・ヒトラーにまつわる4作品を、再放送でまとめます。

12(火)は、
その著書「わが闘争」の再出版をめぐる騒動をドイツから。

13(水)は、
数々の暗殺計画を生き延びた強運ぶりに、
フランスの制作陣が再現ドラマで肉迫。

14(木)は、ベルリンの地下壕で
自殺に追い込まれるまでの過程を目撃した人々の、生々しい証言録。

15(金)は、ご存知ノルマンディー上陸作戦を、
新たな映像技術で徹底的に見せます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月01日 (金)シリーズ カラーでよみがえるアメリカ


見て知っているつもりだったアメリカ、
そして、20世紀の超大国の歩みが、
あなたの目の前で鮮やかに展開ーーー

アメリカの首都ワシントンにある
スミソニアン博物館の系列テレビ局が仕掛けた大プロジェクトを、
5日間にわたってお伝えします。

第一次大戦後に始まった自動車の大量生産・・・
女性の社会進出や、ジャズ音楽の誕生・・・
大恐慌、そして真珠湾攻撃と第二次世界大戦・・・
ベビーブームとプレスリー、ロックンロール・・・
人種差別との闘い、そして宇宙への夢・・・

1920年代から1960年代まで、
莫大な記録フィルムを選りすぐって10年ごとにまとめ、
アメリカの国家像と市民の暮らしを
走馬灯のように描き出していきます。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(3)

2017年12月01日 (金)2(土)24時Eテレ「チャップリンvsキートン」


BS世界のドキュメンタリーで放送し、
視聴者の皆様から好評を得た番組をEテレで放送します。


2(土)24時【3(日)午前0時】~は、
「喜劇王対決 チャップリンvsキートン」を再放送。
時代を築いたライバルたちの生き様を見つめます。

今も人々に愛される喜劇王チャップリンとキートン。
鋭い人間観察で笑いのみならず観客の涙も誘ったチャップリン、
そして“無表情”で疾走し続け、過激なアクションをこなしたキートン。
映画界がサイレントからトーキーへと移り変わる激変期を経て、
キートンは急速に忘れられ、チャップリンも『モダンタイムス』をきっかけに
マッカーシズムの標的になります。
対照的な喜劇の王様の生涯を追いながら、
映画の都ハリウッドや20世紀のアメリカ社会の変遷も描きます。

12/2(土)24時~【3(日)午前0時~】Eテレ
ドキュランドへ ようこそ!
「喜劇王対決 チャップリンvsキートン」を、ぜひご覧下さい!

詳細はこちらをご覧ください ↓
http://www4.nhk.or.jp/P4471/2/

投稿者:かめこ | 投稿時間:10:32 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)