2017年10月

2017年10月27日 (金)シリーズ テレビ界の新しい風


行き詰まり感もただようテレビ番組の
新たな可能性を探りたいと、思い切った演出や、
斬新な手法を試みる作品をラインアップ!

31(火)はイスラエルから。
テロ事件の陰で、無実の人が集団になぶり殺しにされていた真実を、
監視カメラ映像と、目撃者の証言を積み重ねる手法で
浮かび上がらせた作品。通称“クロサワ方式”、必見です。

11/1(水)は、
1980年代の“第一次抵抗運動”さなかのパレスチナが舞台。
クレイアニメや再現ドラマ、
マンガを駆使する新様式の歴史ドキュメント。
暮らしの自立のために18頭の乳牛を手に入れた町の人々が、
イスラエル当局と喜劇さながらの攻防を続けます。

2(木)は、
冬のフィンランドの街に、文字通り裸一貫で飛び出した
ディレクターによる自分探しの自撮り番組。
1日1個だけ自分の持ち物を倉庫から回収するという1年間の実験。
幸せとは何か?・・・劇場公開で話題を呼んだ作品のテレビ版です。

3(金)は、
イギリスの15歳の少年が「表現の自由とは?なぜ大事なのか?」
と素朴な疑問を抱いて始めたロードムービー。
各国で権力と戦う人々を巻き込む5年間の撮影中、
世界中で次々と、表現の自由が脅かされる状況が広がっていきました。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2017年10月25日 (水)サージェント・ペパー ~ビートルズの音楽革命~ 11/3(金・祝)よる9時 BS1で放送!


「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の
幻想的で風変わりなサウンド、型破りの構成が
どうやってうまれたか、知っていますか?
「ペニー・レイン」で使われた楽器の秘密については?

「シーズ・リービング・ホーム」に導入された“旋法”や、
「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の収録で試みられた“サンプリング”・・・
ビートルズは1966年、アビーロードのスタジオに籠って、
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
の制作に打ち込みました。

このアルバムは“音楽史に残る名盤ベスト1”とも呼ばれ、
50年後のいま聴いても、新鮮な発見に満ち溢れています。
番組は、版権を持つアップル社が前面協力して、BBCが制作。
音楽評論でも名高い作曲家のハワード・グッドールが案内役として、
ピアノなどの楽器を駆使しながら
ビートルズのマル秘テクニックを徹底解剖します。
ファンはもちろん、“音楽は素人”という方々も
「なるほど、ガッテン、お見事!」と拍手喝采して楽しめるドキュメンタリー、
お見逃しなく。

11/3(金)よる9時から BS1 にて放送

http://www4.nhk.or.jp/P4656/

投稿者:icy18 | 投稿時間:11:26 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(2)

2017年10月20日 (金)シリーズ 男子の本懐


困難や逆境にめげず、
信念を抱いて男らしい生き様を追求する人々の素顔に密着した
3つの新作をお届けします。

24(火)は、
ロシアの服役囚による「赤いカリーナ・音楽コンテスト」。
罪を悔い、人生のリセットを自作の歌やギター演奏にこめる男たち。
塀の外から支援に訪れる女性音楽家の指導を受け、
圧巻のステージへとつなげます。

25(水)は、エチオピアの僻地で、
村人の治療にあたるスウェーデン医師の物語。
満足な医療器具がない土地で、見たこともない症状が続々・・・
まるで“ブラックジャック”のような施術から、
医療の原点が見えてきます。

26(木)は、
野生のヒョウの保護活動に苦戦する
南アフリカの青年が主人公。
密猟の陰に、ズールー族の新興宗教があおる
“毛皮信仰”があることを突き止めた彼は、
“フェイクファー大国”の中国へ飛びます。
その秘策とは? 計画は成功するのでしょうか?
 
27(金)は、去年8月に放送した作品の再放送です。
フィリピンの青年漁師が、
1本のテグスで巨大魚を追う伝統漁法の腕を磨きながら、
大海原に乗り出します。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2017年10月13日 (金)第16回もう一度見たい!世界のドキュメンタリー


視聴者の方々に投票を募り、
最も得票が多かった4つの作品をアンコール再放送。
SNSで話題になった作品が多く揃いました。

17(火)は、アンケートで第1位。
ダウン症の息子を持つ女優のサリーが、
出生前診断や中絶が広がるイギリス社会に体当たり取材。
明るく前向きな実体験をもとに、
“多様性が否定される社会”に警鐘を鳴らします。

18(水)は、
人気シリーズ「ライバル対決!」から第2位にランクイン。
発明王エジソンVS天才テスラ。
交流か直流か…電気の覇権をかけたスリリングな攻防です。

19(木)は、思わず笑えるコマーシャルが満載。
共産主義の大国で花開いた、夢あふれる広告の仕掛け人の物語。
実在しない商品も宣伝し、ソビエト連邦の国民を魅了した例も。

20(金)は、第4位。
海を漂うプラスチック廃棄物のほとんどが、
どこかに消え失せてしまう、という謎に迫ります。
海底深くに蓄積される小さな粒がもたらす環境への危機とは!?

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2017年10月06日 (金)シリーズ "もしも"の近未来


近い将来、SFのような世界が現実になるかもしれません。
先端技術や、知られざる仮想未来の研究についてご紹介します。

10(火)は、
科学の各分野の一線で活躍する専門家が、
宇宙人が地球にやって来たときの対応について真剣に議論します。
シミュレーション型ドキュメンタリーで描く、
知的生命体への対応策とは?

11(水)は、
チップを身体の中に埋めこんだり、
新型の義手や義足をつけて、特殊な能力を手に入れた
実在の人々の物語。
人間とサイボーグの境目はどこなのか考えます。

12(木)は、進歩を続ける生殖医療がテーマ。
“理想の赤ちゃん”を、親の好みで作り出すことができる時代・・・
倫理と技術のバランスを考えます。

13(金)は、
犯罪捜査に劇的な変化をもたらしてきたDNA鑑定について。
世界各国の捜査現場での実績や最新状況を検証。
個人の遺伝子情報のビックデータ化のリスクや盲点にも目を向けます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2017年10月05日 (木)「息子が語る"母ダイアナ"」 9(月)朝 総合 で放送!


 

8月に放送し、皆さまからご好評をいただいた
「息子が語る“母ダイアナ”」を、
9(月)あさ8:15~ 総合テレビで放送します!

番組では、
ウィリアム王子とヘンリー王子のインタビューを紹介。
彼らが見つめる先にあるのは、母が愛した写真の数々。
息子たちにとってダイアナはどんな母親だったのか。
そして、母の死はその後の王子たちの人生に
どのように影響を及ぼしたのか語ります。

またダイアナの実弟スペンサー伯爵、
幼馴染の親友や側近など“ごく近い人”しか知らない、
“素顔のプリンセス”を物語るエピソードの数々を紹介します。


「息子が語る“母ダイアナ”」
10/9(月)あさ8時15分[総合]↓

http://www4.nhk.or.jp/P4634/

投稿者:かめこ | 投稿時間:10:23 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)