2016年7月

2016年07月29日 (金)発掘アジアドキュメンタリー


NHKとの国際共同制作で、
アジアの若手ドキュメンタリストたちが制作した番組を放送します。

2日(火)は、
結納金と引き換えに、望まない相手との結婚を強いられる
アフガニスタンの少女が、ラップ音楽で自分の感情を表現し、
夢を求める姿を追います。

3日(水)は、
フィリピン南部でマグロやカジキを
テグス1本で釣り上げる漁師たちに密着した作品。

4日(木)は、
自由な恋愛結婚がタブーとされるインドで、
愛する人と結ばれることを望むカップルを支援する
NGOの活動を見つめます。

5日(金)は、
インドの女性たちをナプキン製造を通して
支援しようと活動する、ある男性の驚きの物語を再放送します。

投稿者:マンタ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2016年07月29日 (金)アメリカ人がみた高校野球


8月7日から始まる夏の甲子園(第98回全国高校野球選手権大会)
を前に、甲子園を目指す日本の高校球児たちを
海外のドキュメンタリー制作者が描いた番組を再放送します。

「KOKOYAKYU ~アメリカ人が見つめた“甲子園への道”~」
BS1 8月3日(水)午後5時~

甲子園を目指す日本の高校球児と
彼らを支える人たちの姿を、
アメリカ人の目を通して描いたドキュメンタリーです。

「高校野球はあくまでも教育の一環」
とする大阪府立天王寺高校と
「甲子園で優勝」を目標に掲げる全国屈指の強豪、
智弁和歌山高校。

個性のまったく異なる2チームが、
2004年夏の甲子園出場をかけて
地方大会で戦う様子に密着します。

海外の制作者ならではの新鮮な目線で、
球児たちのひたむきに野球に青春を賭ける姿、
監督の熱い指導、応援する友人と家族ら、
それぞれを丁寧に描いた、爽やかな感動作です。

どうぞお楽しみに!

★「KOKOYAKYU ~アメリカ人が見つめた“甲子園への道”~」
詳細はこちら

 

 

投稿者:マンタ | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2016年07月22日 (金)世界のドキュメンタリー選


26日(火)は
6月にこの世を去った不世出のボクサー、
モハメド・アリの生涯を描いた作品。

27日(水)は
ウガンダの少年たちが野球でリトル・リーグの
世界大会に出場するまでの3年をみつめた感動作。

28日(木)は
世界記憶力選手権で低迷していた
スウェーデン代表の若者たちが上位入賞に挑む作品。

29日(金)は
中国内陸部に住む青年が、貧しい境遇から抜け出すために
航海士を目指す姿を追ったドキュメンタリーです。

*28日、29日はATPテニス放送のため、休止となりました。ご了承ください。

 

投稿者:マンタ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2016年07月15日 (金)シリーズ まもなくリオ五輪 スポーツ・ドキュメンタリー特集


8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックを前に、
五輪やスポーツの記録に関するドキュメンタリーを放送します。

19日(火)は、
組織的なドーピングでリオ五輪への出場を認められなくなった
ロシア陸上代表について、その問題を最初に告発した
ドイツ制作のドキュメンタリー。

20日(水)は、
1936年・ナチス政権下で開かれたベルリン五輪で、
人種差別と闘いながら代表を勝ち取り、
活躍したアメリカの黒人選手たちについての作品です。

21日(木)は、
現代のトップ・アスリートの、装備や環境の条件を
過去の金メダリストと同じにして対決したらどうなるか?
というユニークな実験に挑戦した作品。

22日(金)は、
肉体を極めたアスリートたちとっての最後のフロンティア・
脳とパフォーマンスの関係についての
最新の研究成果を紹介するドキュメンタリーをお送りします。

投稿者:マンタ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2016年07月08日 (金)ヒロシマ ドキュメンタリー選


広島への原爆投下について、
NHKが海外の制作者と国際共同制作したドキュメンタリーを放送します。

12日(火)・13日(水)は、
原爆被害の惨状を初めて世界に伝えたアメリカ人記者
ジョン・ハーシーの孫が広島を旅し、祖父の足跡をたどる姿を追った作品。

14日(木)・15日(金)は、
「広島の原爆投下は本当に戦争終結のために必要だったのか?」
と疑問を感じたイギリス人ディレクターが、
日米のさまざまな関係者にインタビュー。
原爆投下直後の混乱や原爆使用を正当化する議論、
更に実験データの収集とも見える米軍による大規模な被ばく調査など、
“ヒロシマ”を多角的に描きます。

投稿者:マンタ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2016年07月03日 (日)ギャレス・マローンの職場で歌おう! 第5回~最終回


イギリスのカリスマ合唱指導者、
ギャレス・マローンの人気シリーズ“職場で歌おう!”。

前週から続くラインナップは、
グローバル経済の象徴ともいえる
投資銀行・シティの合唱団結成に続き、
クラシックの曲で競う準々決勝、
魂のゴスペルに挑戦する準決勝を経て、
いよいよ優勝チームが決まります。

職場合唱団のスタートから半年。
数々の涙と感動の舞台を経験し、
最後の栄冠を手にするのは?

投稿者:ラティーノ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(4)