2016年2月

2016年02月29日 (月)「もう一度見たい!」投票は締め切りました


「第13回 もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」
には、たくさんの投票をいただき、ありがとうございました。
投票の受け付けは、締め切らせていただきました。

投票結果をふまえたラインナップを、4月に放送いたします。
後日、ホームページにて、ラインナップの発表をさせていただきます。

どうぞお楽しみに!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:00:01 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2016年02月26日 (金)投票締切間近!「もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」


いよいよ、28(日)深夜24時【29 (月)午前0時】をもちまして、
「第13回 もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」の
投票受け付けを、締め切らせていただきます。

投票いただいたみなさま、ありがとうございました。
まだ募集はしておりますので、
投票されていない方も、どうぞご参加くださいませ。


ご投票、お待ちしております。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:23:50 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2016年02月26日 (金)「すべてのホームレスに家を」ほか


29日(月)は
全米各地のホームレスを取材、
動画投稿サイトにアップする男の活動を通して、
アメリカの深刻な格差問題を映し出す作品です。

3月1日(火)は
FIFAによる汚職の実態を、15年にわたり追いかけてきた
英ジャーナリストによる調査報道。

2日(水)は
女性飛行士によるアフリカ縦断の冒険に密着します。

3日(木)は、
グルメな英国人おやじの2人が韓国激辛レシピに挑戦します。

投稿者:マンタ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2016年02月21日 (日)シリーズ アジアの今を見つめる


アジアの気鋭の制作者とNHKとの
国際共同制作の作品をシリーズで放送します。

22日(月)は、
急激な都市再開発が進む中国で、
住居の立ち退きを迫られた住民たちが
法律を武器に市当局と闘う姿に密着した作品。

23日(火)は、
中国ではまだ珍しい有機農業に取り組む農家と
それを支える人たちを描きます。

24日(水)は、
ある台湾女性が、同性愛者として奔放に生きてきた母と
向き合う私的ドキュメンタリー。

そして25日(木)は、
世界最大のルビー産地・ミャンマーの、
外国人の立ち入りが制限されてきた地域にミャンマー人監督が入り、
知られざるルビー採鉱の現場を取材した作品です。
変わりゆくミャンマーのいまを描きます。

投稿者:マンタ | 投稿時間:00:59 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2016年02月21日 (日)「もう一度見たい!」投票受付は 28(日)24時までです


いつも番組をご覧いただきまして、ありがとうございます。

「もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」は
いよいよ、2/28(日)24時 <29(月)午前0時> に
投票を締め切らせていただきます。

もう一度見たい番組や、
見逃した番組は、ありませんか?

まだ投票がお済みでない方は、
どうぞご参加ください!

番組スタッフ一同、お待ちしております。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2016年02月19日 (金)FIFA汚職の全貌に迫る ~ブラッターと私の15年戦争~


長年に渡りFIFAの汚職疑惑を追い続け、
去年5月のFIFA幹部の一斉逮捕のきっかけを作ったといわれる
イギリスの敏腕ジャーナリスト、アンドリュー・ジェニングズ。
彼の15年間に及ぶ取材の集大成をまとめた
BBC制作のドキュメンタリーを放送します。

綿密な調査と果敢な突撃取材によって、
ブラッター会長を頂点とする巨大組織で横行してきた
汚職の実態を暴きます。

投稿者:マンタ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2016年02月12日 (金)シリーズ 大統領選が本格始動!アメリカ社会はいま


今月初め、アイオワ州からスタートした
アメリカ大統領選挙の候補者選び。
この時期に合わせ、
アメリカ社会が抱える問題を扱ったシリーズをお送りします。

15日(月)は、
格差問題について経済学者のロバート・ライシュ教授が
わかりやすく解説し、問題提起する作品。

16日(火)は、
銃社会に疑問を投げかけ活動する
保守派牧師の挑戦を追ったドキュメンタリー。

17日(水)は、
ある男性のユニークなホームレス支援と
その人生をみつめます。

18日(木)は、
30年後には1億人に迫り、
大統領選の命運も握るといわれる中南米系の人々
“ラティーノ”についての最新リポートです。

 

*17(水)午後11時~
「すべてのホームレスに家を」は
フットサル中継のため、休止となります。
番組を楽しみにしていた皆さまには、申し訳ございません。
この番組は、25(木)午後5時から放送いたします。

投稿者:マンタ | 投稿時間:16:59 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2016年02月05日 (金)BS世界のドキュメンタリー選


10日(水)・11日(木)は、

人間が魚を捕獲するために発明した漁法や
魚にまつわる世界各国の食文化など、
10万年に及ぶ人と魚の歴史を紐解く2回シリーズ。
「すばらしきサカナたち ~人と魚類の10万年~」

12日(金)は
「ひげ面ライダー 食のアジアを行く!」
イギリスでおなじみのおやじライダー2人が
至福の味を求めてアジアを疾走!
現地の人と交流しながらとびきりのレシピを紹介する、
「香港編」を放送します。

*放送予定でした「韓国編」は、休止いたします。ご了承ください。

投稿者:マンタ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2016年02月03日 (水)BS1スペシャル 海底からの警告


「戦争の世紀」と呼ばれた20世紀に、
主要国は多くの化学兵器を製造した。
第二次世界大戦後、連合国側は、日本やドイツなど
敗戦国にあった化学兵器は海洋投棄することで合意。
アメリカなど他国のものも合わせると海底や湖に眠る化学兵器は
100万トン以上と見られている。

海底の化学弾を発見し、引き揚げ、処理する必要性が叫ばれるが、
注目されるのが実用化に成功した日本の技術だ。
調査、探査、処理作業の最前線に密着した。

■2/4(木) 夜11時~ 

BS1スペシャル 「海底からの警告 ~化学兵器 大量投棄の実態~」(再)

 詳細はこちら

 

投稿者:ラティーノ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2016年02月01日 (月)キャノン・ハーシー "ヒロシマ"への旅  ~なぜ祖父は語らなかったのか~


アメリカで初めて原爆被害の惨状を伝えた書として知られる、
ジョン・ハーシー記者の『ヒロシマ』。
ピュリツァー賞受賞記者でもあるジョン・ハーシーはしかし、その後、
『ヒロシマ』について沈黙してしまう。

その孫・キャノンは、祖父がどのような思いで本を執筆し、
なぜ沈黙したのかを知るため調査を開始し、
これまで知られていなかった発表当時の状況が次々と明らかに。
そしてキャノンは祖父の足跡をたどるために広島・長崎に赴き、
多くの人との出会いを通して、今の“ヒロシマ”を見つめる。

 

投稿者:ラティーノ | 投稿時間:23:59 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)