2014年11月

2014年11月29日 (土)心に残るヒューマンドキュメンタリーを再放送します


世界で制作されたヒューマンなドキュメンタリー、
4つの番組を再びお届けします。

インドのエイズ孤児のための施設に一時滞在し、
一度はアメリカに戻ったものの、
彼らの笑顔が忘れられず、インド定住を決意した人。

心の病を持ちつつ生きる人々に、
彼らにフィットしたピアノ曲は何かを考え、
演奏する鬼才のピアニスト。
1対1の会話の中に、
現代社会で生きることの葛藤が凝縮されています。

いつもとは、一味違った世界のドキュメンタリーをご覧ください。

 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月27日 (木)これを見れば、エボラがわかる


「潜伏期間21日」「致死率、最大90%」
危険性が際立つ表現で語られる事の多い「エボラ出血熱」。
西アフリカを中心に流行中だが、
今や世界のどこの国も無関係ではいられない。

しかし、私達は この感染症について、どこまで理解しているのだろうか?
何故、そんなに致死率が高いのか?何故、治療法の開発が進まないのか?
そもそも、どこでどうやって感染するのか…素朴な疑問が尽きない。

この番組は英国のBBCが過去の流行も含め、
丹念な取材を積み重ねて構成したルポルタージュ。
発症や感染拡大のメカニズム、治療法や新薬開発の現状などについて、
わかりやすく まとめられています。
エボラ出血熱について、理解を深める一助となればと思います。

〇放送日:2014年11月28日(金)20:00~

*再放送:2014年12月7日(日)9:00~

 

投稿者:もーりー | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月25日 (火)「もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」投票受付開始しました


いつもBS世界のドキュメンタリーをご覧いただきまして、
ありがとうございます。

番組では、恒例の
「もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー(第11回)」の
投票受付を開始いたしました。
リクエストの多い番組は、2015年3月に放送します。

各ページの上部「投票受付中」のバナーをクリックしていただくと、
投票ページに移動します。
さらに番組名をクリックすると、詳しい内容がわかります。


もう一度見たい!という番組は、ありませんか?、
また、見逃してしまった番組など、ありましたら、
ぜひ投票をお願いいたします。(おひとり、5番組まで投票できます)

みなさまの一票で、放送番組が決まります!
番組スタッフ一同、
投票を心よりお待ちしております。


*投票の締め切りは、'15年2月下旬の予定です。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:16:55 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月22日 (土)止まらない環境異変。私たちに何ができるのか。


猛暑や暴風雨などの異常気象が頻発し、
地球環境の異変は年々実感されるようになってきています。
我々はもう後戻りできないのか。
地球温暖化に対する有効な手立てはないのか。

国連の会議COP20が南米ペルーで12月に開催されるのに先立ち、
環境問題の現状を見つめ、対策を模索するドキュメンタリーを放送します。


 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月15日 (土)スペースシップアースの未来


エネルギー問題や地球温暖化など今、人類が直面する課題について考える
国際共同制作「スペースシップアースの未来」を、
11月17日月曜深夜24時から4夜連続で放送します。

番組の案内役は女優のウィノナ・ライダー。
地球を宇宙船にたとえ、
3つの部屋に分けて検証していきます。

第1回は人間が暮らす「客室」について。
そのとどまることを知らない膨張を描きます。
第2回は「燃料タンク」。
枯渇に向かうと言われる化石燃料の問題に迫ります。
第3回は水、大気、生物など
「客室維持装置」に起きている異変を取り上げます。
最終回は世界の識者とともに、人類存続のために何ができるのか、
「新たな海図」を探ります。


 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月08日 (土)ヨーロッパ統合の夢と現実


ベルリンの壁が崩壊した時、世界の多くの人々は熱狂した。
きっと、明るいヨーロッパや世界の未来があると信じて。
それはもちろん、概ね実現したように思うし、
ヨーロッパ統合に夢をかけた人々の選択は、歴史的にも間違っていなかったと思う。

しかし、問題がない訳ではない。
今世界では、かつてのような“地球市民”的な考え方は衰退し、
分裂の様相を呈している。

だからこそ、ヨーロッパの今を見つめる。
二度の世界大戦を経たヨーロッパが、どこに向かうのか…。

 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月06日 (木)香港 学生かく闘えり


市民がより民主的な選挙を求めて立ち上がった香港。
抗議を率いる学生リーダーの一人、
17歳の黄之鋒についてのドキュメンタリーです。

黄は、2年前、香港政府が中国への愛国教育を義務化しようとしたのに対し、
中国共産党による単一の価値観の押しつけだとして反対し、
大規模な抗議集会を組織して義務化を撤回させた実績を持つ若きリーダーです。

この2年前の闘いの一部始終をイギリス人のディレクターが記録していました。
このドキュメンタリーから、2年前の学生たちの活動が
今日の抗議運動にどうつながったのかを読み解いていきます。

*8日土曜日、午後9時から放送します。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:00:50 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2014年11月01日 (土)芸術の秋ですので...


「モナリザ」には、もう一枚、同種のものがあり、
ダ・ビンチ作なのか否か、いまだに議論が続いています。

また、難聴と闘いながら「歓喜の歌」を作曲したベートーベン。
生涯送らなかった“ラブ・レター”がありました。
一体、誰に向けられたものだったのか…。

知られざるエピソード、
謎をひも解きながら芸術の世界を描いていく番組をご紹介します。

 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:01 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)