2014年7月27日

2014年07月27日 (日)オリバー・ストーン 2013年来日の記録


世界ドキュでは、去年、10本シリーズの
「オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史」を放送し、
皆さまから大きな反響をいただきました。

シリーズの制作を終えたストーン監督は、去年の夏に、
脚本を担当したピーター・カズニック氏(アメリカン大学歴史学科教授)
とともに広島、長崎、沖縄などを訪れました。
シリーズの核心は、広島、長崎への原爆投下に関して、
アメリカでの通説に大きな異議を唱えることにありました。
つまり、軍事的にも不必要であり、
道徳的にも全く許容できないのが原爆使用だったというものです。

その二人は、両都市と沖縄、
そして、基地問題に揺れる韓国・チェジュ島に足を運びました。
その記録、とりわけ、彼らの言葉をできるだけ多く入れて、
去年の来日を振り返ったのがこの番組です。ご覧ください。

BS1スペシャル
ドキュメント オリバー・ストーン 
~被爆地、そして沖縄で何を語ったか~

8月 3日(日) 24:00~ (4日・月曜 午前0時~)

 

↓BS1スペシャルのページもご参照ください

http://www.nhk.or.jp/bs/special/

 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)